中津川市・一家6人殺傷事件 

家庭内で起こった大量殺人事件

2005年2月27日朝、岐阜県中津川市の市老人保健施設の前事務長・原平(当時57歳)が眠っていた長男(33歳)を絞殺したのを皮きりに、母、長女、2人の孫、飼い犬、娘婿を相次いで殺傷した事件。

事件の経緯と動機

2005年2月27日午前7時前、岐阜県中津川市の市老人保健施設「はなのこ」事務長・原平(当時57歳)は、この日妻(当時56歳)が友人10人と知多郡に日帰り旅行を行くため、近くの集合場所まで送っていった。

原は友人らに「皆さん、(妻を)よろしくお願いしますね」とニコニコと挨拶していたが、彼の心にはすでに殺意があった。

午前9時ごろ、この日は仕事は休みだったが、「風邪の入所者のお見舞い」と職場を訪れている。

帰宅した原は自室で寝ていた整体師の長男・正さん(33歳)の首をネクタイで絞めた。

正さんは「お父さん、何?」と言ったが、そのまま絞めつけた。

「次は婆さんだな」

長男が息をひきとると、原はそう思って部屋を出た。

仏間に入った原は、ソファで居眠りをしていた母親のチヨコさん(85歳)をやはりネクタイで絞めた。チヨコさんは目を開けたが、構わずそのまま絞めた。

続いて飼っていたシェパード犬2匹も始末しようとした原は、市内坂下の山中に連れて行き、木につないだうえで刃物で首や胸を刺した。犬は大きな声で吠えることもなく、か細い鳴き声と悲しげな目をしながら死んでいった。

午前11時ごろ、「おばあちゃんが孫を見たがっている」と誘い、2kmほど離れた所に住む長女の藤井こずえさん(30歳)と孫2人を車で連れて来た。

こずえさんはソファの上の祖母を見て「なんか様子が変じゃない?」と異常に気づいた。原は「もっと近くへ行って見てみな」と言ってから、実娘の首をを背後からネクタイで絞めた。

こずえさんは原の方を振りかえって、「お父さん…」とつぶやいたが、構わず絞めた。こずえさんは彩菜ちゃん(生後3週間)を抱いたまま絶命。さらに幼い孫・孝平くん(2歳)、彩菜ちゃん(生後3か月)をも手にかけた。

午後1時頃、娘婿の会社員・藤井孝之さん(当時39歳)を車で連れてきて、自宅の勝手口に入ろうとしたところを「死んでくれ」と腹部を包丁で刺す。孝之さんは刺されながらも逃走、「義父に刺された」と110番通報した。

原は孝之さんに逃げられると、追うのをやめ、風呂場で自分の首に包丁を刺した。

まもなく孝之さんの通報でやってきた捜査員は異常な光景を目にする。家の中のあちらこちらで人が死んでいるのである。

捜査員は浴槽の中で倒れこんでいる原を発見。出血がひどいものの、かすかに意識はあり、「誰にやられたんだ」と尋ねると、「俺がやった。俺が…」と言って意識を失った。

家族の中ではただ1人、旅行に行っていた妻だけが難を逃れた。難を逃れたというより、原にとっては妻のいないこの日に一家殺害を行なわなければならなかった。

妻は旅行を楽しんでいたが、他のメンバーの携帯電話に続々と連絡が入ってきたため、「何で?何で?」と半狂乱となっていたという。

警察は原の回復を待って事情を聞き、3月12日に逮捕した。
「何もかも嫌になった」原はそう答えた。

家族という名の檻

妻と結婚して30年ほど前に長野県松本市から中津川市に移ってきた。

原は長い間、市内の病院でレントゲン技師として働いていたが、2001年からは老人施設に勤め出した。普段はおとなしいが、真面目な人という印象だった。

2004年末からは持病の神経性頭痛が悪化し、痛みが顎や歯にも広がって食事にも不自由することになった。

趣味は警察犬の訓練で、警察犬指導員としてシェパード犬を育てていたが、鳴き声などで近所の人から苦情があったという。犬はしばらく訓練士に預けており、事件前日に引き取っている。預けたままで死ぬのは「迷惑がかかる」と思ったようだ。

また原は事件後、「長女(こずえさん)にも嫌われていると思った」と供述している。以前にこずえさんらと同居するかという話し合いがあったが、結局別居ということで落ちついた。このことから嫌われていると思い込んだようだ。

母親は1999年に長野から引き取り、一緒に暮らし始めたのだが、嫁姑の問題が巻き起こった。

チヨコさんは「自分の持ち物がなくなった」と妻を泥棒扱いしたり、妻が庭に植えた木や花を引っこ抜いたり、後に妻が入る風呂にゴミを入れたりした。

数年前からチヨコさんは認知症気味で、原は「夜中に出歩いて困る」などと悩みを漏らしていた。

また、チヨコさんはしつけに厳しく、原は幼い頃から厳格な母を怖れ、中学に入ると口を聞かなくなった。そうした経緯が関係あるのか、数年前から「うっとうしい」と感じていたという。

事件の1ヶ月前、チヨコさんは郵便局で局長を怒鳴り散らすトラブルを起こす。
「これは自分に対する嫌がらせだ」
「もう限界だ。こんな母親とは一緒に生活できない」
原はそう思ったという。

「妻はよく耐えてくれた。妻のためにも、けじめをつけなければいけない」

そうして原は、一家惨殺という凶行に及んだ。

【裁判】

 7月1日、岐阜地裁で初公判が始まる。原は起訴事実をすべて認めた。

 2008年1月13日、岐阜地裁・田辺三保子裁判長は、原に無期懲役(求刑死刑)の判決を言い渡した。