赤城神社主婦失踪事件

神社で忽然と姿を消した主婦、神隠しとも言われる行方不明事件

1998年5月3日、家族7人で神社へツツジ見物に訪れたごく普通の主婦である志塚法子さん(当時48歳)が、突然姿を消し行方不明となりそのまま迷宮入りした未解決事件である。この事件は、家族が近くにいたにも関わらず証拠や目撃者が著しく少ないことから、家族内のトラブルに起因した事件ではないかという意見や神隠しとも言われ、実際にテレビ番組内で霊能者による透視などを行ったが真偽は不明である。

事件の経緯と詳細

法子さんは夫、娘、孫、伯父、義母の6人暮らしで、失踪の前日から夫と一緒に、夫の実家のある群馬県新田町に来ており、翌3日に義母や親類の夫婦ら7人で参拝とツツジを見るために乗用車と軽トラックの2台に分譲して赤城神社に向かった。

また、一行は神社に行く前に花屋に入っており、その花屋で義母が「神社に行こう」と発案したことがきっかけで神社に行くことになったという。午前11時半頃、車で赤城神社を訪れていたとされている。

事件が起きた1998年5月3日、千葉県白井市に住まう主婦、志塚法子さん(当時48歳)は夫・娘・孫・叔父・叔母・義母の家族7人で群馬県宮城村三夜沢へ、ツツジ見物に訪れていたようだ。当時は雨が降っており、足場が不安定で子供もいた為か、神社に参拝へ行く夫と叔父以外は車の中で待つことになった。

その日は、雨が降っていたことから夫と叔父のみ参拝に向かい、その他の家族は駐車場に停めた車の中で待つことになった。しかし、正午ころになって法子さんは、「せっかくだから賽銭をあげてくる」と家族に言って車を降り、1人で神社の境内への山道を登っていった。

その際に、財布から賽銭用に101円だけを財布から取り出し、財布を置いてお金だけを持ち、夫や伯父が通った道とは別の林の中を通って行ったのを家族は記憶している。

また、その時の法子さんの格好は赤い傘をさし、ピンクのシャツに黒のスカートという目につきやすい格好だったとされる。

その後、法子さんの娘が赤ちゃんをあやすために車から降りて、駐車場で抱き抱えている時に、法子さんが100mほど先の神社の奥の境内とは別の方向の林の中で佇む姿を目撃しており、拝殿とは全く違う方向でおかしいなとは思ったが、わずかの間、目を話した隙に法子さんの姿は見えなくなっていた。目を離した時間は数十秒程度だという。そしてこれが、家族が法子さんを目撃した最後の姿になってしまった。

さらに、法子さんが境内に向かったのであれば、どこかで必ず夫と叔父にすれ違うはずだが、法子さんとは合流していないことが判明した。

しばらくしても戻らない法子さんを心配した家族が周辺を探すも、法子さんは見つからなかったため、警察へ通報。消防団と警察によって、10日間延べ100人あまりで付近一帯を捜索するも、法子さんの発見には至らなかった。

法子さんが失踪した赤城神社の参道は山道ながらもよく整備されており、崖などの危険な場所や道に迷う箇所もないとされた。また、ゴールデンウィーク中で神社には沢山の人が訪れていたが、不審な人物や物音を聞いた人はいなかった。

この、娘が目撃した異様で不気味とも言える光景とその後の捜索で遺体を含む証拠が全く残っていないことから神隠しの噂が立つようになった。

先に参拝へ向かった夫と叔父が車に戻ってきたが、志塚法子さんだけは戻って来ず、家族が付近を捜しても見つからなかった。その後、家族は警察に通報し大規模な捜索が10日間に渡って行われたが100名ほどが投入されても志塚法子さんが見つかることはなかった。

捜査と捜索

志塚法子さんが失踪したとされる参道は山道であったが、非常に綺麗に舗装されており、山に迷い込むような場所ではなく、雨が降っていたが地面のぬかるみによって足を取られるような場所でもなかった。

さらに、失踪事件が起きた日はゴールデンウィーク中であったため参拝客が多く訪れており大変賑わっていたが、その中に不審者や不可解な事象などはなかったという。

また群馬県警には20件以上、失踪事件に関する情報が寄せられたが志塚法子さん発見に直接結びつくような情報はなかった。志塚法子さん失踪後に、大阪と米子から無言電話が複数回にわたって自宅へかかってくることがあったが人物特定には至らず、無言電話の意図も不明であった。

その後も、家族は必死に志塚法子さんの行方を追い見つけたい一心で、後述するテレビ番組にも出演し情報提供を呼び掛けたが、事件の秘密を握る人物が現れることはなかった。それでも家族はあきらめずにその後10年間も志塚法子さんの行方を追い続け、2008年に群馬県警は顔写真を含む詳細な情報を一般公開し、付近でビラを500枚配布し、周囲の住人に情報提供を呼び掛けたがこちらも発見には至ることはなく、同年6月に志塚法子さんの失踪宣言が出されることになった。

事件後、何度か無言電話がかかってきていたが、詳細は判明していない。

法子さんいついて

法子さんは、身長156cmの体重54kgでふっくらした体型だったとされる。失踪時の格好は、メガネを着用しており、赤い傘をさし、ピンクの長袖シャツに黒いスカート、ハイビスカスのついた青いサンダルという目立つ物だった。

また、右耳が悪かったらしく低気圧の時には気分が悪くなり、倒れたりすることもあったため、娘さんはそのことが心配になり、法子さんが車を出てから6分ほどしてから探しに出た。ちなみに法子さんは、自分が使用していた補聴器を残したまま失踪している。

娘が法子さんを探している時、帽子を目深にかぶった3人組とすれ違ったという情報もあるが、3人組の服装や年齢など詳細はわかっていない。

不可解な点

・目撃者がいない。
→事件当日はゴールデンウィーク中で神社には多くの観光客がいたが、警察の聞き込み調査によると、法子さんの姿・不審な人物・物音を聞いた人はいなかった。
失踪の翌日、赤城神社から北に約3kmのところにある山道で法子さんに似た人を見たという目撃情報があるが、真偽は不明のままとなっている。
その後、20件程寄せられた目撃情報も有力な物がなく、法子さんの発見には至っていない。

・賽銭の金額
→法子さんはバッグや財布を車の中に残し、財布から101円だけ取り出して神社に向かって行ったとされる。100円ではなく101円を取り出し、しかもその金額を家族が知っているのはどういった経緯からなのか。仮に、法子さんが家族に賽銭の金額を告げたとして、その理由は何なのか明らかになっていない。

・補聴器
→法子さんは耳を患っていたにも関わらず、何故車に補聴器を残して出て行ったのか。当日は雨だったこともあり、自発的な失踪なのであれば必ず持っていくという見方が強い。

・失踪宣告
→失踪から10年後の2008年に、群馬県警が法子さんの顔写真などを掲載したビラを500枚配布し情報提供を呼びかけている。しかし、同年6月に失踪宣言がなされており、何故このタイミングである必要があったのか疑問視されている。

テレビ番組『奇跡の扉 TVのチカラ』での霊能力捜査で見る犯人

志塚法子さん失踪事件から7か月後、事件当日志塚さん一家と同じ場所にいたという他の参拝客からテレビ番組『奇跡の扉 TVのチカラ』に家族を写した動画が送られてきた。

その動画には失踪当時の服装(ピンク色の服に黒色のスカートと赤い傘)の人物が2名写っており1人は生憎志塚法子さんではなかったが、もう一方の人物は髪の長さを含め酷似していることが家族の確認によって分かった。

しかし、その動画の他に有力な情報はなく証拠が不十分だったため新たな事実が判明することはなかった。その為、志塚さん一家はアメリカの霊能力者、ゲイル・セントジョーン氏に依頼をし、霊能力で志塚法子さんの行方を突き止めてもらうことにした。

科学的根拠を持ったうえでの捜索はもうし尽くした後だったからであろうか。

依頼されたゲイル・セントジョーン氏は透視によって、志塚法子さんは既に亡くなっていることを家族に告げた後、2人の若い男性によって連れ去られる様子が見えたという。志塚法子さんが失踪した当日、夫と叔父を追いかけた際に境内とは逆の方向で志塚法子さんが呆然と佇んでいるのを娘が目撃していたが、その時娘からは死角だった物陰にいた男に助けを求められていたという。

それに応えるために男性とともに山を下りたという。志塚法子さんはこの2人の男性に殺害された可能性が高いとゲイル・セントジョーン氏は言う。山を下りた後、2人の男性とともに車に向かい乗り込む前に頭を殴られて気絶したまま更に山の奥地で暴行を加えられ、そのまま山中で息絶えたと説明した。

番組内では事件の真相は霊能力によって暴かれたとされるが、霊能力は非科学的なものであり、学問的には真実だという確証がないため信じるか信じないかは自分次第であるといえる。本当の意味での真実は今現在も不明のままである。

様々な説

・自発的失踪説
→現場には遺留品もなく、悲鳴を聞いた人もいないため自ら失踪したのではないかという説がある。その説には新たな人生を始めるため、駆け落ちや宗教団体に身を寄せたというのや、自ら命を絶つためなど様々な考察がされている。

・事件説
→法子さんは48歳で若くはない年齢だったが、失踪した現場の周辺では過去に70代の女性が強姦されており、法子さんの場合も運悪く、その種の人間と遭遇したのではないかと推測された。その他にも、林の中で佇んでいた法子さんが何か見てはならないものを見てしまい、見られては困る何者かに連れ去られたのではないかと推測された。

・事故説
→法子さんが車に補聴器を置いて行っていることから、突発的な目眩を起こし山中に迷い込んだ可能性も指摘された。また、山の奥深くまで行かなければならない理由があったのではないかと推測され、その動機としてトイレに行きたくて迷い込んだという説もあった。

・神隠し説
→法子さんがと全容を消したことから、神隠しにあったのではないかという噂があった。実は赤城神社は昔から神隠しの都市伝説が残る神社として知られている。大正時代、嫁にいく直前にお参りにいった18歳の娘が消息を絶ったという記録がある。他にも、昭和19年、太平洋戦争にいった息子の無事を祈願しに訪れた老夫婦が、赤城神社で消息を絶ったという記録も残されている。このような歴史から、法子さんもそうなのではないかと考える人もいる。

・北の拉致説
→帽子を目深にかぶった人物が目撃されていることから、北の工作員によって連れ去られたのではないかと考えられた。実は、法子さんが韓国語を習っていたと見られるテープが残されており、失踪後にかかってきた無言電話の局番が大阪と米子だったことから、北による拉致を疑う声が上がっているが詳しい関連は判明していない。