静岡県浜松市看護師連れ去り遺体遺棄事件

見ず知らずの3人、ネット掲示板で知り合い女性誘拐

2018年6月、静岡県藤枝市の山中で浜松市の女性看護師、内山茉由子さん(29歳)の遺体が発見された。

内山さんを連れ去り監禁したとして無職の伊藤基樹(28歳)と鈴木充(43歳)が逮捕された。

主導役の芥川豊史(36歳)は新潟市内で自殺しているのが見つかっている。

犯行の経緯や動機

芥川がインターネット掲示板へ「サクッと稼ぎましょう!」と書き込み、伊藤基樹と鈴木充が連れ去りに加わった。

伊藤被告は犯行直前まで風俗店で勤務していたが、人間関係でトラブルを抱えており、すぐに稼げる仕事を探してインターネット掲示板の呼びかけに応じた。

動機として、食事と寝床を用意してくれたことを挙げている。

5月26日、浜松市のフィットネスクラブ駐車場で伊藤と鈴木が内山さんを待ち伏せ、芥川からLINEで、今から行くのがターゲットと連絡を受けて車に押し込み内山さんの車ごと拉致した。

県内を連れ回し、翌日まで腕を結束バンドで縛るなどして監禁した。

拉致して約3時間後、拉致現場付近で連れ去りが騒ぎになっているかを確認するため、鈴木が車を降りて浜松駅前のインターネットカフェで過ごす。

翌日午前4時20分ごろ、芥川の指示を受けて浜松市内で合流。伊藤と入れ替わって車に乗り、運転した。

運転中の5月27日早朝、芥川が後部座席で革手袋をはめ、内山さんの上に乗り首を絞めた。

鈴木は低速で運転を続けながら芥川を制止するも、内山さんに声を掛けるが反応がなく、芥川に共犯だと言われる。

その後鈴木は藤枝市内のホームセンターでスコップを買って穴を掘り、芥川とともに遺体を埋めた。

同日午後5時頃、鈴木と芥川は浜松市内で伊藤と合流した。3人は三重県桑名市で別れ、その後芥川が同市内の路上で内山さんの車を乗り捨てた。

伊藤が再合流した際には内山さんの姿がなく、後の証言で解放されたと思ったと話している。

6月8日、伊藤が逮捕される。翌日内山さんの遺体が発見され、11日、鈴木が出頭。

14日、新潟県内のビジネスホテルで芥川が遺書を残し自殺。翌日従業員によって発見された。

判決とその後

9月26日、静岡地検は鈴木と伊藤の2人を殺人罪においては不起訴とした。

10月10日、芥川を殺人や死体遺棄、営利目的略取などで容疑者死亡のまま書類送検、不起訴となる。

鈴木は逮捕監禁や死体遺棄で懲役7年、伊藤は営利目的略取と逮捕監禁の罪で懲役4年が確定した。