松山ホステス殺害事件

2020年08月

公訴時効直前に逮捕!15年、男を魅了し逃げ続けた魔性の女

1982年8月に愛知県松山市で発生した福田和子によるホステス殺人事件である。

事件の動機と経緯(詳細)

1982年8月19日に愛媛県松山市のマンションでホステス(当時31歳)が元同僚のホステスであった福田和子に殺害され、福田和子とその夫がマンションから家財道具を運び去って逃亡。家財一式が奪われたうえに、女性の遺体が松山市内の山中に遺棄された強盗殺人及び死体遺棄事件である。 福田和子と夫が松山に向かったのは、被害者の女性とは別の知人と会うためだったが知人は不在であった。

この事件で注目されたのが、犯人の福田和子が整形手術を受けたうえで当時の強盗殺人罪の控訴時効である15年直前まで逮捕されず逃亡したことであり、マスコミ報道を見た市民による通報で逮捕されるとの劇的な幕切れを迎えたことであった。

事件当時、和子には夫と4人の子がいた。殺害後、夫は和子に自首を勧めたが和子はこれを拒み、夫は死体遺棄の共犯で逮捕された。被害者宅の家財道具は一式、和子が松山市内に借りたアパートに運び込まれ、この運び入れに際して多くの目撃証言があり、松山東警察署は強殺事件として捜査を開始した。
犯行4日後、和子は松山駅から急行列車と宇高連絡線で本州に逃亡、15年にも及ぶ当て所ない逃亡生活を始める。当初の逃走資金は60万円ほどであった。

和子は早速、金沢市内で求職するも34歳という年齢から飲食店関係に採用されなかったが、不採用であったスナックに飲みに行き情の深い経営者に採用された。採用2日後、整形手術を受けるため上京した後、店に戻り、そこで市内の和菓子屋の店主と知り合い交際し内縁関係となる。3代続く老舗和菓子店を切り盛りし、店の売り上げも相当に伸びたという、また親戚と偽り実子を呼び寄せ店で働かせている。

3年後、指名手配書が全国に貼られ、和菓子屋の家族も和子の素性を疑い始め通報、店の知人の通夜の手伝い中に金沢警察署員が斎場に急行したが、それを察知した和子は自転車で逃走し、名古屋市に向かう。

市内のラブホテルで住み込みの客室係として採用される。しかし、たまたま名古屋市の緑警察署に運転免許証の更新に行った同僚が指名手配写真を見て、和子に自首を勧めたため逃亡、市内の別のラブホテルの面接を受けたが、その際、顔写真と、雇用契約の拇印をとられたため、1988年5月13日名古屋市から離れ福井市に現れ、求職し住み込みでホステスをする。

1992年大阪市内の売春宿に移るが、すぐに辞める。松山東警察署は、公訴時効が迫っていることに焦り始め、手配写真入りのテレホンカードの配布、肉声の公開、懸賞金100万円という近代警察史上前例のない捜査手法を採用した。さらに、公訴時効直前には女性を整形した病院も400万円の報奨金を出すとして、マスコミの報道が過熱していた。

公訴時効まで残り一年の頃には、再び福井市の福井駅前のビジネスホテルを定宿にしていた。当時の客室係の談によると、この頃の和子は涙に濡れた枕カバーを、頻繁に窓から干していたという。

公訴時効直前の大々的なテレビの特別番組が、和子が行きつけにしていた福井市内のおでん屋の常連客の目に留まり、店に立ち寄った和子の指紋のついたビール瓶が回収され密かに検査したところ同一人物であると判明したため、その後店を出たところで逮捕された。時効成立まで21日前の逮捕であった。身柄は福井駅から岡山駅まで鉄道、岡山駅からは自動車で松山東警察署に移送された。

福田和子の生い立ち

1948年、愛媛県松山市に生まれる。幼くして両親が離婚し、母親に引き取られ愛媛県川之江市(現四国中央市)に移る。

母親は自宅で売春宿を経営していた。その後母は漁師と再婚し来島に移るが島の排他性に耐え切れず母子で今治市に移る。愛媛県内の高校に入学するものの交際中の同級生が事故死し、自暴自棄になり3年生の1学期に退学。

18歳のときに同棲していた男性と高松市の国税局長の家に強盗に入った罪で松山刑務所に服役中の1966年(当時18歳)、第1次松山抗争で逮捕された郷田会の関係者が看守を買収し、女性受刑者を強姦するという松山刑務所事件が起き、福田はこの事件で被害者となった。

さらに、福田は移監された高松刑務所でも同様の被害に遭っているが、いずれも被害届を出すことが認められなかったため、公訴時効により事件の責任追及は行われなかった。

逃亡生活

時効までの15年近く日本各地を転々としていた福田だが、潜伏生活の中で最も大胆だったのは石川県根上町の和菓子屋の後妻(婚姻せず。事実上の内縁関係)の座に納まっていたことである。

金沢市のスナックで働いていた福田はその店の客だった和菓子屋の主人に見初められて同棲するようになり、店も手伝うようになる。福田は非常によく働き接客も得意だったことから店は忽ち評判となり、新しく改装するほどの繁盛店となった。和菓子屋の主人は福田を大層気に入り、正式に結婚を申し込むが、福田は正体の判明を懼れ結婚を渋る。

余りに結婚を渋る福田の態度に不審を抱いた親戚が警察に通報、警察は福田の逮捕に向かう。しかし当日、近所の葬式の手伝いに出掛けていた福田は警察の行動を素早く察知、咄嗟の判断で近くにあった自転車に乗り逃走。逮捕は失敗する。このとき警察は福田が整形手術を行っていた事実を初めて知り、当時の週刊誌でも取り上げられた。

その後も捜査網を巧みに潜り抜け逃亡を続けるが、1997年福井市内に潜伏中、行きつけのおでん屋のママと常連客の通報が切掛けとなり、逮捕。逮捕成功に繋がった情報の提供者に懸賞金が支払われた。

懸賞金は慈善団体に寄付が為され、また逮捕現場となったおでん屋は区画整理により取り壊され現存していない。

判決とその後

その後、福田は15年ぶりに松山市に身柄を送致されて取調べを受け、1997年8月18日に殺人罪で起訴された。公訴時効が成立する11時間前の起訴であった。

2003年11月、最高裁で福田の無期懲役が確定し、服役した。服役から1年4か月後の2005年3月、脳梗塞にて和歌山刑務所で死去。享年58だった。

福田和子は刑務所内で、『涙の谷」という本に自分の半生を綴っている。その本を原作に、福田和子の息子が後に出版した『我が母・福田和子「逃亡の秘密」』の内容も織り込んだドラマが制作され、主演は大竹しのぶが演じた。そのことに関し、福田和子は「大竹しのぶさんが演じてくださることを喜んでいる」と獄中からコメントしている。その他にも漫画、小説、映画など様々な作品に、この事件が取り扱われている。