SNSで知り合い遺体遺棄!?容疑者の動向は?

先日、群馬県中之条町四万の日向見川で、川崎市多摩区の無職・清野いつきさん(48)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑などで逮捕された男女3人は、殺害された清野さんとSNSで知り合ったとみられており、県警は殺人事件とみて捜査しています。

これについてみていきましょう。

殺害の状況は

死体遺棄容疑で逮捕されたのは住所不定の会社員小船治(34)と埼玉県久喜市の無職山本結子(30)、また犯人隠避容疑で逮捕されたのは神奈川県茅ケ崎市の派遣社員・露木優衣容疑者(24)の合計男女3名です。

清野さんの遺体は、今月5日朝に釣り人が日向見川に架かる摩耶大橋の約30メートル直下で見つけ、警察に届けました。

遺体は左腕が岩に引っかかる形で仰向けに倒れており、外傷性ショックによる心臓破裂と肺挫傷があって頭部の損傷も激しかったようです。

容疑者らは7月31日夜から8月5日朝にかけてレンタカーで現場に行き、清野さんを橋から投げ落として遺棄したものとみています。

遺体が見つかった現場は町中心部から山間部の奥へわけ入った付近で、周囲に人家はない状況でした。

被害者と犯人の関係は

清野さんと犯人3人は面識がなく、それぞれ別のSNSで知り合ったといいます。

宮城県警南三陸署員が犯行後に露木容疑者を見つけ、一緒にいた小船、山本両容疑者らに職務質問を実施した際、家族から行方不明届が出ていた清野さんの運転免許証を持っていたため事情を問いただしたところ、小船容疑者が死体を遺棄したことを話しました。

山本容疑者は逮捕時に自分の関与を否定していましたが、その後犯行を認めています。

露木容疑者については、小船、山本両容疑者が逮捕されないよう幇助した容疑ですが、犯行後は高崎駅でレンタカーを借りて山で自殺しようとしたと語っています。

まとめ

・群馬県の僻地で女性が男女3人に殺害される

・被害者は個別にSNSなどで犯人と知り合った可能性

・動機の解明など、今後捜査は継続

人里離れた群馬県の川沿いで、女性が男女3人に殺害されるという惨(むご)い事件が起こりました。

被害者は犯人たちともともと面識はなく、SNSなどで個別に知り合った関係のようですが、犯人たちの殺害動機や被害者との交流度合いなどについては現時点では不明であり、所轄の警察が入念に裏づけ捜査を行っているようです。

コミュニケーションツールとして普及しているSNSですが、こうした悲劇の温床となるのは非常に残念なことです。

被害者のご冥福をお祈りするとともに、一刻も早い真相究明を望みたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。