京都ALS安楽死事件

2020年07月

「高齢者は社会の負担」元厚労省官僚の優生思想による嘱託殺人

2020年7月23日、全身の筋肉が衰える難病「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)を患う京都市在住の女性患者(51)から依頼を受け、薬物を投与して殺害したとして、京都府警は宮城県名取市で開業する医師大久保愉一容疑者(42)と東京都港区の医師山本直樹容疑者(43)の医師2人を、嘱託殺人の容疑で逮捕した。

捜査関係者によると、医師らは、50代のALSの女性患者から依頼され、2019年11月、京都市の女性宅で薬物を女性に投与し、殺害した疑いがあるという。

被害者のものとみられるブログには「惨めだ」「生きたくない」と書かれていた。

難病の女性に頼まれ、薬物を使って殺害した疑いで医師2人が京都府警に逮捕された事件であり、医師の1人はホスピスを手がけ、「苦痛なく死なせてやることはできる」などと匿名でツイートしていたとされる。女性と医師2人はSNSで知り合ったという。

事件の経緯と動機

2020年7月23日、全身の筋肉が衰える難病「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)の女性患者から依頼を受け、京都市内の自宅で薬物を投与して殺害したとして、京都府警は宮城県名取市でクリニックを開業する=仙台市泉区在住の大久保愉一(よしかず)容疑者(42)と、東京都港区の山本直樹容疑者(43)の医師2人を嘱託殺人の疑いで逮捕し、発表した。2人は女性の主治医でなく、SNSを通じて知り合ったとみられる。

発表によると、2人は昨年11月30日午後5時半ごろ、京都市中京区のマンションでALS患者の林優里さん(当時51)に薬物を投与し、殺害した疑いがある。家にいたヘルパーには林さんの知人を装っていたという。府警は2人の認否を明らかにしていない。

大久保愉一容疑者は北海道出身で2003年に東北にある国立大学医学部を卒業。東北の複数の病院に勤めた後、2018年に仙台でクリニックを開院。クリニックでは主にメンタルケアや緩和ケアに力をいれ、ホスピスの運営も手掛けている。

捜査関係者によると、林さんは一人暮らしで、介護が24時間必要な状態だったが病状は安定していたという。ヘルパーが異変に気づき、連絡を受けた主治医が119番通報。搬送先の病院で死亡が確認された。検査で薬物反応があったため府警が捜査し、ふだん服用していない薬が投与されていたことがわかった。

司法解剖の結果、胃から鎮静作用がある「バルビツール酸系」の薬物の成分が検出され、死因は急性薬物中毒だった。女性は物をのみ込むことができず、栄養は胃ろうを通じて取っていた。

バルビツール酸系の薬物は、医療現場で抗てんかん薬や麻酔薬として使われるのが一般的だが、過剰に投与されると呼吸低下を招き、死に至る恐れもあるとされる。ある医師は「ALS患者への投与は危険性が高い」と指摘する。欧米では、医師による安楽死に使われることもあるという。

また、防犯カメラの映像などから2人が浮かび、山本容疑者側の口座に林さんの側から130万円が振り込まれていたことも確認されたという。

後述の通り、林さんのものとみられるブログやツイッターには「こんな姿で生きたくないよ」「安楽死させてほしい」などと書き込まれていた。一方、大久保容疑者のものとみられる匿名のツイッターアカウントには「死にたい奴に苦痛なく死なせてやることはできるのだが、後がめんどくさいからな」などと投稿があり、林さんが死亡した日の前後には、安楽死についての言及がたびたびあった。同容疑者は宮城県名取市の「おおくぼ呼吸器内科・メンタルクリニック」で院長を務めていた。

大久保容疑者の妻で、元衆院議員の大久保三代氏(43)は23日、名取市のクリニック前で報道陣の取材に応じ、容疑者が「よく県外へ短期間、医療行為をしに行っていた」と明らかにした。

「安楽死」を巡っては、末期がん患者に塩化カリウムを投与し、殺人罪に問われた医師への有罪判決(1995年、横浜地裁)で、例外的に延命中止が認められるケースとして、

①死が避けられず死期が迫っている
②耐え難い肉体的苦痛がある
③苦痛を除く方法を尽くした
④患者本人が安楽死を望む意思が明らか

という4要件が示された。

京都府警は今回の事案は死期が迫っているような状況になく、4要件を満たさない上、2人は主治医でない上、金銭を受け取った後に初めて訪れた、などとして「安楽死にはあたらない」と判断した。

大久保愉一の妻「私に隠れて行っていた」

大久保愉一(よしかず)容疑者(42)の妻で、元衆院議員の大久保三代氏(43)は2020年7月23日午後、大久保容疑者が院長を務める宮城県名取市内のクリニック前で報道陣の取材に応じ、大久保容疑者が県外へ「アルバイト」として医療行為に行っていたことを明らかにした。

大久保愉一容疑者(ブログから)

三代氏は、大久保容疑者が短期的に患者を訪問して医療行為をすることに批判的で、たびたび口論になっていたという。「最近は私に隠れて行っていた。(夫に対して)あきれている。被害に遭われた方に、申し訳ないと思う」と話した。

夫の逮捕報道を受け、ネット上のブログにも「夫がアルバイトなどで時間の切り売りをすることはずっと反対で、厳しく叱って参りました」「アルバイトを繰り返し、結果このような事態になったことが、とにかく言葉がみつかりません」などと投稿した。

Twitter(ツイッター)で安楽死に言及か

捜査関係者によると、大久保容疑者のものとみられる匿名のツイッターアカウントがあり、被害者の女性が死亡した2019年11月末前後に、安楽死についての投稿が度々あった。

11月20日に「安楽死外来(仮)やりたいなあ」、22日に「死にたい奴に苦痛なく死なせてやることはできるのだが、後がめんどくさいからな」と投稿。28日には「死に行く人の意思が尊重されない(家族の記憶に依拠したり、口裏合わせやり放題)のに人生会議なんかやってどうすんの。リビングウィルすら法制化できないこの国で。政府ってか国会もバカだよなあ」とつづっていた。

大久保愉一容疑者が開設したとみられるツイッターの投稿文

女性が死亡した後の12月11日には「警察が医療の妥当性を判断してパクるようになるなら、捜査七課とか8ケ課とかポストをつくって、安楽死を立件するかのジャッジとかすればよかろうもん」と記した。

大久保容疑者とみられるTwitterアカウントのフォロワーは約1万5000人。投稿では頻繁に「ドクターキリコ」について触れていた。ドクターキリコとは手塚治虫の漫画「ブラックジャック」に登場する、“死神の化身”の異名を持つ銀髪の医師だ。作中で、ドクター・キリコは死に直面した患者を、法律に触れない方法で安楽死させていく。

やっぱりオレはドクターキリコになりたい。というか世の中のニーズってそっちなんじゃないのかなあ(2013年4月10日)

刑法の本とかをかじったが、自殺幇助がなんで罪になるのかがよくわからん(2013年12月30日)

俺がもし開業するなら、ドクターキリコしかないなといつも思う。自殺幇助になるかもしれんが、立件されないだけのムダな知恵はある(2014年1月17日)

キリコ風のデバイスをアタッシュケースに詰めて、各地の家に『往診』して、取っ払い(現金払い)でカネもらって生きていきたい(19年6月)

ハコ(医療施設)を持たずにキリコ的に流浪の殺し屋をやるのが最適解。ただ、営業をどうやってやるのかが問題。ダークウェブに広告載せても、死亡診断書を渡すんだから身バレ間違いなしだからな(同年7月)

塀のなかで受験勉強でもして東大生になればリセットされるかなあ(2020年7月23日、事件前日)

などと、Twitter上で発言していたことも明らかになっている。

大久保容疑者が投稿したとみられるネット上のブログもあり、終末期医療のあり方について「逝くべきときは運命に抗(あらが)わずに逝く。そんな環境を用意したい」とも記されていた。

大久保愉一容疑者が書いたとみられるブログの6月4日の記事「当院のホスピス」の一部

ブログによると、大久保容疑者はクリニックにホスピスを設け、がんや難病の患者を受け入れていた。庭では薬草を栽培し、漢方薬を手作りしていたという。

2020年6月3日には、過去に受け持ったがん患者らから「苦しい治療は受けたくない」と言われる一方で家族からは延命を望まれ、治療を続けた経験を紹介。「『もうそろそろ、いいかな』という方には、撤退戦をサポートする そんな医者でありたい」と記していた。

その翌日の投稿でも、老衰の患者に家族の希望で胃ろうをつける事例を挙げ、「本人の意向がどれだけ反映されているのでしょうか」「(家族との別れを)単に先送りするのは誰のためなんだろう」などと記している。

三代氏によると、23日朝、捜査員がクリニックを訪れ、大久保容疑者を連れて出たという。捜査員はクリニックの家宅捜索もしたという。

「こんな姿で生きたくない」

被害者の女性(51)は、全身の筋肉が衰える難病「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)を患っていた。捜査関係者によると、女性のものとみられるブログがあり、ALS患者としての苦しみや悩みがつづられていた。

 「惨めだ。こんな姿で生きたくないよ。今更自分の姿を見てこんなこと言ってるのは私ぐらいだろうな。どうしようもなく弱いな」。2019年6月13日、「鏡の中の現実」と題して、鏡に映った自分の顔の様子を書いていた。

被害者の女性(51)のものとみられるブログ。2018年5月から始まり、19年7月以降は更新されていない。

「普通にしてるのに眉間(みけん)のしわの辛(つら)そうな顔。唾液(だえき)が垂れないようにペーパーと持続吸引のカテーテルもくわえ、操り人形のように介助者に動かされる手足」

入浴後に自力で服を着られず、介助を受けているときを振り返り、「自分では何ひとつ自分のこともできず、私はいったい何をもって自分という人間の個を守っているんだろう?」と記した日もあった。

更新が止まった2019年7月28日には、「緩和ケア医の先生方がなぜ安楽死議論をがん患者に的を絞って話されるかにいつも不満を感じていた」と打ち明けた。

ブログの自己紹介文によると、1968年生まれ。2011年に発症後、仕事を辞めて東京から関西へ。一人暮らしで24時間、ヘルパーに支えられて生活し、パソコンのスクリーン上に映したキーボードを視線で追って入力する「視線入力」を使っているとして、「海外で安楽死を受けることを望んでいる」と結んでいる。

難病のALS、根本的な治療法は確立せず

ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、脳から筋肉への指令が伝わらなくなる進行性の難病。筋肉を動かし、運動をつかさどる神経が障害を受けて、呼吸や手足などの筋肉が次第に動かなくなる。国内に約1万人の患者がいるが、原因や発症の仕組みはわかっていない。進行を抑える薬はあるが、根本的な治療法は確立しておらず、遺伝子治療などさまざまな研究が試みられている。現在、国内には約9千人の患者がいるとされる。ALS患者で重い障害を持つ舩後(ふなご)靖彦氏(62)が、2019年7月の参院選で「れいわ新選組」から初当選し、注目が集まった。

逮捕後

その後、大久保容疑者は、厚生労働省の元医系技官として約7年半働いていたことが判明。また、医師2人のうち一人は、「高齢者は見るからにゾンビ」などとネットに仮名で投稿し、高齢者への医療は社会資源の無駄、寝たきり高齢者はどこかに棄てるべきと優生思想的な主張を繰り返し、安楽死法制化にたびたび言及していたことも明らかとなった。

捜査関係者によると、大久保、山本両容疑者は殺害された林優里さん(当時51)の担当医ではなく、会員制交流サイト(SNS)を介して知り合い、直接の面識はなかった。

事件当日、両容疑者とみられる不審な男2人がマンションを訪れた後、林さんの容体が急変し、病院に搬送されて死亡が確認された。林さんの体内からは普段服用していない薬物が検出されたことで京都府警が捜査を始め、防犯カメラの映像などから2人を特定したという。

関係者によると、林さんは2011年ごろにALSを発症。死亡した当時声を出したり手足を動かすことができない状態だったが、意識は清明で、メールをやりとりすることは可能だったという。障害福祉サービス「重度訪問介護」を利用して1日24時間、ヘルパーから生活全般のケアを受けながら1人で暮らしていた。

女性は生前、「安楽死させてほしい」と周囲に話しており、大久保と山本の医師2人が女性の自宅を訪問し殺害に至ったとみられる。

扱いに困った高齢者を『枯らす』技術

大久保容疑者は、自身が経営するクリニックのブログで、自身の治療方針についてこう語っている。

私は、治療を頑張りたいという方はサポートしますし、「もうそろそろ、いいかな」という方には、撤退戦をサポートする そんな医者でありたいと思っています

また、大久保容疑者はペンネームを用いて電子書籍やマンガ原作も執筆している。そのひとつが「扱いに困った高齢者を『枯らす』技術 ー誰も教えなかった、病院での枯らし方ー」という電子書籍。共犯の山本容疑者は実名で共著者として名前を連ねている。

認知症で家族を長年泣かせてきた老人、ギャンブルで借金を重ねて妻や子供を不幸に陥れた老人。そんな「今すぐ死んでほしい」といわれる老人を、証拠を残さず、共犯者もいらず、スコップや大掛かりな設備もなしに消せる方法がある。医療に紛れて人を死なせることだ。
病室に普通にあるものを使えば、急変とか病気の自然経過に見せかけて患者を死なせることができてしまう。違和感のない病死を演出できれば警察の出る幕はないし、臨場した検視官ですら犯罪かどうかを見抜けないこともある。荼毘に付されれば完全犯罪だ。

同書の説明文より引用

トピック:安楽死

「積極的安楽死」日本は認めず

回復の見込みがなくなった人の死期を、医師が劇薬などを使って早めることは「積極的安楽死」と呼ばれ、日本では事実上認められていない。終末期の患者が、人工呼吸器や胃に管を入れる栄養補給などを望まず、延命治療を中止するのとは区別される。

前述の通り、積極的安楽死については1995年、東海大病院で起きた事件をめぐる横浜地裁の判決が、例外的に許される要件を示している。苦痛を取り除く方法がないケースは、医療の進歩により少なくなっている。

東海大病院の医師は、家族の要望を受けて患者に薬物を注射して死亡させたとし、殺人罪に問われた。2002年には、川崎協同病院(川崎市)で筋弛緩(しかん)剤により安楽死した患者がいたことが明らかになった。いずれも有罪が確定している。

これに対し、延命治療の中止は「消極的安楽死」とも呼ばれる。これについては、北海道立羽幌病院や射水市民病院(富山県)で、医師が人工呼吸器を外して患者が死亡したケースも論議を呼んだ。医師は殺人容疑で書類送検され、その後不起訴になったが、「刑事責任を問われかねない」という懸念が現場に広がった。

一方で、治る見込みがない患者・家族が治療をやめたいと希望する事例は後を絶たない。安楽死の議論も深まってはいない。

厚生労働省は2007年に終末期医療のガイドラインを策定。患者と医師らで十分話し合い、記録することを基本とした。日本救急医学会や日本老年医学会も治療や栄養補給を中止する手順を盛り込んだ指針を公表している。両学会の指針も、本人にとって最善の選択を医療チームで判断していくことに重きを置く。

条件付きで合法の国も

欧州ではオランダが2002年、世界で初めて国として安楽死を合法化した。患者に耐えがたい苦痛があり、回復の見込みがないことや、熟慮のうえの自発的な判断であるといった要件が定められている。

もともと、一定の手続きに沿えば医師が訴追されない「容認」の仕組みが90年代に導入されていたことも要因のひとつとして大きくある。米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンによると、当時の5年間にALSで亡くなった患者約200人のうち約2割が安楽死だったという。

合法化後も、要件が満たされていたかどうかの審査があり、訴追対象になることもある。欧州メディアによると、認知症で意思表示が難しくなった女性(74歳)の安楽死が事前の書面に基づいてなされた2016年の事例では、医師が殺人罪に問われた。しかし、最高裁は今春、問題なかったとの判断を示している。

ベルギーやルクセンブルクでも合法化されている。ベルギーでは2019年秋、ロンドン・パラリンピックの陸上女子100メートル(車いす)金メダリストが安楽死で死亡している。