舞鶴高3女子殺害事件

川で遺体発見、犯人に繋がるもの見つからず

2001年11月17日、舞鶴市田中町の志楽川で行方不明の高校3年生、新谷茜さん(18才)の遺体が発見された。

遺体は首や胸を鋭利な刃物に刺された状態で、他殺と自殺の両面で捜査が行われているものの、現在まで犯人はみつかっていない。

2008年にも同じく舞鶴で女子高生殺人事件(舞鶴高1女子殺害事件)が起きたことで話題になった。

現在まで犯人は判明していない。

犯行の経緯や動機

2001年11月5日、高校3年生の新谷茜さん(18才)が京都府舞鶴市田中町の路上で一人歩いているところを目撃されたのを最後に行方不明になった。

目撃情報によると、茜さんは同日午前10時30分頃に学校を早退し、電車で東舞鶴駅へ向かう。

待ち合わせていた彼氏のバイクに乗り国立舞鶴工業専門学校に行く。

この場所で中学校時代の後輩に目撃される。午後5時頃、茜さんが安岡町の友人を訪ねるが不在であった。

その後近くの公園でブランコに乗っているところを小学生2人が目撃している。

午後5時30分頃、被害者が田中町の道路を歩いているのを知人に目撃される。

同日午後7時~8時頃が死亡推定時刻とされる。

翌日11月6日、嵐を思わせる勢いで雨が降り続き、川が増水する。

茜さんの父親により舞鶴東警察署に捜索願が出される。警察は同年代の家出人が多いことから、早くて1ヶ月、遅くて1年後でないと対応できないと伝える。

茜さんが死亡したと思われる5日から12日後の11月17日、公開捜査が行われ、舞鶴市田中町の志楽川の田中橋付近で新谷茜さんの遺体がうつ伏せで浮いている状態で発見される。

首や胸を鋭利な刃物で複数切られた状態で、うち首の刺し傷は気道にまで達していた。防御創はなく、衣服のボタンは取れていたものの、乱暴された形跡はなかった。

死因は血液を肺に吸い込んだことによる窒息死と判断される。

遺体発見現場の上流や下流で茜さんの所持品、通学電車の定期券や化粧用コンパクト、弁当用のフォークやポーチなどが見つかっている。

しかし茜さんがいつも持ち歩いていたかばんや財布、鍵などは見つかっておらず、京都府警は物取りの犯行として捜査を開始した。

その後、防御創がないことや、外傷が全て自分でつけられる範囲にあることから、他殺と自殺の両面で捜査が行われる。

その後

現在も犯人は捕まっていない。