千葉県茂原市女子高生殺人事件

「カラーギャング」がひったくり目的で女子高生を拉致、事件発覚を恐れ暴行し殺害

2004年12月22日午前4時半ごろ、千葉県茂原市町保のJR茂原駅前で、同市新小轡(しんこぐつわ)に住む、県立長生高校2年の高中香織さん(17歳)が車で拉致された。

高中さんが連れ去られた直後、一緒にいた同級生の女子生徒(17歳)が「5人ぐらいの男に口をふさがれてバッグを奪われた。友達もいなくなった」と110番したことから事件が発覚し、捜査が始まった。

同署の捜査で、同駅周辺を徘徊するグループなどから同市下永吉に住む、無職・斎藤義仁(20歳)が捜査線上に浮上。

同日となる22日夜に斎藤らが犯行を自供し、23日午前0時過ぎ、廃屋で高中さんの遺体が発見された。

遺体発見現場は、ホテルだった建物が料理店に使われた後、5年ほど前から廃屋になっており、立ち入りを制限するさくなどはなく、「幽霊の出る心霊スポット」として若者の出入りがあり、地元住民から対策を求める声が市や警察に寄せられていた。

また本件は、不良グループによる通り魔的犯行であることや、集団暴行・殺人遺棄事件であったことから、「女子高生コンクリート詰め殺人事件」との類似性が指摘され、注目された事件である。

事件の経緯と動機

カラーギャングによる街の荒廃、そして事件発生へ

茂原駅(JR東日本・外房線)駅舎の南口駅前

犯人らは、同市下永吉に住む無職の斎藤義仁(20歳)と、同市内に住む配管工の少年(18歳)、斎藤義仁の弟で無職の少年(16歳)、県立高校一年の男子生徒(16歳)、職業不明の神明勝信(21歳)の5名で、神明は斎藤といつも行動をともにしていた幼馴染であった。

事件のあったJR茂原駅周辺は、若者たちが結成した「カラーギャング」と呼ばれるグループがたむろし、強盗やひったくりなどが多発していた。

斎藤の知人女性によると、同容疑者は半年ほど前、仲間約10人に呼び掛け、自分の名前を1文字取った「藤友会」というグループを結成し、遊び回っていたという。(逮捕された内、神明を除く3名が所属)

また、同駅前で働く女性従業員(40)によると、駅前周辺には白、青、赤などいくつかの「カラーギャング」と呼ばれるグループが集まってグループ同士で喧嘩をしており、さらに、祭りの時は何百人も集まり、改造した車やバイクで暴走を繰り返していたという。

そんな斎藤らのグループは、平成16年秋頃から通行中の女性を狙ったひったくりや強盗を繰り返しており、事件当日も、茂原駅周辺をワゴン車で移動しながら対象を物色していた。

そんな中、女子高生2人がカラオケ店から出て茂原駅付近の路地に入ったのを見て、彼女らを襲うことを決めた。

12月22日午前4時20分ごろ、斎藤を含む犯行グループの5名は、同市町保のJR茂原駅前で帰宅途中の高中さんと友人の女子高生(17歳)を突然襲った。

配管工の少年(18歳)を除く4名が、高中さんに対して顔面や腹部を足蹴にするなどの激しい暴行を加えたうえ、現金のほか、財布やバッグなど計8000円相当を強奪し、さらに、高中さんを軽ワゴン車に乗せて連れ去った。

その後の供述から、高中さんを連れ去ったのは、神明による強姦目的であったことが分かっている。

友人の女子高生は、配管工の少年(18歳)に転倒させられ、馬乗りになって口をふさぐなどの暴行を加えられたうえ、現金のほか、財布やバッグなど計11万円相当を奪われたが、逃げることができたため、すぐに警察に通報した。

高中さんらは遊びに出ていたカラオケ店から出たところで、事件当時の人通りは少なく、一緒にいた同級生以外の目撃者はなかったという。

ちなみに、高中さんが連れ去られたとみられる駅西口の現場から数十メートル離れたところには交番があったが、同署は「22日早朝は警官がいたかどうか不明」としている。

また、駅周辺では同駅前付近で10月末から十数件の強盗やひったくり事件が発生(12月だけでも2件)しており、深夜まで若者がたむろしていたことで、近隣住民から「不安だ」との指摘があった。

強姦、そして心霊スポットの廃屋「ホテル活魚」で殺害

神明は、強姦目的で高中香織さんをワゴン車に運び込み、某トンネルまで連れ去ったうえでわいせつ行為(適用罰条は刑法176条前段)に及んだ。なお、犯行に使ったレンタカーは、神明名義で借りていたものであった。

その後、配管工の少年(18)が、高中香織さんから聞いた出身中学や名前などから、高中香織さんが中学校の同級生の妹で、顔見知りであることに気付き、その旨を他の4人に告げた。

犯人らは、トンネル内で高中香織さんをどうするかを話し合った末、殺害を決断したが、殺害方法が決まらなかったため、とりあえず北に約20キロ離れた同県東金市油井の廃屋「ホテル活魚」まで連れ去った。

ちなみに、この廃屋ホテル「活魚」は、犯行以前から千葉県の有名な心霊スポットとされていた。

結局、斎藤らは同6時半ごろに廃屋で、その場にあった電気コードで高中さんの首を絞めて殺害し、遺体は、捨てられて横倒しになっていた大型冷蔵庫に、体育座りのような格好で詰め込んで遺棄した。

一方、その後の調べで、実際には高中さんと犯行グループとの面識はなかったことが明らかとなっている。

廃屋「ホテル活魚」について

正式名称は「油井グランドホテル」。

この千葉県内でも有数のメジャー心霊スポットとして知られる「油井グランドホテル」は、建物に掲げられている「活魚」の文字から通称「ホテル活魚」と呼ばれている。

この建物は、元々ラブホテルであったが、経営難から廃業、その後、魚料理をメインとした割烹料理屋兼ホテルとして運営が再開されたが、またも廃業し、廃ホテルとなった。

廃墟となったことで、「肝試し」に訪れる人々が増えたことで、建物内部が荒廃し、また、信憑性の薄い噂やデマが広められたことで、「心霊スポット」として有名になっていった。

噂の例として、「ここに宿泊したあるカップルが些細なことからケンカとなり、刺殺事件になってしまった」というものや、「一室で焼身自殺が起こったり、宿泊客が次々と自殺したりと様々な異常現象が起こっていた」といったものがあるが、どちらも出所不明の「噂」に過ぎない。

ちなみに、本事件以降には「犯人は逮捕されているが、女子高生の怨念は、未だにこのホテルをさまよっている」などと噂され、訪れる人間が後を絶たないという。

逃走、指名手配、そして逮捕へ

少年らが女子高生を殺害した現場付近を調べる警察官(23日午後4時、読売新聞本社ヘリが撮影)

22日夜、茂原署が地元の不良グループなどを調べたところ、斎藤らの犯行と判明。

千葉県警捜査一課と茂原署は23日、殺人と死体遺棄で、16歳の高校生ら少年3人を含む男4人を逮捕した。

逮捕されたのは、同市下永吉に住む無職・斎藤義仁(20歳)と、同市内に住む配管工の少年(18歳)、斎藤義仁の弟で無職の少年(16歳)、県立高校一年の男子生徒(16歳)の計4人であり、さらに犯行に加わったとされる職業不明・神明勝信(21歳)が逃走中で、同署が指名手配し、行方を追った。

斎藤らは「強盗がばれるといやなので殺害した」「顔を見られて、ばれると思って殺した」と容疑を認めた。

その後、交友関係を捜査していたところ、県警捜査一課と茂原署の特別捜査班は29日夕方、殺人および死体遺棄の容疑で指名手配していた住所不定の職業不詳・神明勝信(21歳)が埼玉県上尾市の知人男性のアパートに一人でいたところを発見し、逮捕。神明は容疑を認めた。

さらに、斎藤らは県警茂原署特別捜査班の調べに対し、「以前から市内などで仲間とひったくりをしていた」と余罪についても供述した。

しかし、反省や謝罪の言葉は一切なく、取り調べにもまじめに応じなかったことから、捜査関係者の1人は「彼らは、取り調べ中にやけていた」と怒りをあらわにしたという。

判決、それぞれの生い立ちとその後

千葉地方裁判所前の様子

犯人らには、本件以外にも強盗強姦や強盗傷害など多数の余罪があり、斎藤義仁、神明勝信に無期懲役、斎藤義仁の弟で無職の少年(16歳)に懲役14年、県立高校一年の男子生徒(16歳)に懲役13年の判決が下され、確定した(千葉地裁、平成17年11月16日)。

配管工の少年(18歳)は、2005年(平成17年)10月14日、拘置中の千葉刑務所で自殺している。

ちなみに、神明は斎藤より数日遅れて判決を受け入れており、また、裁判中も懺悔の念を記した手紙を書いていたことが明らかとなっていることから、控訴する意思が強かったものとみられる。

以降、裁判で認定された、被害者を含む当事者らの生い立ちについて付しておく。

被害者の高中香織さん(当時17歳)

3人姉妹の次女。昼間はアルバイトをしながら定時制高校に通い、教科書を無償で支給される奨学生に選ばれるほど勉学に励んでいた。また、中学生のころから交際していた男性と結婚を約束していたという。

事件前夜となる21日夜、高中さんは母親に「友だちと遊びに行ってくるね」といって外出。高中さんの母親は「いつもと変わらぬ様子で出かけたのに」とだけ語った。

また、高中さんを見かけたという長生高校定時制一年の女子生徒(16)によると、事件直前の22日午前3時ごろ、高中さんは駅近くのカラオケ店で偶然、中学時代の後輩に会い、うれしそうに昔話に花を咲かせたという。その後、女子生徒がカラオケ店を出ると、高中さんと一緒にいた同級生が警官に付き添われていた。

また、高中さんが通っていた長生高校には、22日午後、高中さんの両親から「娘の行方が分からない」と連絡が入り、高中さんは同日午後五時半からの終業式にも欠席したため、同校は行方を捜していた。高中さんは21日夕方に登校し、掃除などを済ませ、午後七時ごろには帰宅したという。

事件発覚後に開かれた記者会見で、定時制の田辺伊兵衛教頭(50)は「生活態度も落ち着いていて友人関係も良かった」「行方不明という知らせを受けた時にはまさかこんな結果になるとは想像もつかなかった」と沈痛な表情で話した。

斎藤義仁(犯行時20歳)

斎藤義仁は、本件での強盗殺人等のほか、強盗・強姦1件、強盗傷人2件、恐喝・傷害1件、窃盗4件の各犯行を行っており、被告人ら5名の全部又は一部による法定刑における重大事犯のすべてに関与している。

神明とは幼馴染の同級生であり、常に行動を共にする不良仲間であった。

斎藤義仁は、5歳のころに両親が離婚。当初は母親の下で暮らしていたが、平成6年頃からは、暴力団の組長をしていた父の下で生活していた。

中学校卒業後の平成11年に、幼馴染かつ不良仲間である神明とともに犯した強盗致傷罪等により初等少年院送致の処分を受けている。

少年院仮退院後は、父が組長となっている暴力団の組員となるが、他の暴力団関係者の自動車を盗んだことで所属暴力団を破門になり、その後、弟の結成した(後述)カラーギャングの後見人(事実上のトップ)となったことで、犯人ら5人が行動をともにすることとなった。

カラーギャング組織を、自分の姓から一文字取った「藤友会」と名付け、襲撃時には金属バットで相手を叩きのめし、見知らぬ女性に対してレイプを繰り返すなどしていた。

神明勝信(犯行時21歳)

神明勝信は、本件での強盗殺人等のほか、強盗傷人2件、恐喝2件、恐喝・傷害1件、窃盗4件の各犯行を行っていた。

神明勝信は、斎藤義仁と同級生であり、暴力団組員としての経歴もある斎藤義仁とは、互いに兄弟と呼び合っている仲であった。斎藤義仁とは、父の暴力により家庭内が不和になったことなどを契機に交遊するようになった。

神明勝信は、今回の事件以前にも、強盗致傷等の罪により2回ほど中等少年院送致の処分を受けていた。

斎藤義仁の弟(犯行時16歳)

本件での強盗殺人等のほか、強盗傷人1件、恐喝1件、恐喝・傷害1件、窃盗3件の各犯行を行っていた。

県立高校一年の男子生徒(犯行時16歳)とは、小学生時代の同級生であり、斎藤義仁は実の兄である。

両親の離婚は1歳の頃の出来事で、母と暴力団組長であった父の下を行ったり来たりしていた。

兄である斎藤義仁の影響により、小学生のころからシンナーを乱用しており、中学2年時の平成14年には、引ったくりやバイク盗により2回にわたり保護観察処分を受け、さらに平成15年には恐喝罪により初等少年院に送致されている。

平成16年4月少年院を仮退院した後には、カラーギャングを結成してリーダーとなった。

なお、結成後間もなく、暴力団組員になることを決意してカラーギャングをやめ、リーダーは県立高校一年の男子生徒(犯行時16歳)に譲られ、後見人(事実上のトップ)として兄がその面倒をみることになった。

県立高校一年の男子生徒(犯行時16歳)

本件での強盗殺人等のほか、強盗傷人1件、窃盗8件の各犯行を行っている。

斎藤義仁の弟とは小学生時代の同級生であり、中学生のころから非行性を強め、斎藤義仁の弟を通じて、斎藤義仁本人と知り合って以降は、さらに暴力性が強められた。

また、斎藤義仁の弟が結成したカラーギャングでは、当初サブリーダーを務めたが、斎藤義仁の弟が抜けた後はリーダーを務めた。

配管工の少年(犯行時18歳)

斎藤義仁の父の下で配管工等をしていた。

2005年(平成17年)10月14日、拘置中の千葉刑務所で自殺。