松本聖香さん(10歳)虐待死

母親が大阪市中央児童相談所に相談も、相談所に記録なし。

2009年4月7日、大阪府大阪市西淀川区の小学4年生の松本聖香(せいか)さん(10歳)が行方不明となり、親によって家出人捜索願が出され、大阪府警が捜査した。

その後、母親の松本美奈(34歳)と同居人の小林康浩(38歳)、知人の杉本充弘(41歳)の3人を任意で事情聴取。小林が「女児が家のベランダで死んだので、遺体を奈良県に埋めた」と供述した。

4月23日、奈良県奈良市の山中にある墓地で、供述通り女児の遺体が見つかった。それを受け、松本と小林、杉本の3名が死体遺棄容疑で逮捕された。

聖香さんの顔には、生前の1月中旬からアザがあることを被疑者に追及すると、聖香さんは松本と小林から日常的に虐待を受けていたこと、また、3月下旬以降は小林によって聖香さんが、ベランダに頻繁に放置されていたことが判明した。

事件の経緯

松本と小林は、2009年3月中旬以降、聖香さんに対して木刀やプラスチック製バットで殴打する、ドアに叩きつけるなどの非常に激しい折檻を毎晩長時間にわたって深夜まで加え続けていた。

また、毎晩ベランダに締め出し、寒空のもと防寒・寝具なしで寝ることを強要した。

被害女児は硬く冷たい床にシート1枚という劣悪な環境下に連日晒された。そのため睡眠がまったく取れず異常な睡眠不足状態に陥り、室内で行われた折檻の途中に眠りに落ちてしまうこともあった。

これが松本と小林の怒りを買い、虐待はさらにエスカレートした。 

聖香さんの1日の食事は、残り物の白米で作った塩などの味付けの無いおにぎり1つのみ、もしくはバナナ1本のみしか与えられず、慢性的な栄養失調状態であった。

また、水分摂取も著しく制限された。水分は1日に500mlしか受け取ることができず、これは1日の必要量を大幅に下回る。

さらに、被害女児は喘息を患っていたにもかかわらず、喘息の薬を一切受け取れなかった。

この食事制限および水分制限は毎日のことで、そのため被害女児は連日寒さに凍えながら異常な空腹と喉の渇きに苦しみ、喘息の発作を起こしても薬も与えられず水も飲めないという激しい苦痛に晒され続けた。

検察をして「9歳の女の子が一身に受けるにはあまりにも強烈な虐待で、被害女児の味わった苦しみは想像に余りある」と言わしめた一連の激しい虐待により、やがて被害女児は酷く衰弱し、立つこともままならなくなってしまった。

トイレに行きたくてもトイレまで行くことができず、失禁が度重なった。

被害女児が衰弱死した前夜も、衰弱しきっている被害女児に対し、置き去り(失禁)、殴打・平手打ち、正座の強要、ナイフによる恫喝、玄関からの締め出し、ベランダへの放置という苛烈な虐待が行われた。

死亡した当日の被害女児は、肌着1枚の上に直接スウェットの上下に裸足という冬の寒さには到底耐えられない服装でベランダに放置されていた。

4月5日、ベランダで衰弱死している被害女児を小林が発見し、遺体を山中に埋めた。

学校・児相の不十分な対応と支援

聖香さんが通っていた大阪市立佃西小の堀一信幸校長と大阪市教委の永井哲郎教育長が24日午前、同校で相次いで記者会見。永井教育長は「学校がもっと強く踏み込んだ対応を取っていれば、最悪の事態は避けられたと思う」と苦渋をにじませた。
 
学校側の説明によると、聖香さんは今年1月16日、左目の下にあざをつくって登校。養護教諭に「お父さんに殴られた」と打ち明けた。このため担任教諭が母親の松本美奈容疑者に確認したところ、「殴っていない。何かにぶつかったのだろう」と答えたという。
 
また、聖香さんは3月11日から長期の欠席を続けていたが、学校は電話で面談を申し入れただけで、直接訪問はしておらず、市教委や児童相談所にも連絡していなかったという。
 
一連の経緯について、堀一校長は「聖香さんは転入から間がなく、家庭環境も把握していなかった。学校として見守るつもりだった」と釈明したうえで、「今となっては、もう一歩踏み込めなかったのかと後悔している」などと話した。
 
こうした同小の対応を、市教委は「長期欠席の児童に対して家庭を訪問しなかったこと、市教委への報告が遅れたことは不適切と言わざるを得ない」としている

出典:産経新聞 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/244414/

松本容疑者も虐待を容認する一方、悩んでいた可能性を示す事実もわかった。

捜査関係者によると、聖香さんへの虐待について、小林容疑者が「しつけのためにやった」と供述。

小林容疑者の長男(6)も「お父さんがたたいたりベランダに出したりした」と小林容疑者主導を裏付ける証言をしているという。

また、今年1月まで同居していた聖香さんの双子の妹(9)は同小の教諭に「今のお父さん(小林容疑者)にたたかれる。ご
飯を食べさせてもらえない。お母さんは黙っている」と説明していた。

しかし、松本容疑者の携帯電話の通話記録から、聖香さんを遺棄する3日前の4月3日午後、大阪市中央児童相談所に約5分間電話していたことが判明した。

相談所に記録はなく、職員も覚えていないことから内容は確認できないが、聖香さんへの虐待について何らかの相談をした可能性もあるとみられる。

出典:産経新聞 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/244414/

判決

5月13日に3人が死体遺棄罪で起訴され、6月10日に松本と小林の2人は保護責任者遺棄致死罪で起訴された。2人の殺人罪での起訴を見送った理由として、2人が被害女児をベランダに閉め出した後も毛布や食事を与えていたことから殺意の認定が困難としたためである。

死亡に関与していなかった杉本は死体遺棄罪で起訴され、2009年9月4日に大阪地方裁判所は杉本に対して懲役2年6月執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

2010年7月に大阪地方裁判所で裁判員裁判が開かれ、7月21日に大阪地方裁判所は松本に対して懲役8年6ヶ月の判決を、小林に対して懲役12年の判決をそれぞれ言い渡した。

どうしたら誰も死なずに済んだと思いますか。