茨城一家殺傷事件

一家を襲った強い殺意をもった犯行。

令和元年9月29日、茨城県境町若林の住宅で、会社員、小林光則さん(48)と妻のパート、美和さん(50)が殺害されるという事件が発生した。

目撃証言等

事件前にマスク姿の人物が近くで目撃されていたことが29日、関係者への取材で分かった。負傷した家族も「マスクをした男に襲われた」と証言しており、県警境署捜査本部が関連を調べている。事件は30日で発覚から1週間。犯行の手口からは、強い殺意や計画性も浮かぶ。負傷した中学1年の長男(13)と小学6年の次女(11)は「帽子をかぶりマスクをした男に襲われた」と証言したとされる。一方、捜査本部の聞き込みでは、事件前に同様にマスクした不審者を「近くで見た」などとする目撃証言も得られているという。

動機予想や犯行方法

専門家は手口などから、強い恨みと、緻密に計画を立てる顔見知りの犯人像を指摘する。

 犯人は、小林さん方に1階の無施錠の窓から侵入。1階には大学3年の長女(21)がいたが2階に直行したとみられ、長男、次女とは別の部屋で寝ていた小林さんと、美和さんを襲った。夫婦の遺体にはいずれも、刃物による傷が約10カ所あり、心臓などがあって致命傷になりやすい上半身に集中していた。

犯罪学の専門家は「強い殺意がうかがえる。ターゲットは夫妻で、かなりの恨みがあった」と指摘。さらに、美和さんが110番通報で助けを求めていることを挙げ、「外部への連絡はさせたくなかったはず。夫の殺害に過度に集中していた可能性もある」と分析する。

一方、臨床心理の専門家は「次女には刃物は用いず、スプレーのみを使っている。加害方法を変えたとみられる点が不可解」と述べる。可能性の一つとして「人を殺してみたい」という欲求から生じた「体験殺人」を挙げ、「夫婦殺害で目的を達成し、子供たちに致命傷を与えなかったのではないか」とみている。

分析

目立った物色の痕跡はなく、犯人は「殺すつもりで来ている」との見方が強い。犯人が帽子とマスクを着用していたとみられるのは、「一家の誰かと面識があったので顔を隠したのではないか」と計画性が指摘されている。

小林さん方は周囲を木々に囲まれ、付近の住宅から離れた位置にある。周辺住民には、事件後に初めて家の存在を知ったという人もおり、こうした立地からも犯人は顔見知りの線が濃厚とみられている。

どうしたら誰も死なずに済んだだろう。