岐阜県中2少女首吊り自殺

校長が隠蔽。いじめによる首つり自殺。

2006年10月23日。14歳の誕生日を迎えた岐阜県瑞浪市立瑞浪中学2年生・吉村有里さん(仮名)は、自室で首を吊って自殺した。

いっこうに減らない学校でのいじめ。

文部科学省によると、昨年いじめで自殺に追い込まれた小中高校生は322人にのぼるという。

皆さんへ 今、誰かが私の手紙を見ている時、きっと、私は死んでいるでしょう。今まで、私を愛し、育ててくれた家族、ありがとう…

残された遺書には衝撃的な事実が書き込まれていた。遺書を続ける。

今まで、仲良くしてくれた友達。ありがとう—。部活のみなさん、特に〇〇さん、〇〇さん、〇〇さん、〇〇さん、本当に迷惑ばかりかけてしまったね。これでお荷物が減るからね。もう、何もかも、がんばる事に疲れました。それではさようなら

わずか200字あまりの文字の中に、同級生の女生徒4名の名前が書き残されていた。

14歳の少女が死を決意するまでに苦しめられた原因は何だったのか。誰に何を伝えようとして4人の実名を書きつづったのか。

自殺当日の経緯

その日、有里さんはバスケット部の部活のため朝7時10分頃に歩いて10分ほどの場所にある学校に行った。

当日は先生たちの研究授業日で、生徒は半日授業で帰宅している。有理さんが帰宅したのは12時頃だ。

自宅で会社を経営する父親の雄二さん(仮名・当時45)が昼食で母屋に戻り、母親の紀子さん(仮名・当時43)も仕事先から帰り2階の有里さんを呼ぶが返事がない。

部屋を覗きに行くと、高さ180㎝のクローゼットのドアに電気コードをかけ首を吊っている娘を発見したのだった。

有里さんの学校の成績は5がずらっと並ぶトップクラスで絵もうまくデザイナーを目指していた。

成績表の所見には「仲間に対して思いやりを持って接することができる素晴らしい性格の持ち主です」と担任の教諭が記していた。

遺書に対し「これって何ですか」隠蔽工作に奔走する校長

自殺の報を聞いて吉村さん宅に飛んできた校長は、遺書を見るとこういった。

「これって何ですかね。(有里さんは)どうされたんですかねー」

娘の死を悼む言葉もない校長の言葉に、雄二さんはあきれ果てた。

真実を知りたいという両親と、事実から目を背ける学校との溝はこの日を境に大きく広がった。事件の翌日、学校側は、

「これまでまったく報告がなく、いじめが原因ではない」

と、いじめを否定した。だが、「おかしい」という声が生徒から上がり、同級生からは“いじめの証言”が次々に寄せられた。

そして、自殺から5日目に吉村さん宅を訪ねた校長と学年主任は、

「(バスケット部の)部員の保護者が、『自分の子供が言葉や態度などで有里さんをいじめていた』」

といじめの事実を認めた。ところが、翌日の会見で校長はいじめを否定、前日と食い違う理由をこう説明した。

「事件後に2度、生徒に今考えていることを書いてもらったが、いじめがあったという話や、彼女のことをねたむような内容は一切なかった。亡くなった本人の気持ちを確認できない以上、いじめと結論は出しにくい」

学校が行った2度の調査は生徒が実態を告発しにくい“記名式”の調査だったのだ。

遺族は3回目に無記名の再調査を依頼した。そこでやっと事実が出てきた。

いじめの事実が証明され認めざるを得なくなった学校

10月30日に行われた調査の結果、「私はいじめられている場を見た」という情報は41件にも上ったのだ。

いじめと自殺の因果関係を学校が認めたのは10月31日、自殺から9日目の事だった。

実は、事件の数ヵ月前から有里さんは家族、学校にいじめ被害のSOSを出していた。

「自分の爪の皮を血が出るほど剥いたり、学校から帰って来るといつもイライラしていた。クラブを終えて帰る娘を迎えに行った母親の車に泣きながら飛び込んでくることもあった。『(4人と一緒にいると)どきどきして変になりそうになる』、と家で泣くようになり、様子が一変してきたんです」(雄二さん)

そのため自殺の1週間前には母親が学校に行き、担任と部活の顧問にいじめ被害の相談をしている。

だが、そこで学年主任が出した指示は、「しばらく見守ろう」でしかなかった。

4人の女子生徒と加害者家族「いじめを認めたのは間違いだ!」

遺書の中で名指しされた4人の女生徒とその保護者は、その後遺族とどう向き会い謝罪しているのか。

「娘が遺書で名指しした4人の名前の順番も意味があるようです。『いじめで大きな傷を受け、有里が嫌っていた順番です』と娘の友達が証言してくれました」(雄二さん)

4人の少女は吉村さんの自宅からさほど遠くない距離に住み、そのまま瑞浪中学に通っている。

’07年12月27日、文部科学省所管独立法人「日本スポーツ振興センター」から「災害共済給付制度」に基づく死亡見舞金が吉村さんに支給された。

文科省が「いじめ自殺」を認定したのだ。私が、遺書で最初に名指しされたAの父親にこの件を尋ねると、

「文科省がいじめを認めたのは間違いだ!」

と強い口調で反発した。

3番目に名前の挙がったCの母親は、

「いじめはありません。うちの子はやっていないと言っている。遺書を見て、あれでどうやっていじめがあったといえるんです。この件はもう終わっているんです」

と、玄関の引き戸越しに大声で答えた。

「(自殺の原因が)いじめだったということは本人や保護者には指導しています。途中で仲介者(弁護士)が入ってきたため指導が中途半端になりましたが、(有里さんの)心に傷を付けたことを4人の保護者は納得しているはずです」(平林道博・学校教育課長)

市教委と4人の保護者との認識はまったく異なる。雄二さんが憮然と言う。

「月命日に来る校長らに尋ねるのですが、『名指しされた生徒に定期的に面談し聞き取りをしても拒否され、口をつぐまれて聞き出せないんです』という。先生の立場はこんなにも弱いんですか」

こうした市教育委と学校の対応に、遺族が納得できるはずはない。

「シュート失敗で笑われた」部活での疎外感

岐阜県瑞浪市で中学2年生の女子生徒(14)が自殺した問題で、この生徒はバスケットボールのクラブ活動について「行くと1日気がおかしくなってしまう」という趣旨の発言をしていたことが30日までに、父親(44)の話で分かった。

母親(41)によると、生徒に対しては部内で、「シュートをして失敗したり強いボールを取れなかったりするとほかの部員が笑う」「あいさつをしない」といった例があったと、一部部員の保護者も話したという。

両親はこうした「いじめ」で、生徒が疎外感を感じていたとみている。

遺族「いじめ」涙の訴え 学校「原因分からぬ」

いじめをほのめかす遺書を残し、また一人、子どもが自殺した。

岐阜県瑞浪市の中学2年の少女(14)が自宅で首をつったのは、自分の誕生日当日だった。

家族によると、学校側は自殺後に少女の自宅を訪れた際、少女がバスケットボールクラブのチームメートから無視などの嫌がらせを受けていたことを認め、29日も「広い意味でいじめがあった」としつつ「(自殺の)原因が分からない」と説明している。家族は「いじめでなくて何なのか」と涙を浮かべて訴えた。

少女の父親(44)によると、少女は遺書とみられるメモで名指ししたクラブのチームメート4人を見かけると、隠れることもあったという。

自傷行為も目立ち始め、心配した母親(41)が今月17日に担任教諭らに相談したところ、担任は「自分が見ているところでは元気に楽しそうにやっているが、注意して声をかけたり様子を見る」と約束した。

しかし、担任はその後も少女に声をかけたり、クラブでの様子を見に行ったりしなかったことを自殺後に認めたという。

学校側は自殺当日の少女の様子を家族に説明していた。

それによると、少女は部の朝練習に参加。

3対3練習でチームメートから「(動きが)違う」と声をかけられた。

クラスの「朝の会」で担任は少女が暗い顔をして泣いていることに気づいたが、その後の授業(1、2時間目)や学年集会(3時間目)では普段と様子が変わらなかったという。

クラスの「帰りの会」の終了後、少女は自分が務める生活委員の仕事の内容を担任に聞こうとしたが、担任は「詳しくは分からないので、担当の先生に聞くといいよ」と答えた。

その際、「朝、元気がない様子だったけど、大丈夫だった?」と声をかけると、少女は「大丈夫です」と答えたという。

その直後、少女は玄関で下校指導をしていた担当の教師に委員の仕事について聞いたが、教師は「週の初めに説明があるから、心配しなくていいよ」と答えたという。

少女は「ありがとうございます」と言って帰った。

両親の元には、同じバスケ部の友人から少女が無視されるなどの嫌がらせを受けていたとの報告もきている。

「1時間後に死ぬ人間が生活委員のことなど心配するだろうか。別の重要な相談をしたくて、それを口実に先生と話したかったのでないか」と悔しがった。

夢いっぱいだった小学校の卒業文集

「将来は有名なデザイナー。87年後、いろんな人に看(み)とられ他界」――。

少女は小学校の卒業文集にこう記していた。

文集は、児童が自分の将来計画をつづったもので、少女の計画では

「3年後、有名高校に上位で入学。6年後、デザイナーの専門の大学に入学。10年後、有名デザイナーのもとで修行。21年後、結婚、デザイナーとして世界で有名になる。87年後、いろんな人に看とられ他界」

とされていた。

母親によると、少女は京都が好きだったといい、最近は「京都の大学を卒業して警視庁の刑事になりたい」とも話していたという。

この日、少女の自宅を同級生らが訪れ、自室の遺影の前で別れを惜しんだ。

親しかった女子生徒は「クラスでは男子からも女子からも人気があった。悪く言う人はいなかったし、(少女も)人の悪口は一度も言わなかった」と話した。

別の女子生徒も「明るくて人に気を使う人だった。悩んでいる様子はなかった」と信じられない様子だった。

母親によると、少女は別の中学生のいじめ自殺のニュースを見ながら「死んだら損だよ。高校に行けば楽しいこともあるのにね」と話していたという。

母親は「悩みを外に出す子ではなかったが、相当悩んでいたと思う。親は彼女の“SOS”に気付いたから学校に相談したのに」と無念さをにじませた。

少女は誕生会で予定していた焼き肉とケーキを前日から楽しみにしていたという。