日本人留学生射殺事件

言葉の壁と銃器所持社会が招いた悲劇。日本人高校生が強盗と間違われ銃殺されてしまった事件。

1992年10月17日夜、名古屋市に住む高校2年生の服部剛丈さん(16歳)はアメリカ・ルイジアナ州に交換留学しており、ホームステイしていた。ホームステイ先の少年と2人でハロウィン・パーティーへ出かけたが、訪問先を誤ってピアーズ夫妻の家へ着いてしまった。

ピアーズの妻は玄関先の2人を見つけると、即刻勝手口のドアを閉め、夫に銃を持ってくるよう指示した。

2人の仮装姿を見て、強盗だと勘違いしたためであった。

ピアーズはそれに従い、レーザースコープ付きののスミス&ウェットソン社製44マグナム拳銃を持ち出し勝手口へと向かった。

ピアーズはマグナム拳銃を2人に向けて構えて、「Freeze!(動くな!)」と警告したが、服部さんは「パーティーに来たんです」と車庫の中に入り、勝手口に近づいたためピアーズは発砲。

服部さんは「Freeze!」を「Pleese!(ようこそ!)」と聞き間違えた可能性が指摘されている。

銃弾は服部さんの胸を貫通し、服部さんは病院に運ばれる途中で息を引き取った。

事件の経緯と詳細

服部剛丈さん(事件当時16歳)は、幼い頃からアメリカに憧れを持ち、県立旭丘高等学校(愛知県)の高校2年生の夏、公益財団法人AFS日本協会により行われている交換留学を利用し、アメリカ合衆国ルイジアナ州
バトンルージュにホームステイ先した。

ホームステイ先は大学教授の父親、医師の母親、同年代の高校生の長男(以下A)の3人の一家であった。

1992年10月17日夜、服部氏とAは2人で車に乗り、ハロウィンパーティーへと出掛けた。このパーティには、
服部氏は映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の主役のジョン・トラボルタの衣装(タキシード、黒のパンツ、シワのついた白いシャツ)を模して参加した。

同行していたAは、事件数日前にプールへ飛び込んだときに首を痛め、ギプス包帯を巻いていた。そのため、ショーツとテニスシューズを組み合わせ、頭や手足に包帯等を巻きつけ、交通事故の被害者を模した格好に仮装していた。

Aは会場周辺に明るくなかったため、訪問先の家を間違え、誤ってロドニー・ピアーズ(事件当時30歳)一家の住む家へと辿り着いてしまった。

服部氏とAはそのことに気づかないで玄関のベルを鳴らした。このとき、ピアーズの妻は、勝手口で玄関先の2人を見つけるとすぐさまドアを閉め、夫のピアーズに銃を持ってくるように言った。

ピアーズは寝室にあったレーザースコープ付きのスミス&ウェッソン社製44マグナム拳銃を持ち出し勝手口へと向かった。

このとき、銃を2人に向けて構え、「フリーズ(Freeze 「動くな」という意味)」と警告した。これに対して、服部氏はピアーズに対し「パーティーに来たんです(We’re here for the party.)」と説明しつつ、車庫の中に入り勝手口に近づいた。

そのとき、ピアーズは発砲し、発射された弾丸は被害者の左肺を貫いた。救急車が呼ばれたが、服部氏は出血多量により、病院へ搬送中に死亡した。

判決とその後

1992年11月4日、ロドニー・ピアーズは日本の傷害致死罪にあたるmanslaughter(マンスローター、故殺犯・計画性のない殺人罪)で起訴された。

12月16日、ロドニー・ピアーズは「拳銃を向けて警告しても止まらない少年に恐怖を感じた」として、正当防衛を主張した。

ロドニー・ピアーズが陪審員裁判を希望したため、陪審員による刑事裁判が開かれ、1993年5月23日、陪審員12人全員の無罪評決が出された。

ロドニー・ピアーズ氏の弁護人は最終弁論で「玄関のベルが鳴ったら誰に対しても、銃を手にしてドアを開ける権利がある。それがこの国の法律だ。」と述べ、開拓時代から続く「自分の身は自分で守る」というアメリカの伝統や全米ライフル協会による銃器所持賛成の意見に大きく影響を受けた判決となった。

支払われない賠償金と銃器所持の賛否

賠償金は65万3000ドルもあったが、2013年時点でロドニー・ピアーズと妻、そして親は、一切支払いを行っていない。これまでに服部夫妻側に支払われたのはわずか10万ドルのみであり、これはピアーズが自宅にかけていた保険によるものである。

ピアーズ氏はこの事件により当時の職場であるウイン・ディキシー・スーパーマーケットから解雇され、賠償金を一切支払わないまま自己破産してしまった。

服部夫妻は息子の友人たちや交換留学生と一緒に「アメリカの家庭からの銃の撤去を求める請願書」について署名を求める活動を積極的に開始した。その結果、わずか1年余で170万人分をも超える署名が集まった。

彼らは1993年11月、この署名を当時アメリカ大統領であったビル・クリントンに届け、面会した。そして、ワシントンD.C.滞在していた間に銃規制の重要法案であったブレイディ法が可決された。

この法律によって年間約4万件の銃器違法購入が阻止され、銃器販売店も大幅に減少した。

また、1993年6月に、日米間の文化の違いを乗り越え相互理解を促進すべく、生命保険の支払金を原資として「YOSHI基金」を設立した。この基金では、AFS留学生として日本に滞在するアメリカの高校生に毎年1人ず
つ奨学金を提供している。

同時に、被害者の遺族は賠償金の10万ドルのうち、弁護士報酬および裁判費用を除いた4万5000ドルを原資として、「Yoshi’s Gift」を設立し、アメリカ国内の銃規制団体を援助している。

2012年10月18日、服部夫妻はルイジアナ州を訪問し、追悼式典および銃規制の会議に出席した。母親は、この会議にて「銃をめぐる状況は停滞しているが、希望が見えてきた。尊敬される米国になってほしい」と述べている。

服部氏の母親とピアーズは、中国系アメリカ人女性映画監督であるクリスティーン・チョイ監督によって制作されたドキュメンタリー映画『世界に轟いた銃声』(原題:The Shot Heard Around the World)に出演している。

本事件は「年間約4万人が銃で命を失う」というアメリカの銃社会が抱える問題を浮き彫りにした。

1999年にはコロラド州のコロンバイン高校で少年2人による無差別銃乱射事件が起きており、13人が亡くなっているが、その後も、同様の事件は続発している状況である。