パチンコ店が過去最低稼働を更新?!要因はやはり?

2020年07月

「過去最低稼働を更新したパチンコ店」

どうも皆さま!いや~どうやらパチンコ店の稼働が4/14/2と立て続けに過去最低を記録したみたいで

原因はすぐにお分かりになるかと思いますがやはり新型コロナウイルスですね・・・

いかにこの新型コロナウイルス騒動が異常なのかがはっきりとわかりますね。

自粛要請がでているなか人が密集しやすいパチンコ店は避けよう、と考えている人が多いみたいですね。

これらの情勢を見て週末は自粛するホールさんも出てきたようです。

(少し遅すぎる気もしなくはないのですが)

今回はパチンコ店の過去最低稼働についてお話していきたいと思います!

「コロナ×禁煙」

今回の過去最低稼働の細かな数字が手元にありませんので申し訳ございません。

しかしながら長い間パチンコパチスロは稼働し続けてきたなかで前代未聞の出来事が今まさに起こっているという事実から推察するに、経済的に見ても非常に落ち込んでいる現状ということが分かります。

しかしながらパチンコ店にはもう一つの稼働が落ち込む理由があります。それは「禁煙」です。

4月1日からは健康増進法によるホールの禁煙化が実施されました。

ユーザーの喫煙率は約50%と言われておりますので、これもまた影響していると思われます。

「メインターゲットである年配層の客足が遠のいている」

ホールに行けば必ず姿があったジャグラーや海物語で遊んでいるおじちゃんおばちゃん。

しかしその姿も今は少ないようです。

これもコロナの影響と思われます。

パチンコ店は人が集まりやすい施設ですので感染のリスクがあること、そして学校が休校中なのでお子さん

が家にいるから行かないなど様々な理由があるかと思いますが「今は遊んでいる場合じゃない!」と日本全

体がコロナに警戒されているように感じられます。

ちなみに、パチンコ店におけるコロナ対策については過去にも記事にしていますので、ご参考までに!

「今コロナに感じていること」

パチンコ店が動かない=娯楽で遊んでいる場合じゃない

パチンコ店に人がいっぱいいるということは日本がまだ平和ということなのかな~と思ったりすることがあります。

中小のホールさんはもちろん今の情勢を理解しているうえでオープンしていると思います。

パチンコ店に限った話ではないのですが自粛を呼びかけながらもお店は開いていて、ここに矛盾があるんですよね。

こういう事態に陥った時のために、決して安くない税金を納めているのではないかと思ってしまいました。

パチンコ店やほかのお店もこのような状況の中、店を一時休業するという判断は英断だと思います。

簡単にできることではないのですごく頭を抱えたこととおもいます。

しかしながら本当に大事なのは個人のウイルス対策です。ウイルスは自分で!自分しか防げませんのでアルコール消毒やマスク、密集している場所にはいかないことを心掛けることが何よりも大事です!

それでは!