文京区有名幼稚園女児殺害事件(お受験殺人事件・音羽幼女殺害事件)

事件概要

文京区有名幼稚園女児殺害事件とは、1999年(平成11年)11月22日に東京都文京区音羽において起こった2歳の幼女が殺害、遺棄された殺人・死体遺棄事件である。

1999年11月22日東京都文京区音羽にある音羽幼稚園において、山田みつ子(35歳)は同園に通園している山田の長男を迎えに行くべく、長女を一緒に連れて同園を訪れた。

母親・若山さんが他の園児の母たちと談話している最中に若山さんの長女・春奈さん(2歳)が行方不明になった。保護者Aは他の母親たちや幼稚園の職員と一緒に若山さんの長女を捜したが発見できなかったため警察に通報した。

警察は2歳の春奈さんが一人だけで遠方まで移動することは困難であると考え、何者かが春奈さんを略取・誘拐、監禁している可能性があると判断し、公開捜査にふみきった。

1999年11月25日、山田は夫に付き添われて警察に自首してきた。

前述の通り若山さんは、同園に長男が通園している。山田は、若山さんの長女の殺害および死体遺棄について供述した。山田は若山さんの長女の遺体は静岡県志太郡大井川町(現・焼津市)にある山田の両親の自宅に隣接する山林に埋めたと供述しており、この供述に従って警察が捜索したところ遺体を発見した。

春奈さんの両親は遺体が春奈さんであることを確認したため、警察は山田を殺人および死体遺棄の被疑者として逮捕した。

本事件は、犯行動機が複雑であるため、事件名の呼称が複数存在する。

犯行の経緯や動機

山田は11月22日、山田の長女を伴って長男を迎えにいくために同園を訪問した時、偶然一人で遊んでいる若山さんの長女を目撃した。このとき、若山さんの長女が若山さんや他の園児の母たちから目視されていないことを確認し、この状況を利用して、の長女を同園に隣接する寺の境内の公衆トイレの個室内に連れ込んだ。

そして、Aが身に着けていたマフラーで春奈さんを絞殺し、持参していた黒い大きなバッグに遺体を入れた。

春奈さんが行方不明になり春奈さんの母親や他の園児の母たちと幼稚園職員が春奈さんを捜索している時に、若山さんは、長男と長女を連れて帰宅する山田に偶然遭遇し、山田に長女の行方を知っているか尋ねたが、山田は「知らない」と嘘をついた。その時、山田は既に春奈さんを殺害し、大きなバッグの中に春奈さんの遺体を入れて帰宅する所であった。

山田は長男を出産後、彼の公園デビューにて、若山さんと面識ができ、交友関係を持つようになった。

山田は東京に転居して以来親しい友人がひとりもいなかったので、若山さんに親近感を持ち、「自分の親友になってくれるかもしれない」と期待していた。一方、若山さんは山田の事を「自分と同年齢の長男を持つ近所の友人」という認識はもっていたが、山田ほどの深い感情はもっていなかった。

少なくとも出会った当時の2人の関係はとても良好であった。1998年4月に2人の長男が音羽幼稚園に入園すると、山田の若山さんに対する感情に変化が起こった。

山田はもともと内向的な性格であり、他者とのコミュニケーションや人間関係の形成が苦手であった。そのため、長男が幼稚園に入園した後も、若山さん以外の園児の母たちとは親しくなれなかったためである。

一方、若山さんは山田と異なり、開放的・社交的な性格であり、友人関係の形成をとても得意としており、幼稚園に子供を通園させている母たちとの間で友人関係がどんどん広がって行った。

2人はそれぞれ相手に対する感情移入の質や量が異なっていた上、若山さんは幼稚園の他の母親友達との交友関係が増加していたため、相対的に2人の関係は希薄化していった。

このようにして、山田が若山さんに対して持っていた親近感は嫌悪感に徐々に転化してしまい、そしてその嫌悪感は増大していった。最終的には、山田は若山さんによる自分や自分の子どもに対する言動全てを悪意的な先入観で解釈するようになり、若山さんの言動の一つ一つに対して耐えがたいほどの嫌悪を感じるようになった。

もちろん、山田は幼稚園仲間である若山さんや他の母たちに対して円満な関係を形成し維持しなければならないという考えはもっており、表面的には良好な関係を偽装していた。

しかし内面では若山さんに対する嫌悪感に満ちており、山田にとっては耐えがたい苦痛であったという。山田は夫に、若山さんに対する嫌悪感があること、そして精神的に耐えられないことを打ち明け、夫や長男に長男の幼稚園を変更したいと夫と長男に相談している。(詳細は後述)

しかし、山田の長男は「現在通っている幼稚園を続けたい」と主張し、夫も「長男が現在通っている幼稚園に馴染んでいるので変える必要はない」「若山さんに対して嫌悪感を持つなら、出来るだけ関わらない様にすれば良い」と反対されてしまった。

山田は夫に対して「若山さんを殺害するかもしれない」と告白するようになったが、夫はそれを悪質な冗談と認識して、山田に対して精神的な悩みの解決に協力しなかった。

そして、春奈さんが行方不明になった3日後、山田は僧侶である夫に付き添われて警察に出頭、逮捕となった。

山田みつ子の生い立ち

1964年、山田みつ子は静岡県大井川町で生まれた。家は土建業を営みながら、先祖代々の田畑を守っていた。

家には祖父と後妻の祖母、叔父夫婦、両親と山田と妹の8人が暮らしていた。祖母が実権を持つ家の中で、祖父の前妻の子供である父、姑の間で苦労する母親の姿を見て育った。

さらに、異母弟の叔父との間で家を継ぐ相続問題もあった。山田は祖母が近所の人に父母の悪口を言っているのを聞くと、それをメモして後で両親に教えたことさえあった。そういう家庭や狭い人間関係が嫌で嫌で仕方なかったという。それでも山田は農作業を手伝うなど、真面目な子供だったという。

中学に入学してまもなく、盲腸で入院した山田は、医者の誤診もあり2ヶ月近く入院することになった。しかし、そこで親切に世話してくれた看護師に憧れて、自身も看護の道を志すようになる。退院してみると、病欠を考慮されることなく、1学期の成績はオール1だった。これにショックを受けた山田は夏休みに猛勉強した。その結果、2学期には教師から「よく頑張った」と言われるほど成績を戻し、無遅刻無欠席を果たした。

また学級委員も務め、授業中に騒ぐ生徒がいると「静かにしてください」と注意した。ある時、担任教師との交換日記に「先生が教室に来ると静かになるが、先生がいない時は騒がしい」と書いたところ、教師がこれを公表。騒いでいたとされる男子生徒が注意を受けた。このことから、男子生徒に「告げ口した」と批判されるようなこともあったという。

中学3年の時、親子4人で実家を離れ、近所に買った土地に家を建てて住むことが決まった。しかし、父親は親戚から「農業を続けて欲しい」と説得され、結局そのまま生家に残ることになった。山田はひどくがっかりしたという。

山田は遠距離通学で、県立掛川東高校(看護学科)に通うようになった。部活は合唱部。この頃、山田は赤面恐怖症に悩むようになる。電車通学をしていた、途中から男子校の生徒が乗りこんでくると、不安や緊張でドキドキしてくるのである。

高校時代の同級生の証言によると、山田は驚くほどの生真面目な生徒だったという。ある日、同級生が昼休みにカップラーメンを作ろうとすると、初めて見たのか、「できたら、見せて」などといって不思議そうに見ていたという。

高校を卒業した山田は、当時浦和にあった埼玉県立衛生短期大学の看護学科に進学。この学校には高校の先輩がいたこともあるが、実家を離れたいという思いもあった。

短大2年生になった頃、摂食障害が始まる。きっかけは糖尿病の患者について食事治療を学んだことだった。カロリー制限の食事なら確実に痩せることを知り、最初はダイエットのつもりで始めた。その食生活とは1日にゆで卵1個と納豆半パック、それに菓子パン1つだけというものであった。

ダイエットの効果で5月から8月までの間で10キロも痩せ、体重は30キロ台にまで落ちていた。それでも山田は、朝になると縄跳びをしたり、老人ホームへ実習に行く時も電車に乗らず、自転車で出かけるほど元気に過ごしていた。山田は学校でも習っていたために、自分でも拒食症とわかっていたという。

夏休みになり実家に戻ると、それまでの反動から過食に転じる。急激に食べる量が増え、夏休みが終わり、学校が始まっても食欲は収まらなかった。体重は増えつづけ、精神的にも不安定になり、やる気が起こらなかった。一時は短大をやめようかとも考えたが、教官や友人に励まされ卒業している。

短大卒業後、山田は郷里に戻り、浜松医科大学の付属病院に就職した。ある日、山田はたまたま出たナースコールに呼ばれて、患者の病名もわからないまま、排泄の手伝いをしている間に、患者の容体が急変して亡くなってしまう。この一件で山田はショックを受け、わずか1ヶ月たらずで病院を退職した。

実家に戻った山田は引きこもるようになった。家の中では食べては寝て、という生活を繰り返していた。以後、1年8ヶ月にわたりそのような生活していた。後の山田はこのような日々を「人生の傷」と語った。そんな生活に絶望し、風邪薬を大量に飲んで自殺を図ったこともある。

この自殺未遂を機に山田は変わり始める。早朝からジョギングで汗を流し、本などを読んでダイエットを始めた。一時は30キロから63キロにまで増えた体重も55キロまで落ちた。

その後、1986年1月、山田は静岡市内にある日本赤十字病院に再就職した。それを機に再び実家を離れ、病院の寮に暮らし始めた。

働き出して、なんとか食事制限していたものの、1年ほどすると、また過食が始まる。この時、同僚の看護婦に教えられ、食べては吐き出すようになる。そんなことを続けるうちに、山田は急激に痩せていく。それでも三交代の勤務をこなし、休みの日にはボランティアの手伝いにも出かけた。

この頃、山田はテレビで聞いた「南無の会」の松原泰道老師の法話に感動し、夏には長野市の寺院で開催された南無行(夏季研修会)に母親と一緒に参加している。

「南無の会」は各宗派の枠を越えて、もっと広く仏教を学ぼうとする団体だよ。宗教団体じゃなくて、寺で説法したりはしないけど、”辻”へ出かけて人々に広く教えを広めるため、街中にスペースを借り、説法をしたりするよ。

この頃山田は仕事は順調にこなしていたが、摂食障害による食欲が抑まらず、食べては吐くなど苦しみから、心の拠り所を同会に求めたのかもしれない。この研修会で当時22歳の山田は未来の夫となる人物と出会っている。夫はボランティアで受け付けをしていた若い僧侶だった。山田とその若い僧侶は研修会や講演会で挨拶したり、便りを交わす仲になっていった。

しかし、心身ともにぼろぼろになった山田は病院を辞め、また実家に戻ることになった。実家でも食べては吐きを繰り返し、ある日睡眠薬の「ハルシオン」を何十錠も飲み、自殺を図った。

停滞のなか、看護師の仕事に希望を見出した山田は、静岡に戻り、浜松医科大学の付属病院に就職する。ここでは精神科を配属先に希望している。

そして、1992年秋、再び過度な摂食障害に苦しみ、病院の寮を離れ、実家に戻った。この頃の山田は自己啓発セミナーに参加していた。同級生や友人などにもそのセミナーの勧誘の電話を入れたりした。山田は初めて東京の若い僧侶に電話をかけた。

セミナーのことを話すと、彼はすぐその誘いを断り、逆に代表者がわからないような会はやめた方がいいと忠告した。山田は素直にしたがってセミナーをやめた。

出会って6年目、二人の仲は急速に深まり、1993年4月に結婚した。山田が29歳の時のことである。

東京での人間関係

山田夫妻は文京区音羽の築20年の8階建て、2LDKほどのマンションに新居をかまえた。

山田は郷里を離れてからも、田植えや稲刈りの時期には、実家を訪れて、農作業を手伝っていた。東京の自宅からもよく、1人暮らしの母親を案じて電話をかけていた。

山田の夫は自宅近くの臨済宗・桂林寺の副住職をしていた。山田は副住職の嫁として苦しんだと言う。檀家の話によると、山田は礼儀作法もしっかりできていたが、こちらから何か言わないと、黙って頭を下げているだけの控えめな女性だったと言う。檀家が法事の時などに食事に誘うと、「副住職も連れていっていいかね」と住職が言い、たがいに気を使っていたようだ。山田も子供を連れて毎日寺に通い、仕事を手伝っていたが、夫はお寺の養子に入る人だから、かなり気を使っていたと思われる。しかし、実際には住職は身内に跡を継がせたいと考えるようになり、夫の後継ぎも定かではなくなっていく。

逮捕時、山田は専業主婦と報じられたが、実は寺の仕事で月々6万円の報酬をもらっていた。寺の仕事も大変だったようで、朝5時半に起床し、6時には2人で寺に読経に出かける。一旦、家に帰って朝食を作り、10時頃再び寺に行く。トイレや書院の掃除をすると、昼前には自宅で昼食の準備、午後にも手伝いがあった。土日の週末は、寺で座禅会や法事があるため接待もあった。しかし、それでも山田はこの仕事を苦にすることはなかったという。

家庭では戒律の厳しい禅宗で修業をしてきた夫が、家の中で独自の合理主義を貫いた。新婚当初から、部屋にカーテンもつけず、「ゴミになるから」と新聞もとらない。ゴミの処理の仕方から布巾の干し方まで細かく指示したという。

1994年1月、長男を出産。自宅に戻ると、体調の戻らぬうちから、毎日のように訪ねてくる夫の客にお茶や食事の接待をし、そのことで無理がたたって体調を崩し、入院することとなった。

3月頃、山田は夫から食事のことで批判され、同時のそれまでの夫への不満が噴出した。日記には「別居したい」「離婚したい」と書かれている。心身は疲弊し、鬱状態になっていく。こうした時期に山田は若山さんと出会う。

5月18日、自宅近くの公園で山田が長男を日光浴させて帰りかけたとき、同じ年頃の男の赤ちゃんをベビーカーで連れた一人の母親が目に止まる。

この母親こそ若山さんである。

どちらともなく声をかけると、ともに4ヶ月を迎える頃で、誕生日も2日違いだった。その場で電話番号を教え合うと、2人の家が近いことを知った。若山さんは山田宅と音羽通りをはさんで200m離れたところにある瀟洒(しょうしゃ)な分譲マンションに住んでいた。山田はこの日の日記に「仲良くなれそう」と書いている。

これが静岡の農家で育ち、埼玉の短大を卒業後、看護師として働き、僧侶と結婚した山田と、都会で育ち、4年制大学からOL生活をへて資産家の御曹司と結婚した若山さんの出会いだった。ちなみに若山さんは山田の3歳下だった。

やがて、電話のやり取りが始まり、一緒にデパートに買い物に行ったり、自宅に招くなど親しい付き合いをするようになっていった。

殺害に至るまでの経緯の詳細

長男が1歳半になった頃、山田は若山さんとの付き合いに”疲れ”を感じるようになったと、後に公判で述べている。

「若山さんは自分の子が足にまとわりつくと『やめなさい』と叱る・・・」「長男の入園を考えるころ、私が『音羽幼稚園は自由保育でいいみたいよ』というと、若山さんはイライラした様子で、『そんな野放しのどこがいいの』と言われたので嫌な感じがしました」

しかし、これは若山さんに悪意やがあったのではなく、ただ単に自分の子供の教育に対する考え方が違っていただけの、山田の一方的な”違和感”にすぎないものだった。

それでも2人は疎遠になることはなかった。山田が長女を妊娠した時、すぐに知らせ、その秋には春奈ちゃんを身ごもった若山さんと一緒に水天宮に安産祈願に出かけている。ところがこの頃、若山さんが新しく知り合った他の父兄・Aさんと急速に急速に仲良くなったため、山田は疎外感をかんじるようになった。

「若山さんはAさんには丁寧に接しても、自分と長男には粗雑に接する」

山田はそれが差別的な態度に見えたという。

山田の長男と若山さんの長男は揃って、音羽幼稚園(大塚5-40-1)に入園する。幼稚園のお迎えの時、母親達は連れ立って公園などに帰り道集まっていたという。しかし、山田は昼食を摂りに帰ってくる夫の食事の仕度で家に帰らなければならなかった。山田の疎外感は深まるばかりだった。

年少組の3学期、思い余って山田は夫に「幼稚園を変えたい」と相談している。だが、長男は転園を嫌がり、夫も反対したため、あきらめた。

長男が年中組にあがってからは、山田は送り迎えの時もなるべく若山さんと顔を合わせないように務めていた。若山さんのマンションの前を通る時、自転車があるかないか確認し、あれば「家にいるのだ」と安心し、なければ不安になったという。

その後も若山さんと行動をともにすることがあったが、その頃には若山さんの嫌なところしか見られなくなっていて、彼女のことを考えるだけでもパニック状態になった。しかし、みんなから仲が良いと思われていると思うと、陰険な態度はとれなかったという。

事件の9ヶ月前、長男が年中組の3学期の時、園長を囲んでの懇談会が開かれた。父兄は10人ほどしか集まらなかったが、この時山田は長女を抱いて参加していた。父兄が育児の悩みについて話していたところ、山田は急に泣き出したという。園長が話を聞くと、「子供が今日は○○ちゃんと遊びたいと思っても、お相手の人は他の子を誘ってうちの子は誘ってくれなかったり、自分も用があって子供を遊ばせられないことがある」と山田は言った。

山田の若山さんへの”嫌悪”の感情は、次第に”憎しみ”に変わっていった。山田はベルトで若山さんの首を絞めるシーンをたびたび思い浮かべたという。

「若山さんがいなくなってしまえばいい」

そう思い始めた山田は、それまで長男がいたずらしても、手をあげず口で言って聞かせていたのだが、たまに頭を叩くようになった。夫の寺で、走り回ったり、大声をだすと住職に気兼ねして叩いてしまうのだ。特に、若山さんのいる前でいい子にしていなかったときは、余計に厳しく叱っていたようだ。時には長男を蹴飛ばして床に転がすことがあり、止めに入った夫に山田がつかみかかったこともあった。だが夫はそうした行為に及ぶ理由について尋ねようとはしなかったという。

長男が年長にあがると、若山さんが親しくしていたAさんが海外へ転居することになったので、前ほど疎外感は感じなくなったという。その春から、山田は2歳になった長女を連れて児童館の遊びの会に参加している。そこで、再び若山さんと顔をあわせるようになった。

若山さんの方から声をかけてくることも多くなり、幼稚園の遠足に一緒に行ったり、電話もかかってくるようになった。迷いながらも若山さんと行動をともにするが、それでも山田の憎しみの感情は消えなかったという。山田は再び若山さんをさけるようになる。

しかし一方では、若山さんのマンションに自転車が置いてないと、近くの公園を手当たり次第さがしている。自転車に乗せた長男に変に思われながらも1時間近く探し回った。

夫に悩みを相談することもあったが、深刻には受け止めてもらえなかったと山田は後で話している。事件の3ヶ月ほど前からは家で若山さんのことを話すと子供も判ってくる年なので、「Wさん」と呼ぶようになっていた。

事件直前の11月初め、子供が寝静まった後、山田は夫と次のような話をしている。

「ねえ、私がもし、犯罪者になったら、どうする?」
「犯罪って何?」
「いろいろ」
「若山さんのことか?」
「若山さんのことじゃない。私が犯罪者になったら、お寺の住職や奥さんにいろいろ言われるのよね」
「そうさ、いろいろ言われるよ」
 しばらくやりとりした後、夫が言った。
「そんなことしたら一家離散になる」
 それ以上、話は進まなかった。

11月は受験の時期で、山田は若山さんと顔を合わせる機会が多くなっていく。また幼稚園ではピリピリした雰囲気が漂い、受験についてあちこちで話されていた。

山田は子供の受験には熱心ではなかった。お茶の水付属と学芸大付属の制服の区別がつかず、周囲からバカにされたというエピソードがある。

それでも山田は国立の付属なら家から徒歩で通えるということで、ここを受けてみることとなった。

子供の受験のことでも、夫と意見が合わなかった。長男を塾の短期集中講座に行かせたいと山田は言うが、「行かせても受かるわけがない」と夫は答え、口論になった。長女の幼稚園についても考えが合わなかった。山田はさらに眠れない日が続き、家事もおろそかになっていった。夫に離婚をきりだしたこともあった。

11月11日、山田の長女がお茶の水女子大の付属幼稚園の1次試験を受けたが、抽選で外れた。一方、春奈ちゃんは当たっていた。ここで2人の子供は明暗をわけることになる。

その5日後、筑波大学付属小学校の抽選に山田の長男は当たるが、若山さんの長男ははずれた。この時、若山さんから長男の必要でなくなった問題集をもらったが、素直に受け取れず気まずくなるという一件があった。

「お受験」

文京区は古くからの文教地区であり、音羽周辺にはお茶の水女子大、筑波大、東京学芸大などの付属校が点在している。自分の子供を国立大付属の幼稚園や小学校に入れるために、音羽に引っ越してくる人もいるという。

というのも、国立大付属の幼稚園や学校では、その応募資格として、通学時間を30分以内(徒歩または公共の交通機関)などと限定してきたからだ。国立は私立のように入学金・授業料が高いわけではないので、受験層もやや庶民的だった。

入試はクジによる抽選と考査(学力試験)で行われる。考査の内容は学校によって特徴があり、ペーパーテスト主体の試験もあれば、行動観察が中心のところもある。

事件のあった1999年度はお茶の水女子大付属幼稚園の入試倍率は22倍だった。都内でもトップの人気で、なかでも山田の娘と春奈ちゃんが受けた3歳女児の場合は20人の募集定員に対して、551人が受験するという超難関となった。

なぜこれほどまでに親が熱心になるのか。それはある主婦の証言にすべて現れている。

「この街では、たとえ自分の夫が医者でも尊敬されない。自分の子供を国立大付属に入れた親がチャンピオンなんです(中略)その制服を着た子供を連れて歩くのが最大のステイタスなんです」

判決とその後

山田は裁判で自分と自分の長男と長女に対して行われた若山さんの言動の具体例を提示した。

しかし、それらはいずれも日常のありふれた会話や言動であり、特に嫌悪感や不快感を抱くほどのことではなかった。裁判では、これらは山田の主観的な思い込みによる被害妄想であると認定された。

2001年12月5日、東京地裁(大谷直人裁判長)は起訴事実および犯行の動機についていずれも検察の主張を全面的に認定した。その結果、山田に懲役14年の判決をした。

2002年11月27日、東京高裁は東京地裁と同様に検察の主張を全面的に認定し、地裁判決を破棄して山田に懲役15年の判決を下し、刑が確定した。

本件に関しては、『森に眠る魚』 (双葉文庫)、『音羽幼女殺害事件―山田みつ子の「心の闇」』(青春出版社)、「ひびわれた仮面 東京・文京区幼女殺害事件」(株式会社共同通信社)、「音羽「お受験」殺人」(新潮社)の4冊のルポルタージュが発行されている。