AV女優・桃井望さん変死事件

民事裁判では他殺と認定されるも、自殺として捜査終了した未解決事件

2002年10月12日、AV女優の桃井望さんが遺体で発見され、交際相手の酒井宏樹さんも焼死体で発見された事件である。

事件の経緯(詳細)

2002年10月12日午後8時55分、長野県塩尻市郷原の奈良井河川敷にて乗用車が炎上しているとの通報があった。

駆けつけた消防により、火は消し止められたが、車内外からは灯油をかけて燃やされた形跡が発見され、車から10メートル離れた場所で、桃井望さん(当時24歳)の遺体が変わり果てた姿で発見された。

燃えていた車内からは酒井さんの遺体が発見されすぐに司法解剖をしたが、焼け方が激しかったため、死因は分からずじまいだった。

不可解な点が多く、明らかに殺人事件で、犯人は、当時交際していた酒井宏樹さんではないかと疑われたが、現場が消化活動で踏み荒らされてしまったことにより、現場検証は困難だったため、警察は痴情のもつれとして事件を早々に切り上げてしまった。

しかし、捜査切り上げに納得がいかなかった酒井さんの家族や友人は、この見解に対して、約1万人分の署名を長野県知事に提出した。

桃井さんと東京で一緒に暮らしていた男性は、彼女の職業に引け目があったのか、事件発生から現在まで沈黙を続けている。これだけの状況に対し省察が不審に思わないはずが無いと考えられたが、本件で捜査本部が設置されることはなかった。この時の警察の捜査について酒井さんの両親は、警察が自殺の動機を無理やり探しているとは思えなかったと話している。

警察は当初の発表にあるように、男女の無理心中ということで現場が保存されていなかったことと、事件から1ヶ月経過してから酒井さんのアパートを実況見分した形を取っただけで、初動捜査をやらなかったことが問題になったが、それでも警察が動くことはなかった。

事件を調べていく上で、酒井さんが暮らしていたアパートの隣人Mが犯人ではないかと疑われていた。本件が発生してから約1ヶ月後、酒井さんの部屋で謎のメモと約80万円を酒井さんが貸したという借用書が見つかった。謎のメモには三角形の中に「サ」「車」「客」がまるで囲まれて描かれていた。借用書の返済期限は事件の10日前で、署名欄は実在しない人物の名前だった。

隣人Mとは電気工の見習いとして働来ながら、中古車を扱う再度ビジネスをしていたが、このビジネスで約150万円を失い、金銭のトラブルが発生していたことが発覚していた。

これだけだったら、隣人Mが疑われる理由は薄いのだが、事件発生から5年後の2007年、借用書の筆跡と隣人Mの筆跡が一致した。また、隣人Mは、事件当日、友人に対して「一緒にいたことにしてくれ」とアリバイを偽造していたことも判明した。

さらに、当時、隣人Mと同居していた人物は「事件当日は朝と夜でMの服装が変わっていた」と証言した。同居人に対して、「15年くらい身を隠せばもう安心だから」という発言もあったそうだ。

事件発生から12年後の2014年、ついに、ある記者が隣人Mの居場所を突き止め、取材した。しかし、これまでの全てをひっくり返すように、「酒井さんとは関わりがなかった」と証言した。

隣人Mが怪しいのは間違いなかったが、事件が発生してから18年、未だに本件の全貌は明かされていない。

桃井望と男性の出会い

2人は高校の先輩・後輩という関係だった。彼女は1年先輩だった酒井宏樹さんに恋心を寄せていたそう。しかし、彼の方は彼女を認識すらしておらず、2人は別々の道を歩むことになる。

彼女は病院に勤めるが、業務が厳しく1年ほどで辞めてしまい、AV業界へ。2人が知り合ったのは、2001年5月。知人を通しまもなく交際した。

本件が発生する2002年10月の2ヶ月前の8月頃からは、東京に住む彼女が頻繁に彼の住む長野県塩尻市のアパートに通っていた。この話だけを聞いていると仲の良いカップルだが、当時の2人をめぐる人間関係は、かなり複雑な物だった。

その理由は、彼女の浮気であったという。彼女は東京ですでに別の男性と一緒に暮らしていた。彼女は「酒井さんに浮気相手の存在がバレてしまうのが怖く、非常に恐れている」と友人らに漏らしていた。

酒井さんは3年ほど付き合っていた別の彼女と別れたばかり。そんな中、この事件が発生してしまった。

事件の不可解な点

・靴が自宅に残されており、発見された遺体は2名とも裸足だった点。
・車は酒井さんの所有物だったが、彼は後部座席で発見された点。
・酒井さんは車内で、桃井さんは車外で発見された点。
・灯油を撒いて着火したはずが、灯油が入っていたとされる容器が見つかっていない点。
・発見された遺体は、2名ともほとんど煙を吸っておらず、焼死の可能性が低い点。
・車の鍵だけが、彼のキーホルダーから外されていた点。
・彼女の体を傷つけたと思われる包丁が彼の利き手とは反対の左手に握られていた点。

警察は酒井さんが、無理心中を図ったのではないかと考えたが、彼は事件の数時間前に友人に電話をかけ、ライブに誘っている。その時の友人の証言から、彼の様子はいつもと変わっていなかったそうだ。

判決とその後

酒井さんの両親は苦悩の末、彼が加入していた保険会社に対し、保険金の支払いを求める民事裁判を起こした。

保険は2年以内の自殺の場合、加入していたとしても支払われる事はない。つまり本件では、警察の判断を基に支払われずにいた。この民事裁判は、お金が欲しくて起こしてのではなく、勝訴すれば、本件に事件性があると同い時というのを求めて行なった物だった。

事件発生から約5年の2007年、裁判所は「2人は第三者である何者かに殺害されたと考えるのが当然」とし、保険会社に支払いを命じる判決を下し、警察の判断を司法は覆すこととなった。

しかし、再捜査される事はなく、現在も未解決事件となっている