青ゲットの殺人事件

「親戚のお婆さんが急病で倒れたので、すぐきて欲しい」大胆かつ巧妙、卑劣な手口の犯行の真実とは

福井県九頭竜川火口付近の三國町と新保村にて、巧妙な手口で一家のうち娘以外の3人が殺害された事件である。

事件の経緯と詳細

1906年2月12日の早朝5時頃、福井県九頭竜川火口付近の三國町と新保村との間に架かる新保橋を、大工の男が昨晩降り積もった新雪を踏みしめながら、仕事場へ急いでいた500mあまりある橋の中央付近に差し掛かった時、大工の目に異様な光景が飛び込んできた。

積もった雪が真っ赤に染まり、おびただしい量の血痕があたり一面に広がっており、付近の欄干の一部が斧で切り落とされたようになくなっていたのである。

大工は慌てて制札へ駆け込んで、新保橋の異常な事態を警察に知らせた。通報を受けた三國警察署は殺人事件と判断して、捜査員を派遣して捜査を開始し、捜査の結果、下記の事実が判明した。

2月11日の午後9時頃、吹雪が吹き荒ぶ中、三國町上西にある廻船問屋・橋本利助焦点に男が現れた。

その男は35歳くらいで、手拭いで顔を覆い隠し、さらにその上から青っぽい毛布(ゲット)をかぶるという異様な姿をしていた。

青ゲットの男

男は番頭の加賀村吉(当時30歳)に取り次ぎを願い出た。村吉が出てみると、男は「私は、新保村の加賀さんの親戚から使いとしてきたものですが、『親戚のお婆さんが急病で倒れたので、すぐきて欲しい』とのことなので、迎えにきました」と告げ、村吉を連れて行った。

午後11時頃、三國町玉井にある村吉の自宅にも、青ゲットを被った男が現れた。男は同じように『私は使いのものですが、新保村の親戚のおばあさんが思い病気にかかり、『是非とも三國のおっかさんに会いたい』と言っているため、『すぐ呼んで来て欲しい』と頼まれたので、迎えにきました』と言い、今度は村吉の母・キク(当時50歳)を外へ連れて行った。

2月12日午前0時頃、再び男が自宅に現れて、同じ方法で村吉の妻・ツオ(当時25歳)を連れ出した。

午前1時頃、自宅に再び男が現れて、村吉の次女(当時2歳)までを連れ出そうとした。しかし、その時に対応した、ツオに留守番と子守を頼まれて村吉の家に在宅していた隣家の女性が、男に不審を抱いて娘を渡すことを拒んだため、危うく難を逃れることができた。

村吉には長女もいたが、その日は子守として他の家に出向いていたので無事だったが、青ゲットの男に連れ出された母、夫、妻の3人は、その後いつまで経っても戻らず、行方不明になってしまった。

後に警察が調べると、新保村の親戚には誰も病人などなく、使いの者を頼んだ事実もないことがわかった。

遺体発見

三國警察署に置かれた捜査本部が九頭竜川一体の大掛かりな捜査を行っていると、村吉の家の裏手の竹田川に係留してあった小舟の船べりに血痕が付着しているのを発見した。

そして小舟から少し下流の川底から、妻・ツオの遺体が沈んでいるのが見つかった。

村吉の遺体が発見されなかった事から、村吉主犯説が捜査本部の中でも上がったが、新保橋の血痕が1人分にしては多すぎる事などから、やはり村吉も殺害されて遺棄されたという判断に至った。

状況や証言から捜査本部が見立てた事件の経過は、まず青ゲットの男は店から村吉を連れ出して、新保橋に差し掛かったところで殺害して川に落とす。次に自宅に訪れ母・キクを連れ出し、同じく新保橋で殺害して川に落とした。続いて妻・ツオを「船で対岸の新保村へ渡す」とでも言って船べりに誘い出し、殺害して川に捨てる。その後、娘も連れ出そうとしたが、隣家の女に拒まれて失敗した、というもの。

捜査本部は男が一家を次々の連れ出して残忍に殺害している事から、村吉に強い恨みを抱いたものが犯人の可能性があると推測したが、真面目で酒も飲まずよく働き、若くして番頭に取り立てられた村吉は評判が大変良く、恨んでいるものを見つけることができないまま、捜査は難航し、犯人が捕まることはなく、1921年に時効を迎えてしまった。

時効後に真犯人判明か

事件から20年過ぎた1926年12月12日、京都府警に窃盗の罪で逮捕された谷本仁三郎(当時49歳)が、本件の真犯人であると告白した。

20年ぶりの真犯人判明と報道されたが、窃盗の前科が多数ある窃盗犯の谷本が岡下にしては不自然な点が多い。

仮に窃盗目的だとして、本件のような手のかかる事をわざわざするだろうか。強盗するにしても普通におしいれば良く、複数回に分けて連れ出して殺害する意味がない。まして、店にいた村吉を連れ出す理由は、金品目的なら皆無だ。事実、犯人は金品を取ることができないまま終わっている。

また、逮捕された谷本が証言した他の事件においても「出鱈目を述べている節が多々ある」と警察が疑問を呈している事からも、谷本の証言は怪しく、真犯人とは考えにくい。

しかし、すでに時効を迎え捜査資料も散逸していた事から、真相は解明されないままに終わった。