福岡・中2少年いじめ自殺事件

「こんなだめ息子でごめん」教師の"からかい"からいじめが始まり、少年が自宅倉庫で首を吊って自殺

2006年10月11日夜、福岡県筑前町立三輪中学校2年の森啓祐君(当時13歳)が、自宅倉庫で首を吊って自殺しているのを祖父が発見した。

ズボンのポケットなどに複数のメモがあり、「いじめられて、もういきていけない」「いじめが原因です。さようなら」などと記していた。

その後の調べで、いじめは元担任の”からかい”から始まったものであることが判明した。

事件の経緯

「こんなだめ息子でごめん。今までありがとう」

2006年10月11日午後8時過ぎ、福岡県筑前町立三輪中学校2年の森啓祐君(当時13歳)が、自宅倉庫で首を吊って自殺しているのを、隣家に住む祖父(当時67歳)が発見した。

ズボンのポケットなどに複数のメモがあり、「いじめられて、もういきていけない」「いじめが原因です。いたって本気です。さようなら」などと記されていた。また足元には、学校が保護者あてに配布した「高校視察案内のお知らせ」が置かれており、その裏面に同様の内容のことが書かれていた。

「遺言 お金はすべて学校に寄付します。うざい奴等はとりつきます。さよなら」
「いじめが原因です。いたって本気です。さようなら」
「see you again? 人生のフィナーレがきました さようなら さようなら さよ~なら~」
「生まれかわったら ディープインパクトの子供で最強になりたいと思います」
「お母さん お父さん こんなだめ息子でごめん。今までありがとう」

遺体近くに残されていた複数のメモに記されていた内容

翌朝、三輪中学校は全校集会を開き、合谷智校長が事情を説明した。また全校生徒にいじめの有無などを確認するアンケート用紙を配布し、同日中に回収した。

担任の男性教諭(当時45歳)は学校側の聴取に対し、「いじめは把握していなかった。(自殺当日)朝から目前に迫っていた中間テストに向けてプリント学習に励んでいた。給食も元気そうに食べていた」などと答えた。

森君はバレーボール部に所属して、9月から主将をつとめていたが、1年の1学期に「部活に行きたくない」と漏らしていた。また通学に使っていた自転車のネジをゆるめられ、祖父に「交換して」と言ったことがあった。またある日にはレインコートを泥だらけにして帰ってきたこともあったという。

学校側は当初いじめを否定していたが、12日になって「長い間、いじめを受けていたようだ」と説明した。

13日、自宅で葬儀が行われ、近所の人や学校関係者など500名が参列した。

14日には、自宅で告別式が行われ、焼香後には、同級生の男子生徒が「明るく、へこんでもすぐ立ち直る姿しか思い出せない。1人で悩んでいる時、相談相手になれなかったのが悔しい」と別れの言葉を述べ、続いて小学4年と5年の弟達が「よく面倒を見てくれてありがとう。お父さん、お母さんのことは僕たちに任せて下さい」と祭壇に語りかけた。

また同14日には、学校側が町役場で記者会見を開き、自殺当日にトイレでズボンを無理やり脱がされるといういじめを受けていたことも判明した。

さらに、自殺当日、森君は休み時間に同級生に「おれ、きょう死ぬっちゃん」などと、自殺をほのめかす発言を計5回もしていたことも判明。1・3・5時限目の授業中にも、周囲に聞こえる声で「死にたい」と言ったが、内容をのみこめなかった教諭から「私語はやめろ」と注意されていた。6時間目の美術に時間には、スケッチブックを同級生から借り、それに「遺言」を書いていたが、貸した生徒は冗談だと思っていたという。

下校直前には、トイレの中にいた生徒7人に「自分は死ぬ」と言ったところ、「死にたいのは嘘だろう。下腹部を見せろ」とズボンを下ろされそうになっていた。

そして、午後4時40分頃に下校した森君は、途中まで一緒だった親友に「今までありがとう」と言ったという。

教師がつくった、いじめのきっかけ

15日、三輪中の合谷校長、中原敏隆町教育長、学年主任らが森君の両親宅を訪問。両親が1年生の時の担任をつとめていた学年主任(当時47歳)に「息子をからかっていたのではないか」とただすと、担任は「はい」と小さな声でそれを認めた。両親は「このことが発端となり、学校でいじめが生まれたのではないか」と詰め寄った。

1年生の一学期、「インターネットのサイトを(森君が)繰り返し見ている」と、母親が担任に相談した。

元担任はその翌日、この相談内容を同級生に暴露し、クラスで男子生徒にそれにちなんだ「あだ名」が付けられた。これをきっかけに、森君は「学校に行きたくない」と訴えるようになった。

元担任は福岡教育大学出身で、国語担当、サッカー部の顧問であった。他にも、友人が落とした文具を拾ってあげた森君に対し、「偽善者にもなれない偽善者」と呼び、森君が2年に進級する際には「この子は嘘をつく子だ」などと新たな担任に申し送りしていた。

こうしたことについて両親が「啓祐を集中的にいじめたのではないか」と問い詰めると、しばらく口篭もって、「(森君が)からかいやすいというのはありました」とそれを認めた。この面会で学校側は「1年生時の担任にいじめを誘発する言動があった」として、森君の両親に謝罪。元担任も両親に「一生をかけて償います」と詫びた。

事件で明らかになった元担任による不適切な言動

『週刊新潮』2006年10月26日号において、いじめ主犯教師の実名が報じられた。教師の名前は田村伸一(当時47歳)で、福岡教育大学卒の国語担当ということであった。

田村教諭は、生徒の試験の成績をイチゴの品種に例え、「(県特産の高価な)あまおう」「とよのか」「とちおとめ」「出荷できない」などとランク分けし生徒を呼んで、保護者から中止を求められることもあった。ちなみに成績優秀だった森君は「あまおう」と呼ばれていた。

また、ある国語の授業では、生徒に「好きな字を黒板に一字書きなさい」と言い、指名した女子生徒に対し、「君は太っているから豚だ」と言って、漢字を書かせていたことも明らかになった。

1999年頃には、生徒のいじめ防止など人間関係向上のためのコミュニケーション体験「エンカウンター」の指導研修を受けていたことがあった。これは、課題に対して話し合いを通して互いを理解しあうカウンセリングの一種について学ぶものであった。教諭が県内の別の中学に在職していた時、1年間の研修を受けていたとのことであるが、この学びが現場で実践されていたとは到底考えられないだろう。

三輪中では2年前にも女性教諭が、友人と数人でおしゃべりしながら清掃していた当時2年生の女子生徒に「あんた、馬鹿じゃないの」「頭がおかしい」などと不適切な発言をしたことがあった。このとき、女子生徒は教諭に電話をかけて直接抗議したが、「転校してくる前の学校でも頭が悪かったらしいね」「茶髪に染めていたんでしょ」などと言われ、そのショックから不登校となっていた。

1週間後、女子生徒の母親はこの女性教諭と合谷校長と面談して「何か言うことはありませんか」と謝罪を求めたが、教諭は「何もありません」と言い、校長も特に問題にはしなかったという。ちなみに、この女性教諭は、いじめ自殺が起こった時も同校に在籍していた。

裁判とその後

誰が子どもの命を守れるのか

事件の起こった福岡県朝倉郡筑前町立三輪中学校

15日夜、三輪中体育館で全生徒の保護者を対象とした説明会が開かれた。学校側は自殺の経緯、これまで判明していることなどを説明した。

16日未明、合谷校長は記者会見で「遺族への説明時には冷静さを欠いてしまい、『因果関係がある』と説明してしまった。もう一度考え直すと情報が少なく、より多くの情報を集めて分析してみないと因果関係については分からない」と釈明。午前2時前に、合谷校長は教頭とともに森君の両親宅を訪ね、2時間ほど面会。「時間が経過しており、自殺と結びついているとは考えていない」との見方を直接伝えた。

16日朝、三輪中学校で全校集会が開かれ、合谷校長は「森君を忘れてはいけない。(先生が)身体的、精神的なプレッシャーを与えていたかもしれない。先生たちが手を抜いてしまった。乱暴な言葉を使ってしまった。ごめんなさい。全力で君たちの信号をキャッチする」「本当に申し訳ないと思います。先生たちの気持ちに甘えがありました。先生たちは生まれ変わりました。全力で君たちを守ります」などと生徒たちに謝罪した。

しかし、ここで校長は「いじめ」を「プレッシャー」という言葉に言いかえていた。

「君達(生徒)を守る」という言葉も、発言内容を翻した記者会見の後だけに、生徒を守るというより、自分たちを守りたいものと見られてもおかしくないものであり、また、校長は、体調をくずし療養中の元担任を現場に復帰させる意向を示した。

その後、同校ではこの数年間に7、8件のいじめが起こっていたが、担当教諭の指導などで解決したため、「いじめが続くことはない」と判断し、町教委に”0件”と報告していたことが明らかとなった。また、急遽とったアンケートでも、全校生徒の一割が「いじめの経験がある」と答えていたことがわかった。

捜査によると、森君に対するいじめは小学5年の時から始まっていたことが明らかとなった。クラスを盛り上げようと、友人を笑わせようとしていたのだが、バカにするようなあだ名がつけられたという。これは6年生になっていったんおさまったが、中学に入り、前述の「からかい」が行われたことによっていじめは再発した。

森君は「うざい」「きもい」「お前は目障りだから向こうに行け」などということを言われるようになり、森君からそのことを打ち明けられた友人は、親や先生などに相談するよう言ったが、「親が心配するから、自分でどうにかするから、心配せんでいい」と話していたという。また教室の机には、「バカ」と書かれていたこともあったという。

その後、裁判の行方

20日、森君が好きだったディープインパクトとコンビを組む武豊騎手が「天国で応援してください」というメッセージを入れたサイン色紙が、遺族を励ます内容の手紙とともに届いた。

23日、両親は筑前町長らに「遺族の意見が反映されないまま委員会が発足されようとしており、透明性、公平さを欠いている」として要望書を出し、調査委員会に遺族と、遺族が指名する識者を2人以上参加させるよう要望した。この要望について町教委は要求には応じられない」と文書で拒否した。

29日、いじめ自殺で子どもを亡くした保護者が筑前町に集まり、「いじめ被害者の会」を設立。

11月、森君をいじめていた同級生のグループが、事件後も別の男子生徒をいじめていたことが発覚。

12月12日、町教委・調査委員会が中間報告をまとめ、町教育委員長に提出した。報告では「いじめに類する行為があり、生徒を結果として死に追い込んでいった可能性がある」と指摘し、学校側がいじめ発見の努力を怠っていたと認定した。しかし、いじめと自殺の因果関係については明確に言及されなかった。

12月28日、町教委・調査委員会は「自殺にまで至った精神的苦痛の最も大きな原因の1つは、いじめに相当するものだったと判断する」との最終報告をまとめた。

2007年2月10日、都内で開かれたシンポジウム「生まれてきてくれた命たちへ」(NPO法人「ジェントルハートプロジェクト」主催)に、森君の母親が出席し、初めて森君の実名や写真を公表した。

2月19日、福岡県警は、自殺当日にトイレで森君を取り囲んでズボンを脱がそうとした同級生5人のうち3人を暴力行為法違反(共同暴行)の容疑で福岡地検に書類送検した。しかし、県警は自殺との因果関係を断定せず、またこの5人がいじめの中心メンバーではなかったことも指摘した。

3月6日、県教委は森君が1年の時の担任を減給10分の1(1ヶ月)の懲戒処分、合谷校長も同様の減給処分、教頭と2年時の担任教諭は戒告処分とすることを発表した。

4月24日、県警は1年時の担任について、名誉棄損や地方公務員法違反(守秘義務違反)容疑などの刑事責任は問えないとし、一連の捜査を終結した。

6月5日、福岡家裁は暴力行為法違反の非行事実で送致されていた同級生の少年3人について、少年審判の開始を決定。

6月18日、同級生3人の少年審判が開かれ、福岡家裁は「悪ふざけの範囲を超えた許しがたい行為であるが、少年らは反省している」などとして、3人を処分しないという決定を出している。