妻の首絞めて殺害!兵庫・伊丹で夫を逮捕。状況は?

2020年08月

兵庫県伊丹市北野で先日5日、妻の首を絞めて殺害したとして67歳の男が逮捕されました。

これについてみていきましょう。

殺害の状況と背景は

今回、妻の首を絞めて殺害した容疑で逮捕されたのは、兵庫県伊丹市北野に住む無職の武田敬二容疑者(67)です。

兵庫県警伊丹署が5日夜に本人を殺人容疑で緊急逮捕しましたが、本人は殺害容疑を認めています。

事件は、同日午後4時50分頃に起きたもので、武田容疑者は自宅1階の寝室で妻(49)の首をロープのようなもので絞めて殺害したものです。

事件直後、武田容疑者本人から連絡を受けた妻のいとこが直ちに同署に通報し、駆けつけた署員が寝室のベッドで死亡している妻を発見しました。

すぐにその場に居合わせた武田容疑者を問い詰めたところ、犯行を認めたため殺人容疑で緊急逮捕しました。

殺害の背景や要因として、これまで武田容疑者と妻の双方から計3回にわたり夫婦間のトラブルで相談があったことから、こうした夫婦間の感情のもつれが考えられるため、同署が殺害に至る経緯を入念に調べています。

夫婦間の殺人と今回の事例

夫婦間の殺人事件は稀なものではなく、今回のように感情のもつれとみられる場合や、不貞・不倫が背景にある場合、また財産や金銭上のトラブルを背景とする場合など様々です。

また最近では高齢者の夫婦による同種の事件も多数報告されており、時代背景や生活環境などにも起因することが想定されます。

今回の事例は容疑者の夫が67歳の高齢で、殺害された妻は49歳と約20歳も年の差が離れており、高齢者同士のトラブルではなく、むしろ世代間のギャップも背景に感じられます。

まとめ

・兵庫県伊丹市で67歳夫が49歳妻を絞殺

・本人は容疑を認め、直ちに緊急逮捕

・夫婦間の感情トラブルが原因と推定されるが、警察では原因詳細を究明へ

今回起きた夫婦間の感情のもつれが原因とみられる絞殺事件ですが、かなり年齢差のある夫婦でもあり、原因を究明するには様々な状況を詳しく分析する必要があると思われます。

いずれにせよ、悲惨な殺人事件であり、亡くなった女性の冥福をお祈りするとともに、殺人を犯した夫には生涯をかけて贖罪して欲しいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。