福島県三春町トラックひき逃げ事件

「刑務所に戻った方がましと思った。誰でもよかった」トラックで2人をはねて殺害

2020年5月31日午前7時55分ごろ、住居不定・無職盛藤吉高容疑者(50)が、知人から盗んだ準中型トラックを時速60~70キロに加速させながら、国道288号沿いで地域の清掃活動をしていた、いずれも同町の会社員、橋本茂さん(当時55)と三瓶美保さん(同52)をはねて殺害し、逃げた事件。

逮捕当初は「事故は偶発的なものであり、怖くなって逃げた」といったのような供述をしていたが、逮捕後にそれらの供述が嘘であったことが発覚し、殺人罪が適用されることとなった。

事件の経緯と動機

2020年5月31日(日)の午前7時55分ごろ、福島県三春町山田の国道288号線で「車が人をはねて逃げた」との通報で事件発覚。

この事故で近くに住む三瓶美保さん(52)と橋本茂さん(55)が救急搬送されたが、いずれも郡山市内の病院で死亡が確認された。

亡くなった2人は当時、近くで行われていた道路沿いのゴミ拾いや草刈りのボランティア活動に参加しており、道路脇を歩いていたところ、正面からきたトラックにはねられた。

事件の容疑者として逮捕されたのは本籍、福島県伊達市の盛藤吉高容疑者(50)。県警は当初、自動車運転死傷処罰法違反などの疑いで逮捕したが、捜査関係者によると、盛藤容疑者は別の事件で服役し、事件の2日前に出所。「社会生活に不安があり、刑務所に戻った方がましと思った」「誰でもよかった。車なら簡単に殺せると思った」などと故意にはねたという趣旨の供述をしたという。

当初、この事故に関しては偶発的なものであり、怖くなって逃げたといったのような供述をしていたが、逮捕後にそれらの供述が嘘であったことが発覚し、故意に引き起こしたた無差別殺人事件であったことが判明したことで、捜査は急展開した。盛藤容疑者は、事件前に一度現場を通過しており、人がいるのを確認して再び戻って事故を起こしていた。

盛藤吉高容疑者について

捜査関係者によると、盛藤容疑者は事件の2日前まで別の事件で刑務所に服役。出所後は知人の会社で働く予定だったが、生活への不安があったため、事件を起こして刑務所へ戻るつもりだったという趣旨の供述をしたという。

盛藤容疑者は、同県郡山市の知人のトラックを盗んで国道を走行。運転を始めて約25分後。道に迷い、国道を引き返したところ、被害者となった2人を偶然発見したという。

現場付近には防犯カメラはなく、ドライブレコーダーの映像もなかった。盛藤容疑者の供述を裏付ける証拠集めは難航した。しかし、県警や地検はトラックの故障や居眠り運転の可能性の有無などを調べ、殺人以外の可能性を慎重に除外しながら、殺人罪での起訴を選んだ。

「亡くなった2人にはなんにも落ち度がない」。捜査幹部は被害者への思いを口にした。

判決とその後

今回のひき逃げ事件は、容疑者が故意にはねた可能性を供述したことで、捜査が急展開した。福島県警は交通部だけでなく、殺人事件を担当する刑事部の捜査員も投入。福島地検も態勢を強化し、より重い殺人罪での起訴の検討を続けた。

現場にブレーキ痕がなかったことなどから、地検は殺人罪を適用した。

清掃活動の再開、見通し立たず

地域のために活動していた仲間の命が無差別に奪われた可能性が浮上し、地元の福島県三春町からは憤りの声が上がった。

「たまたま歩いていた人をひいて、殺そうとするなんて理解できない」

事件現場の近くでバイクショップを営む八木沼務さん(41)は怒りをあらわにした。自身も事件の翌週に現場付近で地元の人たちと草刈りを予定していたという。

現場は山間部の見通しがいい片側1車線の国道。亡くなった橋本さんと三瓶さんは地区の住民団体「桜川をきれいにする会」が年6回開くボランティアでの清掃活動に参加中だった。2人は4月に班長になったばかりで、当日は43人が道路沿いの草刈りなどを行っていたという。

近くに住む栗山栄子さん(83)は「毎回の清掃で地域はいつもきれいになっていた。一生懸命にやっていた人がこんな目にあうなんて」と語った。

事件が地域に与えた影響は色濃く残り、清掃活動の再開の見通しは立っていない。同会会長の影山初吉さん(72)は「大事な仲間を2人も奪い、怒りを通り越している。とにかく謝罪して罪を償ってほしい」と話した。