新潟少女監禁事件

2020年07月

9歳の少女を誘拐し、9年間監禁し続けた異常犯罪。

1990年11月13日(水)午後7時45分、新潟県三条市内にある駐在所に、近くの主婦が「小学4年生の次女が帰ってこない」と届け出た。その日のうちに捜索が行われたが、発見できず。その後も捜索は続けられたが、ついに少女の行方はわからなかった。

2000年1月12日、柏崎市四谷にある佐藤宣行(当時37歳)宅を訪問した保健所の保健婦が2階の宣行の部屋にて毛布にくるまった女性(当時19歳)を発見。女性はすぐに保護され、三条市で行方不明となった少女と判明する。佐藤は下校途中の少女をさらい、自室に連れ込み生活させた。少女や母親に対する暴力・虐待も日常的にあったようである。女性は家族と実に9年2ヶ月ぶりの再会を果たした。

9年間という長い期間監禁されていたのでメディアでも大きく取り上げられた事件であり、日本を震撼させた誘拐事件となった。

事件の経緯と動機

佐藤宣行について

少年時代

1962年7月15日生まれ。両親の年老いてからの子供ということもあり、「ボクちゃん」と呼ばれて溺愛されていた。(成人後も「ボクちゃん」と呼ばれていた。このあたりは大久保清にも通じる)

小学1年の時、父親が家を新築し、2階の十畳ほどの洋間を自室として与えられる。

中学1年の時、「怖くて学校に行けない」と言うので精神科の診察を受けたところ不潔恐怖症と診断された。(会社でタクシーの洗車を日常的にしていた父親も不潔恐怖症だった。)虫を毛嫌いし、わずかな汚れを気にした。

中学生の佐藤から見て、70半ばを過ぎた父親は薄汚れて見えるうとましい存在になっており、「あんなのオヤジじゃない」とよく言っていた。

工業高校時代、体格は大きく175cmほどあったが、覇気がなくなよなよした話し方から”オカマ”と呼ばれていた。学校では目立たない存在だったと言う。この頃から、自分の殻に閉じこもるようになり、家の中で鬱憤をはらすようになっていた。

少女監禁に至るまで

高校を卒業した佐藤は自動車部品製造の工員となった。ある日、出勤する途中に立小便をしたとき「クモの巣にかかって汚れた」と家に引き返した。このような奇行が続き、わずか数ヶ月で退職し、そのあとまったく働いていない。

1981年7月、19歳の時、父親を家から追い出す。そのあと母親と口論となり、「私も出て行く」と言われたことから激昂。家の仏壇に火をつけ、危うく火事になるところだった。良岡市の国立病院の精神科にて強迫神経症(不潔恐怖)と診断される。即日入院し、向精神薬を投与され、1ヶ月ほどで良くなり退院。

23歳のなった佐藤は母親に「僕もそろそろ自立しなければならない。お母さんにいつまでも甘えているわけにはいかないので、独立して生活できるように家を増築してほしい」と話す。

息子が就職口を見つけて真面目に働くと思った母親はただちに700万で家を増築する。しかし佐藤が2階の自室を工事業者に踏み込まれるのを頑なに拒否したため、増築は中途半端なまま中止となり、佐藤が就職するという約束も反固にされた。

佐藤は母親に対しては好きなアイドル歌手のレコードや、競馬新聞などを買いに行かせており、この母親は商店の人達のあいだで、ある種の有名人となっていた。競馬場の行きかえりも母親が車で送っており、レースが終わるまでベンチに腰かけて待っている母親の姿が、競馬場の常連の間でも知られていた。佐藤が競馬に勝つと、母親になじみの寿司屋で極上のトロのにぎり10個、8000円分を買わせたことが何度かあった。

1989年6月13日、佐藤はいたずら目的で下校途中の小学四年生A子を空き地に連れ込もうとしたが、別の児童の通報により学校事務員に取り押さえられた。

9月19日、新潟地裁長岡支部は佐藤に対し懲役一年、執行猶予三年を言い渡す。10月5日、刑が確定。

裁判官は再犯の可能性は低いとして、保護観察処分ではなく、母親に監督・指導を任せた。ちなみにこの事件について柏崎署と新潟県警本部は強制わいせつで検挙した佐藤を「前歴者リスト」に登録しておらず、刑が確定したあとも登録漏れのまま放置していた。

父親

東京の大会社の重役を送迎する運転手をしていたが帰郷し、柏崎市内でタクシー会社を設立、専務取締役61歳で再婚し、誕生した一人息子を溺愛する。父親81歳の時、息子に家を追い出される。以後、異母姉の家に避難。

その後、老人介護施設に入所していたが、少女が佐藤宅に連れてこられる前の年に亡くなっている。

母親

若い頃、心中騒動を起こし、婚期が遅れて35歳で26歳年上の夫と結婚(初婚)。

職業は保険外交員。45歳の時、息子を精神科に連れて行くために自動車免許を取得。営業成績が上がった。

1991年4月(当時64歳)、柏崎市内のホームセンターでスタンガンを購入。少女発見まで20年以上も息子の部屋には入っておらず、少女の存在も知らなかった。

この頃には母親の生保の外交員の仕事もほとんどなくなっていた。だが若いころに実績をあげていたため、60歳の定年を5年延長できたうえに、定年退職後も嘱託として仕事を続けることができたが、もう契約はほとんどとれなくなっていた。佐藤の暴力は激しくなり、心底おびえた母親は午前10時から午後4時まで500円で居つづけることのできる「カンポの宿」で時間をつぶすことが多かったという。

母親はもう限界だった。

「このところ息子の暴力がひどい。自分の意のままにならないと殴る蹴るのうえに、私を縛り付けて、トイレにさえ行かしてくれない」

1999年12月、73歳になった母親は息子の暴力が激しくなってきたことから市内の精神病院へ相談に行き「息子を入院させてください」頼んだが、「本人を連れてきなさい」と言われる。しかし当然、佐藤は拒否。医師は「これ以上同居させておいては母親の身が危険」と判断し、自宅に乗り込むことを決めた。

翌年1月28日午後1時半頃、精神病院の副院長、弁護士、保健所職員など7名が佐藤宅を訪れる。少女発見となった。

「靴はないの。外に出られないから」

保健所職員などに付き添われて、家を出ようとした際、少女はそうつぶやいたという。

監禁

1990年11月13日、下校途中の少女をナイフを突き付けて脅し、車のトランクに押し込め、自宅に連れ込む。部屋に連れ込むと数十回に渡り少女を殴打した。「出られないぞ」「俺の言うことを守れ」と言いつづけ、ナイフを少女の腹部に突き付けて「これを刺してみるか」「山に埋めてやる」などと脅した。逃げられないように佐藤の外出中は少女を縛りつけていた。

91~92年ごろ、母親に買わせたスタンガンを少女に押し当てて放電し、大変な恐怖心を植えつけた。大声をあげると佐藤の罰があるので、少女は自分の腕を噛み痛みに耐えていた。少女に「おじさん」と呼ばれると激昂し、少女を殴った。少女に競馬番組のビデオ録画を命じ、忘れたりすると殴打した。少女は常にベッドの上にいるように指示し、守らない場合は罰を加えた。 用便すらも部屋から出さず、ビニール袋の中にさせた。少女がベッドから落ち、埃まみれになった時のただ一度しかシャワーを使わせなかった。このような生活により、両下肢筋力は低下、骨量も減少しており、歩行も難しくなった。

はじめのうちは母親が作った夜食用の弁当を少女に与えており途中からコンビニの弁当(おにぎり)に切り替えた。96年頃からはそれまで一日ニ個与えていた弁当を一個しか与えなくなった。小学四年生時に46kgあった少女の体重は38kgにまで落ち、失神するようになった。

佐藤は少女の服を自分で買うことも、気づかれないために母親に頼むこともできず、ショッピングセンターで万引きして洋服を入手していた。

母親の要請により、佐藤の精神病院入院のために訪れた保健所の職員などが自宅を訪れたことにより発覚。ちなみに、母親は少女がいることに気付かなかったと供述した。

動機

佐藤が監禁をした目的はいたって単純であり「可愛い少女だったため、側に誰もいなかったことを理由に誘拐して一緒に住むために監禁をした」と供述した。

監禁中は声を出させないために暴力をふるって支配する、スタンガンなどで更にエスカレートさせていくなど非人道的な行為をとっており、佐藤は「友達のような存在だと思っている」と述べていた。

一方、少女は恐怖による極限状態の中、拉致されたときに持っていたノートに、自分や家族の名前を書き続けることで、かろうじて精神を保っていた。

判決

犯人は「精神的な問題などもあったため正常な判断ができなかった」などの見解も弁護士からあったが有罪となり、2002年1月22日、新潟地裁・榊五十雄裁判長は被告人に対して14年の懲役言い渡した。

裁判では被害者への尋問なども一般的には行われるが、この裁判に限っては良識ある判断がなされ、連れてくるのをやめさせている。

同年1月24日、佐藤の弁護人は不服として東京高裁に控訴。

12月10日 東京高裁・山田利夫裁判長は一審を破棄、懲役11年を言い渡す。

12月24日 佐藤は二審の東京高裁判決を不服として、最高裁判所に上告。

2003年7月10日、 最高裁は二審の懲役11年を取り消し、佐藤の上訴を棄却、刑が確定した。

少女の様子

少女は監禁開始から2年間は、1日1食という満足な栄養が与えられない状況で、手足を縛られて生活していた。その後も、屈伸など少しだけの運動しか許されていなかったために瘦せ細り、歩行も困難な状態であった。また、トイレはビニール袋で済ませていた

そして知能に関しては、犯人が同年代の子と遅れてしまわないように様々なことを教えていたそうで過度な遅れは見られなかったそうだが、監禁期間があまりにも長いため周りに追いつくことは難しい状態だった。

令和元年現在では、現在は運転や旅行などを楽しむことができるレベルまで回復しているとのことである。

警察のミスと嘘が発覚

1989年に佐藤を逮捕した際、新潟県警は前科者のリストに佐藤のデータを記載していなかった。このミスがなければ、女性をもっと早く救出できたかもしれない。

また事件発覚時、実際は保健所職員が対応し、佐藤宅で女性を発見したのに、新潟県警は「病院で暴れているとの通報を受けて警官が急行したところ、同行していた女性が行方不明の少女だとわかった」と発表した。 その後、その嘘が露呈し、担当者が処分されている。