三重県オールナイト営業

三重県内のパチンコ店が40時間営業⁉

三重県のみで行われているオールナイト営業とは

年末の12月31日午前9時~1月2日午前1時(夜中の1時まで)

パチンコ・スロットを遊戯することができます。

※お店によっては異なるところもあるかもしれません。

40時間営業⁉

朝の9・10時~夜22・23時までのところが普通ですよね。

このようなことが何故許されているのかを、調査してみました。

何故、夜中も営業ができるのか

パチンコホールの営業に関する決まりは「風適法」という法律で決められています。

そこには,深夜0時~朝6時の間は営業をしてはならないとはっきり決められています。

なんで、三重県だけできるんですかね⁇

実は、風適法よりも各都道府県の条例の方が優先されるからです。(条例>風適法)

三重県の条例:12月31日朝9時~1月2日25時(最大40時間)は特殊な事情があるために営業許可

特殊な事情?何か事情があるんですね。

特殊な事情を調べてみました

特殊な事情とは、意外かもしれませんが「伊勢神宮」が関係しております。

ん、伊勢神宮?パチンコとは程遠いように感じますよね。

年末の伊勢神宮といえば、初詣の参拝客で50万人以上が来るといわれております。

かなり昔の話ですが、大晦日に伊勢神宮のある伊勢駅前のパチンコ店には、トイレを借りる参拝客が多くいたそうです。

しかし、深夜12時以降は中々トイレが周りに無く、不便だったとか…

そこでパチンコ店側が県側に営業時間の延長をお願いし、伊勢市から延長営業が始まりました。

その後、県内全域に広がったというのがオールナイト営業の始まりと言われております。

参拝客にトイレを貸すとなれば、県側も承認せざるを得なかったんですかね…

全国唯一ということでかなり人気

40時間もぶっ通しで遊技ができ、なおかつ勝利をおさめることができるのであればパチスロ・パチンコファンにとっては、まさに夢の祭典なのである。

しかし、これだけのお客さんが来店されるため、スロットの設定やパチンコの出玉は良くないと言われております。また負け額も普段の数倍になることも!

行かれる方はお気を付けて…