千葉小3女児殺害事件

犯人は女児が通う小学校のPTA会長だった

2017年3月26日6時45分頃、千葉県我孫子市北部の利根川近くに釣りに来ていた男性が、排水路脇の草むらでRちゃん(9歳)の遺体を発見した。

翌27日には自宅から約25km離れた茨城県坂東市の利根川河川敷でRちゃんのランドセルが見つかり、28日にはその周辺で、Rちゃんのものとみられる衣類などが発見された。

Rちゃんはもともとベトナム国籍で、事件当時は同県松戸市に住んでいた。だが、遺体発見2日前の3月24日午前8時頃、小学校の修了式に出席するため自宅を出たまま行方が分からなくなっていた。

自宅から学校までは約600mであったが、Rちゃんが学校に姿を現すことはなく、父親がすぐに捜索願を出していた。通学路に見守りボランティアを配置するなど防犯意識が高い街だっただけに、住民への衝撃は大きかった。

逮捕

2017年4月14日、Rちゃんの自宅から約300mの場所に住む渋谷恭正が逮捕された。

事件当日、渋谷の軽自動車が遺体発見場所に続く道近くの防犯カメラに映っていたことなどが逮捕のきっかけになった。渋谷の子どもはRちゃんと同じ小学校に通い、渋谷はそのPTA会長を務めていた。また、松戸市の少年補導員を委託され、地域の見守り活動にも連日参加していた

次ページ:動機・犯行までの経緯