長野・愛知4連続強盗殺人事件

独居老人ばかりを狙った強盗殺人犯、逮捕後に別の殺人事件への関与も自供

2004年4月から9月にかけて、長野県飯田市、高森町などで独居老人ばかり3人が殺される事件が起こった。

9月13日、住所不定無職・西本正二郎(当時29歳)を逮捕。西本はさらに同年1月にもタクシー強盗で運転手を殺害したことも自供。金銭目的で計4人を殺害していた。

事件の概要

▽2004年4月27日、長野県飯田市の島中実恵さん(77歳)が自宅で絞殺された。現金や貯金箱も奪われていた。

▽8月14日、長野県高森町の加藤仁さん(69歳)が自宅前で倒れているのが発見される。胸を刃物で刺されていた。やはり現金を奪われていた。
 
▽9月8日、高森町のパート従業員・木村あい子さん(74歳)の刺殺体が自宅で発見される。胸など数ヶ所を刺されており、現金6000円が取られていた。玄関や勝手口、窓はすべて施錠されており、訪問者の応対をした際に殺害されたと見られた。

殺害された島中さん、加藤さん、木村さんはいずれも1人暮しの高齢者。同町は若者の流出などで、65歳以上の1人暮しが230人にもなる。高森町ではもう58年も殺人は起こっておらず、飯田署管轄内でも過去10年以上「殺人」がなかった。このため平和だった町は一気に恐怖と不安に包まれた。

9月13日、飯田市内の会社員(当時56歳)宅で、泥棒の警報器が鳴ったため、捜査員が急行すると、現場付近に泥で汚れた不審な男がいたために職務質問した。男はまもなく窃盗、住居不法侵入容疑で逮捕された。その男の名は住所不定無職・西本正二郎(当時27歳)。詳しく追求すると、長野で起きた3件の高齢者殺しについて自供し始めた。さらに同年1月にも愛知県春日井市でタクシー運転手を殺して、売上金を奪ったことも自供した。

ちなみに、死刑判決後「まだ話していないことがある」と第5の殺人をほのめかす供述をしたが、これは虚偽であったことが後に判明している。

犯行の経緯と動機

西本正二郎の生い立ち

西本正二郎は飯田市で生まれた。母親は地元では有名な弁当会社社長の娘で、父親はそこの社員だった。生活ぶりは裕福だった。その後、父親が東京に単身赴任となり、実質母親に育てられる。
 
小学6年の時、家の新築のため市内の別の小学校に転校。体格は良かったが、元来の気の小ささのため友達がうまくつくれなかった。このため同級生たちに現金を渡して、家に遊びに来てもらおうとしたこともあった。友人が家に訪れると、サバイバルナイフやエアガンを自慢気に見せた。この頃から父親は西本に暴力をふるうようになり、幼い彼は妹に当り散らした。親類が妹を預かりに来るほどの暴力だったという。

中学に入学してからも学校は休みがちだった。当然、学校のの成績も芳しくなかった。ある時、西本は友人に「僕は死にたい。生きとってもしょうがない」と打ち明けたことがあった。またある時は常に学校に持参していたサバイバルナイフで自分の腕を切った。血が出ても、彼は動じず、自分で縫合をした。

中学3年の時、両親が離婚し、西本は父方につく。中学卒業とともに森林整備会社に就職する。山の斜面に落石防護ネットを張る作業で、始めは真面目に勤務していた。

しかし、18歳になって車を購入してからの西本の働きぶりと言えば、手を抜き、よく欠勤するなど上司・同僚の印象の良いものではなかったという。

21歳で整備会社を退職。その後、別の土木会社などを転々とする。

2002年8月、西本は交通事故で腰椎椎間板ヘルニアを患い、2年ほど勤めた会社を退職した。会社を辞めてからは市内のパチンコ店に入り浸り、借金は数百万円にまで膨らんでいた。

2003年3月22日、3月分の家賃を支払わないまま飯田市のアパートを出て、とりあえずの寝場所を確保しようと飯田市内のレンタカー会社営業所から乗用車を4日間の契約で借りた。

レンタカーで西本は職探しのために愛知県をやって来た。住みこみで働けるところを探したが、腰痛で力仕事が出来なくなった西本に合う求人はなかなか見つからなかった。すぐに見つかるだろうと踏んでいた西本は、寝場所でもあったレンタカーを返すこともなく、返却期限が来てもそのまま車での生活をするようになっていた。

5月、家財道具や自家用車を売って手にした金も底をつき始め、飯田市の民家に空き巣に入る。この時、100万円近い現金を盗み出した。一気に大金を手にした西本は鹿児島まで旅行に出かけている。その後にも空き巣を何度か行い、中古車まで購入した。以後、レンタカーを放置し、中古車での生活に切り換える。

この頃、西本は地元のクラブのママ・A子さんのもとに足繁くようになった。A子さんには夫がいたが、美しい女性だったため、にしもとは夢中になっていた。西本は「飯田の有名企業家の息子」を名乗り、派手に飲んでいたようだ。一方、A子さんは派手だったが、実は金はあまり持っていなかった。夫は消費者金融から金を借りていたが、その返済にこまっていた。そして「金持ちの息子」であるように見える西本と親密になるようになっていく。

9月頃、西本が借りっぱなしにしていたレンタカーは松本市内で発見された。レンタカー会社はこの件で、「延滞料・修理料など120万円が支払われていない」と飯田署に相談していた。

また同じ頃、西本は以前住んでいたアパートの一室に空き巣に入り、計1020万円もの大金を奪った。ホームレス状態だった西本はこの空き巣事件後は、高級腕時計を買い、パチンコに明け暮れ、バーなどで豪遊するようになっていた。エアロパーツやオーディオなど、愛車であるパールホワイトのセドリックの改造にも100万以上かけた。県内の山道をドリフトでとばす走り屋だった。

こうして9月に手にした1020万円は12月にはもうなくなっていた。だが金を使い果たしても、1000万円を楽に入手できた西本にとって、もはや「真面目に働く」という選択肢はなかった。無くなれば、また取ればよかったのだ。

強盗殺人犯に

2004年1月13日、愛知県名古屋市にやってきていたが、車のガソリンも尽きかけていたため、自転車を盗んでひったくりを図ろうとする。ところがターゲットがいなかった。しかも、パチンコ屋でトイレを借りてる間に自転車を盗まれてしまう。途方にくれた西本が目をつけたのはタクシーだった。

JR名古屋駅から乗車し、春日井市まで行き、到着するとlこのタクシーの運転手・湊保雄さん(59歳)の首を切り殺害。売上金約18000円を奪った。湊さんが死ぬ間際に言った、「俺の人生も終わりか」という言葉がいつまでも西本の耳に残った。

この頃、A子さんは夫と離婚。西本は高森町にあるA子さん宅に転がり込んだ。A子さんは自分の店を持つようになり、これを西本は手伝うなどしていた。

4月26日午後8時頃、金欲しさに飯田市の島中実恵さん宅の居間にあがりこみ、島中さんを絞殺。現金1万5000円と貯金箱を奪った。西本と島中さんは顔見知りで、前年5月に駐車場を借りると偽り、車庫証明の書類を書いてもらったことがあった。

5月20日、島中さんが車庫証明の書類を書いた際、西本のサインを残していたことから、飯田署に呼ばれ事情を聞かれた。任意で車内も調べられたが、それ以上は西本を追い詰めるようなことはしなかった。これは別の容疑者が浮上したことも関係しているのだろうが、これは後述する。

この時、飯田署は同時に前年相談があったレンタカー会社の延滞料・修理代について事情を聞き、西本は分割で月3万円ずつ支払うことで会社側と示談した。しかし7月になっても支払われなかったことから、飯田署は再び西本に厳しく注意した。会社側からも「不払いの時は訴訟も辞さない」と言われていたので、「払わないと2件の強盗殺人がばれる」と西本もあせった。

8月、西本はレンタカー会社に「来週支払う」と電話。

西本は高森町の有線放送農協が配布する「有線電話番号簿」を見て次のターゲットをさがした。この電話帳には加入者の住所と家族構成が記載されており、1人暮しの高齢者の自宅について簡単に調べることができた。さらに図書館で地図を調べ、周りに人気のない住宅を絞り込む。

8月10日午後7時半、集落から離れた加藤仁さん宅を訪れ、加藤さんをナイフで刺殺。現金26万円を奪った。加藤さん殺害後、7、8月分計6万円をレンタカー会社に持参した。

8月下旬、同居していたA子さんにも愛想をつかされ、追い出された。西本は食うのに困るようになった。レンタカー会社にも返済の延期を求めた。

9月7日午後7時20分頃、以前空き巣に入ったことのある高森町の木村あい子さん宅に訪れ、「すみません」と道を尋ねるふりをして木村さんを玄関先に呼び出した。西本は持っていたナイフで木村さんの胸を数ヶ所刺して、現金6000円が入ったセカンドバッグなどを奪った。

西本は足跡が残るため、犯行後に靴を捨て、量販店で新しい靴を3足購入した。

6000円では延滞料返済もどうにもならなかったため、西本は再び空き巣を企てる。狙いをつけたのは飯田市にある知人の会社役員宅で、この日が給料日であることも知っていた。知人を待ち伏せして殺害しようとまで考えていた。

ところが、侵入すると泥棒防止のブザーが鳴り響いた。大柄な体格、金髪で、泥に汚れた見るからに怪しい西本は駆けつけた署員らに職務質問され、まもなく逮捕された。

逮捕後、西本は「仕事がなく、食事を2日に一度しか取れないような状況だった。人を殺して金を奪うほかに方法が思い付かなかった」「レンタカー代に困ってやった。奪った金で返済した」「死刑という罰は納得できる」と話した。

疑われた遺族

5月20日に西本は飯田署に呼び出されたが、詳しい追及は受けなかった。これは捜査本部のなかで、容疑者が浮上していたからだった。

島中さんの娘・桜井好子さん(当時52歳)のもとに警官がやってきたのは6月10日だった。島中さんと同じ敷地内の別棟に住む桜井さん一家がまず疑われたのだった。

好子さんはすぐに警察署に連れて行かれ、署名と押印を要請されたが、これはポリグラフを受ける承諾書だった。

好子さんは電極コードの延びる椅子に座らされ、次々と質問を浴びせられた。続いて通された取り調べ室では捜査員から「犯行現場から見て、身内・家族以外いない」と言われ、事件当日の行動や生命保険に至るまで聞かれ、解放されたのは翌0時過ぎだった。

取り調べはさらに翌日も翌々日も行われ、1週間にもわたった。「自首しろ」「自首してくれたら、刑を軽くしてやる」と言われ、娘(当時28歳)も呼ばれ「お母さんに自首をすすめてくれ」と言われた。

家族内で疑心暗鬼になり、好子さんはうつ病になったという。この犯罪における二重の被害者と言えるだろう。

西本逮捕後の10月12日、飯田署の署長、地域課長、刑事が好子さんのもとを訪れ、直接謝罪した。

判決とその後

2006年5月17日、長野地裁・土屋靖之裁判長は「冷酷で残忍極まりない犯行で地域社会への影響も甚大。反規範的人格態度は著しく改善、矯正は困難」と求刑通りの死刑を言い渡した。

10月11日、東京高裁で開かれた控訴審第1回公判の被告人質問で、西本は「愛知の事件の前にも殺人事件を犯した。まだ、しゃべっていない」と述べた。

10月25日、第2回公判の被告人質問で「03年4月か5月ごろ、福島市付近でレンタカーを運転していて見知らぬ女性をはねた後、座り込んでいた女性の首をロープで絞めて殺害し、遺体を福島県内の山中に埋めた」と述べた。

11月13日、福島県警捜査1課など、身柄を移された西本を立ち会わせ、遺体を捨てたとされる福島市大笹生の山林の捜索を開始。だが女性が殺害されたという情報もなく、現場の特定もできないことから難航、結局打ち切られた。

西本は福島県警の捜査員に、供述が嘘であることを認め、その理由について「人を殺したと言えば大騒ぎになり、うそをつき通せた場合でも、うそがばれたとしても世間や親が自分を相手にしなくなるだろうと思った。世間や親族から縁を絶たれることで現実を受け入れ、死にたい」と供述した。

11月29日、西本は被告人質問で「刑を待たずに自分の命を絶とうと考えたが、今でも支えてくれる母らが悲しむと思った。もう一件殺人をやったと言えば、見捨ててくれるという気持ちで作り話をした」と述べる。

2007年1月、西本は控訴を取り下げ、死刑が確定。

2009年月1月29日、死刑執行。(享年32歳)

ちなみに、これは2007年に死刑判決が確定した死刑囚としては最初の死刑執行であり、21世紀に入ってからは宅間守に次いで判決確定から執行までの期間が短かった。