皆殺しの寺事件

1934年(昭和9年)3月19日夜、福井県武生町(現・越前市)のS寺で火災が発生、焼け跡から住職ら6人の遺体が発見される。

数日後、寺の前に住むT(当時58歳)が事情を聞かれ、殺害した一家の”霊”に震えて犯行を自供した。

事件の経緯と動機

1934年(昭和9年)3月19日午前0時過ぎ、福井県武生町(現・越前市)にある天台宗の名刹・S寺で火災が発生。火のまわりが早く、不動堂とそこにつながる廊下を残して焼け落ちた。

駆けつけた巡査は、この寺の住職とその家族が見当たらないので、近所の家や檀家を探しまわったが、どこにも立ち寄ってはいなかった。最後に寺の門前に住む桶職人・T(当時58歳)という男の家を訪ねた。
「Tさん、お寺の住職があんたのところに来ていないか」
「ああ、住職なら少し前『警察に行く』と言って家の前を通りました」
この証言を聞いた巡査は現場に戻って、そのことを司法主任に報告した。

やがて焼け跡から、遺体が次々と発見される。女中部屋の遺体はほとんど焼けておらず、布団を着たまま死んでいた。手首と後頭部には深い切り傷がある。寺からは最終的に6つの遺体が発見され、いずれも煙を吸い込んだ跡がなく、炎があがる前に死んでいたことがわかった。

S寺には住職(42歳)、妻(40歳)、長女(養女 18歳)、二女(8歳)、三女(6つ)、女中・I子(23歳)、番僧(58歳)の7人が生活していたが、番僧だけが見当たらなかった。

このため番僧の捜索が開始されたが、王子保村(現・越前市)で托鉢して歩いているところを発見され、連行された。

焼けた本堂を見た番僧は、腰を抜かしてその場に座りこみ、泣き出した。

番僧については、騒ぎの最中は托鉢していたという完全なアリバイがあるため、最初の容疑者は捜査線上から外れることとなった。

三人目の男

住職一家は特に恨まれるようなことは見当たらず、一家心中をする理由としても、妻が結核で寝こんでいること以外には思い当たることがなかった。

刑事たちは、「何か事件解決につながるものを」と焼け跡を探し回ると、一部焼け残った女中I子さんの柳行李の中に手紙の束があるのを発見した。これらの手紙はすべて恋文であり、異なった3人の男から来たものである。

差出人からバス運転手の男、I子さんの故郷で漁師をしている男の2人の名前が浮上したが、もう1つは差出人の名前のところが破れていてわからない。筆跡などから老いた人物であるらしかった。

まず運転手の男が武生署に呼び出され、I子さんとの関係を聞かれた。恋仲であったことは認めたが、気の多いI子さんとは結婚する意志がなく、また事件当時は実家にいたというアリバイがあった。次に呼び出した漁師にしても同様だった。

そして残る最後の差出人は誰か、ということになのたが、その人物をつきとめることができないまま、時間が経過した。

それから何日かした後、火災直後に現場に駆けつけた巡査は、あることを思い出した。門前に住むTの証言である。彼は「住職は家の前を通って警察に行った」と話していたが、どう見ても住職は外に飛び出した形跡はなく、それをTが見る訳もない。
 
Tはすぐさま連行されたが、取り調べに対してあくまで否認した。ところが留置場での様子がおかしい。

「うわっ、助けてくれ!出してください!出してください!」

看守が駆け寄ると、Tは「お騒がせしました」などと言うだけだったが、そういったことが何度か続いた。仕方なく留置場から出して、巡査部長が話を聞くと、

「悪いことを致しました。申し訳ありません。いまS寺の6人が血だらけの姿で留置場へ来て、行く所へ行けず迷っている。お前の来るのを寺の門のところに待っているといいますので、恐ろしくてなりません。全部申し上げますから許して下さい」

と言って、手を合わし、蒼ざめた顔で6人を殺害したことを自白した。

老いらくの恋

Tは寺の前に住んでいるということもあって、住職一家とは親しくしていた。妻とは死別した後は、女遊びをよくして、好色という評判がたったりした。犯行の動機はやはりI子さんとの痴情関係である。

この春から同寺に雇われたI子さんとTが初めて接触したのは、2月15日の”ねはんの日”である。釈迦の入滅を祭るこの日、寺ではねはん団子を信徒にふるまうのが恒例だった。Tも孫をつれて団子を貰いに行き、初めて話をしたという。話というのも、「団子もおいしそうやが、あんたのお尻も、なおおいしそうやな」という軽口だった。I子さんもまた、冗談にかわして本堂の方に行った。

I子さんは特に美人というタイプではないが、男好きのするところがあったらしい。冗談の通じる気さくな性格も窺える。Tはこれ以後I子さんに夢中になった。

事件の半月ほど前の夜、銭湯から帰ろうと表戸を開けたTは、ちょうど入れ違いに女湯の戸に入ろうとするI子さんと出くわした。Tは話しかけようとしたが、聞こえなかったのか、I子さんはそのまま入っていった。

Tはまっすぐ自宅には戻らず、寺の門の内側の六地蔵の陰に潜んでいた。I子さんが帰るのを待っていたのである。

30分ほどして、カラコロと下駄の音をさせてI子さんが寺に帰ってきた。暗闇からTが呼びかけると、I子さんは一瞬ギョッとしたが、すぐにTということに気づいた。Tは彼女の手を握ったが、「何するの、いやらしい!」とすぐに手を払われた。

それでも動じないTは、I子さんの手を引き、鐘桜の板囲いの中に連れこむ。ここで関係を持った2人は、これ以後、寺の門で落ち合い、Tの家の離れで関係を続けた。それでも会えない時は、手紙を出して催促していた。

事件当日、この日もTは彼女に会おうとしたが、I子さんに「客が来るので都合が悪い。明日の晩に行く」と断られた。

だがTは待ちきれず、夜10時半頃に足を忍ばせて寺に入ると、話し声などはしなかった。「もうお客は帰ったのだろう」と女中部屋の戸を開けようとすると、部屋の中にI子さんの他にもう1人いるのが見えた。顔はよく見えないが、とにかく一緒の布団で寝ている。I子さんが自分の他に男と関係を持っていることは明らかだった。

これに逆上したTは、すぐさま自宅に舞い戻り、出刃包丁を手にとって、S寺に引き返した。

「I子、ちょっと出て来い!」
窓の外からTが呼びかけると、窓が開いて、
「おっさん、なんか用か」
とI子さんが顔を出した。女中部屋にはもう男はおらず、Tは窓からあがりこんだ。

「今、ここに寝ていた男は誰や」
とTが言うと、I子は平気な顔をして答える。 
「うちの住職や」
そうした態度にTはカッとなって怒鳴り始めた。

「わしの他に男を持つと殺すぞ。住職とはすぐ別れてくれ!」
「あんたよりお住職さんの方が先客や、肺病で寝ている奥さんが死んだら、私はこの寺の奥さんになるのや」

それを聞いたTは、出刃包丁を振り上げて「殺すぞ」と怒鳴ったが、I子さんから返ってきたのは「男はすぐ殺す、殺すと言うが、殺せるものなら殺してみよ」という言葉だった。

Tは脅すつもりで刃先を彼女の頭から1寸ほどで止めるつもりだったが、頭を庇おうとした彼女の手に刺さり、血が噴出した。I子さんは「人殺しっ!」と大声をあげて、転げ回り、Tは彼女の頭を刺した。

寺には怒鳴り声、悲鳴、物音などが響いていた。住職が女中部屋に駆けつけて来ると、Tは「この住職も生かしてはおけない」と、逃げる住職を引き戻し、頭を刺して殺害。さらに起き出した長女も殺害した。

その隣室で寝こんでいた住職の奥さんは、布団から這い出して必死に逃げようとしたが、やはり首を刺して殺害。そして凶行に気づかず、すやすや眠っていた幼い娘2人も殺害した。

Tは女中部屋に戻ってみると、寺の本堂の出口付近に深い傷を負いながらも這い出していたI子さんが息絶えていた。Tはその遺体を女中部屋まで運んだ。

大量の返り血を浴びたTは、井戸で頭から水を被って全身を洗い、台所にあったてんぷら油とマッチを持って本堂に引き返し、8畳間と6畳間に油を撒いて火をつけた。

そして炎が燃え上がるなか、I子さんの体を抱いて一緒に死のうとしたが、近所の人の「火事やあ!」という声で我に返り、自宅に戻って布団にもぐりこんだ。

判決とその後

上で記したのはTの自供によるものだが、Tはその後それを翻し、公判で無罪釈放となっている。

自供を覆したきっかけは、ある日検事局へ向かう途中の看守巡査の一言からだった。

「T、お前は裁判などするまでもなく死刑に決まっている。そして死刑になれば地獄へまさかさまだ」

この直後からTは一切の犯行を否認するようになる。このため検察側は物的証拠探しが必要になり、現場を再び調べ上げた。

焼け跡からは凶行に使われたと見られる出刃包丁が出たが、3、4丁あり、金沢医大での鑑定の結果、いずれも人血は認められず、証拠にならなかった。

この事件では、真犯人をめぐって当時ライバルだった朝日、毎日の両新聞社の福井支局が対立し、県上層部から記事差し止めの措置がとられた。このことから、事件については地元で騒がれた程度で、全国的によく知られた事件ではない。