人違いバラバラ殺人事件

結婚を断られた女性に復讐するつもりが、誤って別人を殺害

1954年9月5日、好意を寄せている女性の所在を探し歩いていた古屋栄雄(当時29歳)が、埼玉県入間郡の路上で、その女性らしき人を見かけた。

叶わぬ想いに憎しみがつのっていた古屋は、女性を殺害し、遺体をバラバラに切り取り、各地に捨てた。

だがこの被害者は、好意を寄せていた女性とは別人だった。

事件の経緯と動機

古屋は1929年生まれ。故郷である山梨県東山梨郡塩山町(現・塩山市)で、7歳下のB子さんという女性と知り合って夢中になり、両親を連れてB子さんの実家に出向き、結婚を申し込んだが、前科者であること、定職がないこと、軽薄な性格であることなどから、断られた。

上京して何とか職についてB子さんの気を引こうとしたが、長続きはしなかった。しかし、その一方で、窃盗の前科は増えていった。

故郷に戻ると、B子さんに会いに行ったが、彼女の方は嫌気がさし、逃れるように東京や埼玉などの旅館で女中として働き始めた。それでも彼女の実家や親戚宅を尋ね歩いて、居場所を聞こうとしたが、教えてもらえなかった。

1953年7月、B子さんの両親は「結婚は無理だ」と明言し、娘を姉のいる埼玉にもとに避難させた。

古屋は後を追いかけたが、その都度B子さんも転々としていた。

その後、「あんたが真面目に職につかねばB子は出てこない」と彼女の家族に言われていたため、映画館に勤めて看板描きやビラ貼りの仕事など、古屋は約1年間は真面目に働いた。

しかし、B子さんがすでに誰かと結婚しているのを隠しているのではないか、と邪推した古屋は、1954年9月1日、町を出てB子さん探しの旅に出た。

9月5日夜9時ごろ、埼玉県入間郡高階村(現・入間市)の路上を歩いていた古屋は、前方にB子さんらしき女性を見つけた。体つき、歩き方、服装…どれをとっても間違いなく思えた。

こんなところに嫁に来ていたのか、ひどい奴だ、と憤慨した古屋は「俺はな、お前を呪ってるんだ。覚悟しろ!」と叫んで、いきなり女性の首を絞めて畑に引きずりこみ、手拭を首に巻きつけ殺害、ナイフで乳房と陰部を切り取ってから遺棄した。

翌日となる1954年9月6日の朝、入間郡高階村(現・入間市)の畑で、女性のバラバラ遺体が発見された。被害女性の身元は、前日の夜、青年団主催の運動会の帰り道で行方不明になっていた、近隣住民のA子さん(19歳)であると判明した。

事件を報じる新聞記事を見て、古屋は、殺害した女性が初めてB子さんでないことに気づいた。

そうしたことが判っても、古屋に反省の態度は見られなかった。

古屋は1954年11月18日に逮捕されたが、「殺した相手は人違いだった」と自供した一方で、「殺しはB子さんを愛するが故にやったことだ」と主張した。

判決とその後

1956年2月21日、浦和地裁は、無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。この判決に「刑が軽すぎる」「俺は悪くない」と、双方控訴した。

8月21日、二審の最終尋問においてB子さんが証人として出廷し、「古屋は私を勝手に恋人と思っているだけ」と証言した。

その時、古屋は逆上し、隠し持っていた竹べらで、B子さんに飛びかかった。B子さんは胸を刺され、全治2週間の大怪我を負った。

8月30日、一審が破棄され、死刑判決が下された。極刑とされたのは、証人刺傷事件の影響と見られる。

1957年7月10日、最高裁において上告が棄却され、死刑が確定した。

1959年5月27日、死刑が執行された。

収監中、古屋はそれでも周りの人間に、B子さんがいかに素晴らしい女であったかを語っていたという。