岐阜・高校教師教え子殺人事件

2020年07月

教え子をソープで働かせ、金づるにした挙句、殺害した教師。

高校教師教え子殺人事件とは1986年10月14日に岐阜県羽島市で起こった殺人事件のことである。

岐阜西工業高校の現役高校教師が犯人であり被害者は「元教え子」というただならぬ関係で起きた事件であった。

本記事ではそんな高校教師教え子殺人事件について詳しく説明していく。

事件概要

1979年犯人の久世繁仁(犯行当時38歳)は岐阜県郡上北高校に美術教師として赴任してくる。

顔がよく生徒からの人気が高かったがローラースケートで授業をするなど変わった一面があった。

1982年被害者の鷲見敬子(事件当時22歳)さんは卒業する頃に久世と愛人関係になる。

久世にはサロンを経営している妻がいた。

久世は金を作らせるために鷲見さんをソープランドで働かせ、稼いだお金を車やファッションなどに散財していた。

しかし稼いだ分をとられ妻とも別れる気がない久世の態度に剛を煮やした鷲見さんは、金を返すか妻と別れて一緒に暮らしてほしい懇願する。

この時点で久世は鷲見さんに殺意を持つようになり、犯行を企てるようになる。

1986年10月14日久世は鷲見さんを車に乗せ用意していた金槌で頭を殴打。後に用意した縦1m横56cm高さ70cmの木箱に鷲見さんを積めて美術室に運んだ。

美術室に運んだ時点ではまだ息があったが久世は睡眠薬を飲ませ窒息死させる。

殺害したあとは構わず授業をしていたが死臭が気になり、もう一人の愛人であったHと協力して中古車展示場でガソリンをかけて火をつけていた。

同日夜通に行人から通報が入り警察が調査し遺体が発見される。

その後の10月19日鷲見さんの口座から36万円が抜き取られていることがわかり、防犯カメラの映像から久世とわかり逮捕された。

動機・経緯

動機は金を返すか妻と別れて暮らせと迫ってきた鷲見さんへの腹いせであり、同時に口止めでもあった。

元々何人もの生徒をヌードデッサンなどと称して服を脱がせ、写真を撮って脅すなどの行為を行なっており人気にかまけて好き放題していた。

Hは殺人が目的ではなかったが久世に乗せられて死体遺棄を手伝ってしまっている。

判決

1987年12月8日久世は懲役15年を下され、Hに対しては懲役1年6月と執行猶予3年が下されている。

しかしその後、1990年2月23日に最高裁は久世の上告を棄却し、無期懲役が確定した。

その後

Hはすでに満期出所をしている。。

久世は殺害後に平然と授業をやってのけただけではなく、生徒に対してお前が犯人じゃないのかなど冗談を言っており恐ろしい一面をかいまみることができる。

教師が殺人を行う特殊な事件であり最近教師が教師をイジメる事件も発覚しているので、今後教育委員会・学校では様々な対応を迫られるだろう。