免田事件

史上初「死刑から無罪」となった冤罪事件

免田事件とは1948年(昭和23年)12月30日に熊本県人吉市で起こった殺人事件であるとともに、同事件の被疑者に死刑判決が下されたのち、再審で無罪が確定した冤罪事件でもある。

元死刑囚・免田栄さんは史上初めて「死刑台から生還」した人物として知られる。

免田さんは、自分が犯人にされたのは、人吉署の益田刑事が売春の手伝いをしているのを知ってしまったからだと主張している。

事件の経緯と詳細

1948年12月30日午前3時ごろ、熊本県人吉市で祈祷師夫婦(76歳男性・52歳女性)が殺害され、娘2人(14歳と12歳)が重傷を負わされ、現金が盗まれるという事件が発生。

現場検証から犯行時刻は12月29日深夜から翌12月30日午前3時の間とされた。翌1949年1月13日、警察は熊本県球磨郡免田町(現・あさぎり町)在住の免田 栄(めんだ さかえ、1925年11月4日生まれ、当時23歳)を、玄米を盗んだ罪で緊急逮捕した。

狙いは祈祷師殺しでの立件のためであった。

同月16日には殺人容疑で再逮捕した。

逮捕からの3日間あまりの間、警察は免田さんに睡眠を許さず、正座を続けさせるという拷問と脅迫を加え、自白を強要した。

そして同月28日には強盗殺人罪で起訴。免田は第1審の第3回公判で自白は拷問で強要されたものであり、事件当日には「事件のあった12月29日の夜は丸駒という遊郭に宿泊していました」と述べ、アリバイがあるとして無罪を主張。

警察はアリバイの捜査を行うが、アリバイ証言について聞き入れないばかりか、未成年であったアリバイ証人を見逃す代償として「一緒にいたのが翌日」というように証言を誘導させた。

また、検察は証拠品である凶器の鉈、免田さんが犯行時に着ていて血痕が付着していたとされる法被・マフラー・ズボンなどを廃棄した。

1月16日、窃盗容疑について一旦保釈されたものの、免田さんはわずか2時間後に本件の殺人事件の容疑者として再逮捕され、再び拷問的取り調べを受けることとなった。

そして、「丸駒に宿泊したのは29日ではなく30日だった」という「自白」を強要され、そのように供述調書が作成された。

免田さんは一審の第3回公判から無罪を主張したが、一旦殺害を認めた免田さんの主張を裁判所は聞き入れることはなく、1951年(昭和26年)12月25日に最高裁が上告を棄却。

事件から3年後となる1952年1月5日、免田さんの死刑が確定してしまった。

裁判とその後

1950年3月23日、熊本地裁八代支部は死刑判決を言い渡した。免田さんは控訴するが1951年3月19日に福岡高裁は控訴を棄却。さらに免田さんは上告するが、同年12月25日、最高裁は上告を棄却し、1952年1月5日に死刑が確定した。

1968年、国会に死刑囚に対する再審特例法案が提出されるも翌年の1969年に廃案。

その代わり、当時の法務大臣である西郷吉之助が、GHQ占領下で起訴された死刑確定事件6件7名に対して特別恩赦の検討を約束。免田さんに対しても特別恩赦が検討されたが実現しなかった。

免田さんは再審請求を行うが、第5次請求まですべて棄却された(第3次請求は熊本地裁で再審の開始が決定されたものの、検察の即時抗告により高裁で取り消された)。

そして、最高裁で第6次再審請求が承認されたのは、さらに約20年後となる1980年になってのことであった。

再審ではアリバイを証明する明確な証拠(免田さんが12月29日に1100円を支払い、娼婦に300円、店主に800円が入った記録が残された店主の手帳)が提示されたことや、検察側の主張する逃走経路に不自然な点が見受けられたこと(12月30日に免田さんが友人宅に宿泊に向かっていた途中で会った知人が証言。出会ったのは米の配給日だったと証言し、それが実際の配給日と一致した。)などが指摘され、1983年7月15日、発生から34年6か月後、死刑囚に対しては初となる再審無罪判決が言い渡されることとなり、免田さんの即日釈放が命じられた。

しかし、逮捕当時23歳だった免田さんは、既に57歳になっていた。

刑事補償法に基づき、死刑確定判決から31年7か月の拘禁日数12,599日に対して免田に9,071万2,800円の補償金が支払われた。

なおそれまでに、警察・検察は、いずれも免田が真犯人だとして本事件の再捜査を行わなかったため、真犯人は検挙されず、本事件は公訴時効が成立しており、未解決事件となった。

その後

無罪が確定されたにもかかわらず、その後の免田さんに対する批判が続いた。

当時としては桁違いである多額の補償金の使い道、出所後の行動(女性関係など)を週刊誌が報道したりした。

落語家・立川談志は1989年6月1日未明放送のテレビ朝日『プレステージ』で「昔の法務大臣に聞きましたよ。『やってねえわけねえ』んだってね」と話し、11の市民団体がテレビ局に抗議文を送る騒動となった。

老いた母の待つ熊本へ戻った免田さんであったが、村人からは「やっぱり犯人ではないか。無実なら誰がやったのか」「刑事補償金と裁判費用が1億円も入ったらしいな」と、狭い街の中で偏見と闘い続けることを余儀なくされ、結局、他の市へ引っ越すことになった。

その後、談志が謝罪。また、週刊朝日など数社の週刊誌が、「あの人は今」のようなコーナーで写真つきインタビューを掲載した。刑事補償金の半額以上を弁護団や支援団体に謝礼として渡したこと、拘置所にいた間は年金に加入できなかっために年金を受け取っていない状態であること、無罪確定後に結婚した妻と2人で細々と暮らしていること、ほぼ毎日釣りに出かけていること、無罪確定から数十年を経た現在も社会には偏見があり、なかなか一般の人との付き合いは難しいことなどを報道した。

ある死刑廃止運動の会合で免田さんは佐木隆三に出会う。佐木の著書「曠野へ – 死刑囚の手記から」に登場した実在の死刑囚、川辺敏幸と同じ拘置所だったこと、さまざまな死刑確定囚を見てきたが、川辺ほど竹を割ったような性格の男はいなかったことなど発言。また川辺も佐木に、拘置所のソフトボール大会で免田と楽しんだ思い出を語っていた。

免田さんは複数の著書を出版しており、それらの中で自身の体験をつづるとともに、死刑制度の廃止を主張している。また、現在は人権の大切さを訴える講演を全国各地で行っている。2001年には、フランスのストラスブールで行われた第1回死刑廃止世界会議に参加した。また、2007年には国際連合本部(ニューヨーク)で行われたパネルディスカッションにおいて自らの主張を訴えた。

そして、2009年5月、死刑囚として拘置されていた間、国民年金納付の機会を失ったとして、総務省に対し、年金受給資格の回復を求め、申し立てた。2013年6月に「死刑再審無罪者に対し国民年金の給付等を行うための国民年金の保険料の納付の特例等に関する法律」(免田法)が議員立法で成立。同法に基づき、死刑確定で収監中に国民年金制度が開始されてから出獄までの約34年分の未納保険料約180万円を2013年秋に一括して支払い、それ以前に受給していたはずの年金を一時金として受け取り、2014年から国民年金が給付されている。

2010年2月、NHK教育テレビジョンでETV特集「裁判員へ〜元死刑囚・免田栄の旅〜」が放送された。

2019年9月、熊本大学附属図書館(熊本市中央区)において、免田の再審裁判資料、獄中で使用した六法全書、家族や支援者への手紙など14点を展示する「『地の塩』の記録 免田事件関係資料展」が開かれた。初日の9月17日には免田夫妻のトークイベントが行われた。

この事件は、警察が当初から免田さんを犯人と決めつけて捜査を行ったことで、他の容疑者を発見できず、もちろん犯行の動機や目的なども不明なまま、永久の未解決事件となった。