ドクター・キリコ事件

「ドクター・キリコの診察室」"安楽死狂会"が、自殺願望を抱える人々に青酸カリを販売し自殺幇助

1998年12月12日午後1時ごろ、東京都杉並区の無職女性・A子さん(当時24歳)宅に、青酸カリの錠剤が宅急便で届いた。

同日午後3時ごろ、Aさんは突然痙攣し始め、母親に「(青酸カリの錠剤を)6錠全部飲んだ」と告げ、意識を失った。

宅配便の伝票を確認すると、差出人として「草壁竜次」という名前と住所・PHSの番号が記入されていたため、連絡をしたが、「他にも7人に青酸カリを送った。その人が死んだら私も死にます」と答えたのを最後に連絡は途絶えた。

3日後の15日未明、北海道札幌市の塾講師の男性(当時27歳)が死亡。血液検査から、A子さんの服毒した青酸カリと成分が一致したため、警察はこの男を「草壁」であると断定し、その後、家宅捜索が実施された。

毒物は発見されなかったものの、草壁は安楽死を扱ったサイト"安楽死狂会"の中で、掲示板「ドクター・キリコの診察室」の専属ドクターを名乗って自殺志願者の相談を受けていたことが判明した。

「ドクター・キリコ」は手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』に出てくるキャラクターで、助かる見通しのない重病患者の安楽死を請け負う医師であり、手を尽くして患者の命を救おうとするブラック・ジャックとは真逆のスタンスをとるキャラクターである。

事件の経緯と動機

前述の通り、12月12日午後1時ごろに、A子さん宅に青酸カリが宅配便で届けられた。

A子さんは、事件の約2年前から精神が不安定で、病院の入退院を繰り返し、自殺未遂も数回起こしていたという。

宅配便を受け取った母親が、中身について尋ねたところ、A子さんは「私の薬よ」と答えた。

そしてその後、A子さんは届いた青酸カリ6錠をすべて服用し、意識を失って病院に搬送されたが、その後、脳死状態になった。

A子さんが搬送された杏林大学医学部付属病院の担当医は、宅配便の送り状に書かれていた情報から、すぐさま「草壁竜次」なる人物のPHSに連絡した。

すると電話には男性が応答し、「まさか、あれを本当に飲んでしまったのではないでしょうね?あれは純度の高い青酸カリですよ。その人が死んだら私も死にます」と言って、電話を切った。

このため警察は病院との相談の上、女性がまだ生きているということにして、捜査を進めていく方針で合意した。

「草壁竜次」の捜索

すぐに警察が「草壁竜次」と名乗る男の身元を調査したが、該当する人物は存在せず、これが偽名であることが判明した。(本名は公表されていないため、以下も便宜上、草壁と表記する。)

警察が再び草壁のPHSへ連絡すると、やはり男が応答し、「A子さんに頼まれて、純度の高い青酸カリを送った。カプセルで6錠だ。普通なら5万だが、無職で金がないということだったから、3万にしてやった。」また、「他にも7人に青酸カリを送った」と話したという。

3日後の12月15日午後2時過ぎ、A子さんが亡くなった。A子さんの体内からは致死量の15倍にもあたる量の青酸化合物が検出されたという。

そして、A子さんが亡くなった15日以後、草壁との連絡が取れなくなった。

その後の捜査で、A子さんが12月3日に草壁の銀行口座に3万円を振り込んでいたことが判明。また、草壁は7日に入金を確認し、その金を引き出していた。このとき、草壁の口座残高は数百円だったという。

警察は銀行口座の開設者から草壁の特定ができるものと見込んでいたが、口座開設時に使用されていた健康保険証は偽造されたもので、また、A子さんの交友関係を当たってみても、「草壁」という人物は浮かび上がらなかった。

そんな中、A子さんの交友関係を捜査していたところ、「自殺ネットワーク」というホームページを運営する練馬区の主婦・B子の存在が明らかになった。

B子もまた、自殺願望をもっており、A子さんとは病院で知り合い、そして「草壁」を紹介したという。

その後、同年7月3日に、足立区の主婦・B子さん(当時21歳)についても、A子さんと同じようにして亡くなっていたことが判明し、草壁が複数の人物に毒物を送っていたことが明らかとなった。

草壁竜次の自殺、明らかになった犯行と来歴

12月15日未明、北海道札幌市北区に住む塾講師の男性X(当時27歳)が死亡した。

家族が男性Xの悲鳴を聞いて救急に通報、すぐに病院に搬送されたが、Xは既に死亡していた。

Xは喘息の持病があったため、当初は喘息の発作によって死亡したものとみられたが、25日にXが草壁である可能性が浮上したため、血液検査が行われた。

血液検査の結果、血液からは高濃度の青酸化合物が検出され、また、この青酸化合物がA子さんの服用したものと同じ成分であったことから、警察はXを草壁であると断定、被疑者死亡のまま自殺幇助の容疑で書類送検した。

その後、26・27日の2日間に渡ってX宅の家宅捜索が行われた。

毒物は発見されなかったものの、壊れたパソコンなどが押収された。パソコンが壊れていた理由については、Xの父親が「息子の自殺の理由を知りたい」としてパソコンを開いたところ壊れたと答えている。

安楽死狂会「ドクター・キリコの診察室」

押収されたパソコンなどの情報から、Xが安楽死を扱うサイト「安楽死狂会」の掲示板「ドクター・キリコの診察室」において、専属ドクターとして自殺志願者の相談を受けていたことが判明。

このサイトは、東京在住の主婦(ハンドルネームは「美智子交合」、以下美智子)が開設していたもので、美智子自身も、Xから青酸カリを受け取っていた。

Xと美智子は、同年6月ごろにインターネット上で知り合っており、膨大な量のメールをやり取りしていく中で、美智子から専属ドクターになることを依頼され、「草壁竜次」としてその役目を請け負うこととなった。

美智子の供述によれば、草壁は死にたい人には誰にでも毒物を送っていたわけではなく、失恋や受験失敗などの一過性の自殺願望を抱く人には送らず、カウンセリングをしても効果が見込めない人物に限って、毒物を送付していたという。

美智子自身も、8月上旬にXから青酸カリ6錠を3万円で購入しており、"お守り"として持ち歩いた。

美智子は"お守り"を手に入れたことで「いつでも死ねるんだから、もう少し頑張って生きてみよう」と思えるようになったと話し、また、それを草壁に伝えたところ、草壁は「だろう?そういうものなんだよ。アレは僕にとっても本当に不思議な”お守り”なんだよ。僕はこれまで何人かの人にお守りを渡したけれど、誰も飲んだりしていない。だから美智子さんにもきっと”お守り”になると思っていたよ。」と答えたという。

このように、草壁は「毒物を"お守り"として持つことで、いつでも死ねるという安心感から自殺を回避できる」と考えており、自殺幇助のためではなく、あくまで死なないようにと、毒物を送っていたという。

その後の捜査で、安楽死狂会を通して草壁に対して青酸カリを求めた人物は、確認できただけでもB子さんを含めて8名存在している。

ちなみに、草壁は毒物を郵送する際、送り状の品目名の欄に「EC」と表記しており、これは「Emergency Capsule(エマージェンシーカプセル、緊急用カプセル)」の略であった。

男性Xの来歴

Xは私立大学の化学科を卒業後、札幌市の医薬品検査会社に就職した。

しかし、会社に対して不満を抱いていたXは、朝礼でボーナスに関する不満を上司にぶつけたり、「改善しなければ会社を辞める」と言ったりしており、その後辞職。

X自身も、湧き上がる自殺念慮に苦しんでいた時期があったという。

その後、1996年には薬局へ再就職した。しかしこれも長くは続かず、4カ月ほどで退職し、以後は学習塾の講師として働くようになった。

そして、1997年2月頃、医薬品検査会社時代の取引相手であった薬品卸売業者に「青酸カリを売ってくれ」と電話した。当初、担当者は断ったが、「湖沼の水のカリウム検査のため」と説明してしつこく交渉を続け、なんとか青酸カリを入手した。その量は5gで、660円ほどだったという。

Xは化学科卒ではあったものの、薬物の専門家ではなかったが、薬学部に進学したいと考えていた時期もあったことから、薬物の知識について独自に勉強していた。

「ドクター・キリコの診療所」においては、「これくらいの量で死ねますか?」といった質問に対して、「その10倍の量は必要です」などと、丁寧に答えていた。

Xは、薬の知識を深めるために高価な専門書を購入して勉強したり、質問に対して丁寧に答えていたことから、掲示板内では絶大な信頼を獲得しており、11月には自分のPHSの番号を掲示板上で公開していた。

事件後、掲示板には草壁を擁護する書き込みが相次いだが、12月27日にはホームページが閉鎖され、2020年4月現在、確認することはできない。

その後

1999年2月12日、Xは自殺幇助の容疑で、被疑者死亡のまま書類送検された。

インターネットを介する点で類似の事件として、2004年には、女児が自身の運営するウェブサイトに悪口を書いたことをきっかけに、互いのホームページに悪口を書き込んで攻撃しあった結果、同級生を学校内で殺害するという「佐世保小6女児同級生殺害事件」が発生。

また、その翌年の2005年には、"窒息マニア"の男性が、自殺サイトを通じて知り合った人々を殺害した「自殺サイト殺人事件」が発生している。