三島女子短大生焼殺事件

強姦の後に生きたまま火をつけた犯人、死刑へ

2002年1月22日深夜、覚醒剤を常習的に乱用していた服部純也(29歳)は三島市青木・国道136号沿いの路上で、帰宅途中に偶然鉢合わせした通りすがりの被害者女子短大生(19歳)を拉致し、函南町内の山中で強姦、市道路肩で「覚醒剤を打つのに邪魔になった」という理由で女子短大生を殺害することを決意し、自宅から灯油を持参して生きたまま灯油をかけ、焼き殺した。

「殺害された被害者数が1人で経済的利欲目的ではない殺人事件」の刑事裁判でおいて、殺人で服役した前科のなかった被告人に死刑判決が言い渡された。

犯行の経緯や動機

2002年1月22日深夜、服部は仕事後に同僚らと三島市内の居酒屋で飲食し、乗用車で帰宅中、自分の弁当箱忘れたことに気づき、取りに戻る最中、同じ方向を自転車で走行していたアルバイト先から帰宅中の女子短大生(19才)を見つけ、声を掛けた。

全く相手にされなかったが、なんとか関係を持ちたいと考え、先回りして三島市青木の国道136号沿いの駐車場で降車、人気のない暗い歩道にて被害者を待ち伏せた。

服部は被害者の前に立ち塞がって自転車を止めさせ、被害者に年齢・氏名・学校などを尋ねた。

さらに被害者の背中を押して自転車ごと車の側まで連れて行き、再び執拗に被害者を誘ったが、大声を上げて服部から逃げ出そうとしたため、後ろ襟をつかんで被害者を引き倒した。

被害者が抵抗して悲鳴を上げたため、Hは被害者を強姦することを決意して被害者の口を手で塞いで静かにするよう脅した。

後部座席に被害者を押し込み車を発進、函南町軽井沢まで車を走らせた。

被害者が乗っていた自転車は駐車場の奥に投げ捨てた。

山中に到着すると後部座席に移動し、警察に通報したら殺すと脅迫し、被害者女性を全裸にして強姦した。

再度口止めし、車内に監禁したまま三島市内へ、被害者を解放する人気のない場所を探して走り回り、自転車を処分しようと拉致現場に戻って荷台に積み込んだが、通報されて刑務所に戻ることに不安を募らせ、被害者を殺害することを考えついた。

日付が変わった頃、服部は三島市内の工事現場に到着で被害者を縛った上で道路に座らせ、灯油を浴びせてライターで点火、炎が燃え広がる様子を確認し、車で逃走。被害者は全身火傷により死亡した。

翌日には普段通り出勤し、退勤後に被害者の自転車を狩野川に投棄した。

被害者女性の両親は子供が帰宅していないと捜査本部に連絡した。

服部は、2日後に覚醒剤を使用した上で無免許運転し、当て逃げ事故を起こし、運転していた男性と同乗の女性に怪我を負わせた

2002年2月28日、服部は車検証を持って出頭、懲役1年6月の有罪判決が下された。

2002年7月11日、服役中の服部に本件犯行の嫌疑をかけた捜査本部は服部に唾液を提出させ、DNA型を鑑定したところ現場の遺留物と一致、同日、服部を逮捕した。

服部は2002年8月になって被害者の殺害について具体的な供述をして容疑を認め、2002年8月13日、服部を殺人容疑で再逮捕した。

判決とその後

2004年1月15日、被告人に無期懲役判決が言い渡された。

当時は、被害者が一人で殺人の前科がない場合は、死刑判決を避ける傾向があった。

地検・被告人ともに量刑不当を理由に控訴。

殺害方法の残忍さに加え、仮釈放後9ヶ月で犯行に及んだ点などから、2005年3月29日に死刑判決が言い渡され、上告するも棄却、死刑判決が確定した。

2012年8月3日、服部純也の死刑が執行された。