マツダ本社工場連続殺傷事件

離婚訴訟のトラブルから妻の代理人の弁護士を逆恨みして刺殺

マツダ本社工場連続殺傷事件は、2010年(平成22年)6月22日に広島市南区及び安芸郡府中町にあるマツダ本社工場で発生した通り魔事件である。

この事件で12人が被害に遭い、1人が死亡、11人が重軽傷を負った。

犯行の経緯や動機

2010年(平成22年)6月22日午前7時35分ごろ、広島市南区仁保沖町のマツダ本社宇品工場の東正門前で、ファミリアS-ワゴンに乗った犯人が2人をはねた。警備員の制止を振り切って敷地内に進入、周回して5人をはねた。

さらに社内橋東洋大橋で猿猴川を越え、800m離れた本社工場にも侵入し4人をはねた。工場内を約10分間、距離は約5km、平均時速約40kmで暴走し、7時45分ごろ、南区大州の北門より逃走した。

犯人は北門逃走より40分後、北東に4.6kmほど離れた府中町畑賀峠(瀬戸ハイム上)で「わしがやった」と110番通報。

駆けつけた警察官が、殺人未遂罪及び包丁を隠し持っていたとして、8時23分に銃砲刀剣類所持等取締法違反で現行犯逮捕した。

工場の始業は午前8時15分であり、事件の起きた時間は丁度、夜勤と日勤の従業員が入れ替わる時間帯であった。

現行犯逮捕された被疑者は同市安佐南区上安二丁目に住む42歳の派遣社員の男で、マツダの元期間従業員だった。

マツダによれば、犯人は2010年(平成22年)3月25日に6ヶ月契約の期間社員として入社、4月1日から同工場でバンパーの製造業務に当たっていたが、14日になって自己都合退職した。

男はマツダ工場で同僚から集団ストーカー行為をされたとして、マツダが嫌がらせを止めなかったので、マツダに復讐しようとしたと供述しているが、警察の捜査では嫌がらせの事実は確認できず、被害妄想による思い込みと判断された。

犯行現場ではブレーキ痕がほとんど発見されておらず、ファミリアS-ワゴンはフロントガラスが大きく破損し、ボンネットも変形しているという。

また「2008年(平成20年)6月8日の秋葉原通り魔事件のようにしてやろうと思った、マツダの従業員なら誰でもよかった」などと供述している。

犯行前には知人に対して「僕は負け組」などと述べるなど精神的に不安定な状態にあったとされる。6月23日に男は殺人未遂と銃刀法違反の疑いで広島地方検察庁に送致された。

男は秋葉原通り魔事件の年に自己破産している。アパートには4月から干したままの洗濯物などもあり、生活にかなり困窮していたのではないかとされている。

判決とその後

本件では男は殺人罪に問われたが、裁判上、男の責任能力が争点となることが予想されたため、度重なる精神鑑定要請が行われ、結果として起訴が2011年10月、一審の初公判が2012年1月26日と、裁判の開始が大幅に遅れることとなった。

一審は裁判員裁判となったが、その審議過程で被告人が被害者遺族に支払われた保険金を要求するなどの特異な行動が明らかになっている。

2012年(平成24年)3月9日、広島地方裁判所は被告人の完全責任能力を認め、求刑通り無期懲役の判決を下した。

この判決に被告は「『マツダ従業員による嫌がらせ』が『妄想』と判断されたこと」を不服として控訴した。
2013年(平成25年)3月11日、広島高等裁判所は「被告に殺意があり、完全責任能力があると認めた一審判決に不合理があるとは認められず、法令適用の誤りもみられない」として、被告側の控訴を棄却した。

2013年9月24日、最高裁判所は被告人の上告を棄却し、一審・二審の判決が確定した。

事件発生により、工場は一時操業停止したが、同日9時に操業再開した。

社内には5箇所献花所が設けられた。事件の翌日の23日に行われた株主総会で警備体制に対する意見が出て、事件の再発防止に全力を尽くす方針を示した。

それに関連して、入退場に対する警備強化をする方針であると報道された。また、事件発生の22日よりCMを自粛していることが24日に判明した。