ライフスペース事件(成田ミイラ化遺体事件)

犯人の「定説」、ミイラは生きていた

自己啓発セミナーのライフスペース主催者である高橋弘二は頭部を手で軽く叩き続けることが病気の治療になると宣伝していた。

1999年11月11日、千葉県成田市のマロウド・インターナショナル・ホテルでミイラ化した高齢男性の遺体が発見された。上記の方法を実施したことによる死亡であり、高橋や高齢男性の長男ら11名が逮捕された。

犯行の経緯や動機

ライフスペースは元々自己啓発セミナーであったが、主催者の高橋は宗教の指導者を意味するグルを名乗り「シャクティパット」という頭部を手で軽く叩き続ける行為で病気を治せるといった主張を始める。

これを信じた男性が脳内出血により入院中であった高齢の父親を病院から連れ出して高橋に「シャクティパット」を依頼。千葉県成田市のマロウド・インターナショナル・ホテルで高橋が実施したところ、男性の父親は死亡。高橋は遺体についてまだ生きていると主張、男性や周囲の人物も信じた。

1999年11月11日にホテル側が警察へ、4ヶ月以上も宿泊している不審な客がいると通報。成田警察署署員が該当する部屋を捜索して遺体を発見した。既に遺体はミイラ化していた。

また高橋は記者会見を開き「定説」として、警察がホテルに家宅捜索に入った時点では被害者は生きており、被害者は司法解剖によって死亡したこと等の主張をしたことからメディアで大々的に報道され、高橋の発言や「定説」という言葉が話題になった。高橋は他にも自らは汚れないため風呂や歯磨きが必要なく、食事を取らなくても死なない等の「定説」を唱えた。

高橋代表が語った定説には次のようなものがある。

・パワーが高ければ歯などみがく必要がない。なぜなら口臭が起きない。
・お風呂に入ることはない。なぜなら汚れない。
・私はそら豆オンリーしか食べない。
・グルとは、トマト、えび、そば、これらを少量ずつ食べながら死んでいくもの。
・私は何も食べなくても死なないというのは聞こえなかった?
・イギリスではグルのことを「The GURU」と言います。インドに近いもんで。
・定説とはイコール病気。定説とはイコール「The GURU」

翌年に高橋弘二と男を含む11名が保護責任者遺棄致死で逮捕された。

高橋は殺人罪、長男が保護責任者遺棄致死で起訴されて残りの9名は起訴猶予となった。

判決とその後

裁判でライフスペース側は無罪を主張。

2001年9月28日、長男に懲役2年6ヶ月執行猶予3年の判決が言い渡され、控訴せず確定した。

高橋は裁判でも「定説」を訴えて争ったが懲役15年を言い渡され控訴、2審では不作為犯と認定されて懲役7年の判決となった。高橋は上告したが棄却され、2005年7月4日に懲役7年が確定した。

2011年12月、ライフスペース関係者は「千葉成田ミイラ事件①の再審支援の会」を発足、高橋の再審請求へ向けて毎週都内でシンポジウム等を開催。

2012年1月、当会は事件のきっかけは弁護士にあると主張して該当弁護士の懲戒請求を行ったが却下、そのため2014年7月14日には日本弁護士連合会に異議申立を行っている。