藤沢悪魔祓いバラバラ殺人事件

メジャー音楽バンドのリーダーZ、自称「神が降りた」従兄により殺害

メジャーデビューした音楽バンド「スピッツ・ア・ロコ」のリーダー(Dr.)・茂木政弘(32歳、以下Z)と連絡を取れなくなったとして、バンド仲間とZの家族は警察に通報した。

1987年2月25日の夜、神奈川県藤沢市のアパートの一室で男女2人が遺体を解体しているところを逮捕された。

遺体はZのものと判明。男女はZの妻とZの従兄弟であった。

犯行の経緯や動機

Zは幼い頃から従兄に絶大な信頼を寄せており、従兄が大山祇命神示教会に入信したことをきっかけにZも入信。

その後Zの弟が交通事故に遭い、弟の入院先で働いていた准看護婦の茂木美幸(27)と知り合い結婚。

従兄である鈴木正人(39)は埼玉県に転居し、Z夫婦はZの実家で暮らしていた。この頃には既に3人とも大山祇命神示教会から脱会していた。

その後、神奈川県藤沢市の事件現場となるアパートに従兄が部屋を借りる。

従兄はZ夫婦のところに現れ、自分に神が降りた。この世は悪魔だらけ。悪魔を追い払う救世の曲を作れるのはお前しかいないと話した。

信頼を置いていた従兄に言われたZは妻や従兄とともに藤沢市のアパートに泊まり込み「救世の曲」の製作を始めた。

Zのバンド仲間はZ夫婦から従兄から引き離そうとするが、2人は聞き入れなかった。

藤沢のアパートで救世の曲を製作し始めて1週間経過した頃、Zが「魔に憑かれてしまった」と言い、従兄はZへ自己流の悪魔払いを行うが効果が得られず、Zを絞殺。

その後Zの妻と二人で「救世の曲」をカセットテープレコーダーで流しながらZの遺体を解体した。

遺体は頭、胴体、足を切断、骨から肉を刃物で削ぎ落とし、細かい肉片は台所のシンクから流した。

Zのバンドメンバーや家族より通報を受けた藤沢北警察署の警察官が神奈川県藤沢市のアパートの一室に踏み込み署員らが声をかけるが、Zの妻と従兄は遺体の解体作業を止めようとせず、悪魔払いをしていると繰り返し話した。

Zの妻と従兄は死体損壊の容疑でその場で逮捕された。

判決とその後

Zの妻の精神鑑定の結果は責任能力において意見が2つに割れ、従兄の鑑定結果は3つに割れた。

1992年5月13日、横浜地裁は事実関係を認定するとともに、合計5つの精神鑑定や各鑑定人への証人尋問の結果も踏まえた結果、いずれの鑑定結果も採用できないとした。

最終的に、2人とも責任能力ありと判断され従兄に懲役14年、妻に懲役13年が言い渡された。

妻は控訴せず確定。従兄は控訴するが棄却され確定した。