熊本3歳女児殺害事件

スーパーのトイレで犯行、遺族と犯人現場ですれ違う

2011年3月3日夜に熊本県熊本市高平のスーパー「ビックザビックエース清水バイパス店」で清水心ちゃん(3才)が行方不明となった。

犯人として同市兎谷の熊本学園大学に通う山口芳寛容疑者(20歳)が逮捕された。

犯行の経緯や動機

山口は1浪の後に熊本学園大学社会福祉学部福祉環境学科に入学したが、徐々に孤立して1年の秋からは大学に登校しなくなった。

事件当日の3月3日、山口は事件現場であるスーパーのトイレ周辺を午後4時頃から約3時間にかけてうろつく。

当日夜、心ちゃんが両親と兄と共にスーパーへ来店。午後7時半に両親がレジにいる間、心ちゃんが1人でトイレへ行くため家族と離れる。

直後に山口もリュックを背負いトイレへ行き、心ちゃんを身体障がい者用トイレに連れ込んで片手で首を絞め殺害。遺体にわいせつ行為を働いて遺体を切断。リュックに詰めてトイレを出る。犯行時間は15分であった。

その間に心ちゃんが戻ってこないことに気づいた両親がトイレへ探しに行き、父親が犯行の最中である身体障がい者用トイレの扉をノックして山口が返事を返している。

山口がリュックに心ちゃんの遺体を詰めてトイレから出てきた際、心ちゃんの母親ともすれ違っている。後に母親は、山口の膨らんだリュックを不審には思ったものの心ちゃんが入るサイズではないと思いトイレを探したという。

午後8時頃、心ちゃんを探しても見つからないことで母親が警察に通報。山口は8時10分に心ちゃんの遺体をスーパーから約800メートル離れた坪井川の排水溝に遺棄した。

翌日の3月4日、スーパーのトイレ前及び付近のガソリンスタンドの監視カメラに映った、膨らんだリュックを背負い、自転車のスタンドが完全に上がっていない状態で必死に自転車をこぐ山口の画像が公開される。

警察の聞きこみ調査により、山口の元担任が山口であることを伝えたことで山口が捜査線上に浮上。

事情聴取で山口は容疑を認め、遺体を遺棄した場所を供述。同じ場所から心ちゃんの遺体が発見されたため同日午後に死体遺棄の容疑で逮捕、3月22日に殺人の容疑で再逮捕された。

司法解剖の結果心ちゃんの死因は窒息死であり、体に目立った外傷は見られなかった。

山口は動機として日頃から女の子の体に触りたいという欲求があり、実行に移したと供述している。

判決とその後

2012年10月17日に山口の初公判が開かれ遺族も参加。殺害時の状況を供述中に心ちゃんの父親が倒れて救急搬送される。

10月29日に山口へ無期懲役が言い渡され、弁護側が控訴するも棄却。上告も棄却されて2013年6月26日に確定した。