財田川事件

思い込み捜査が生んだ悲劇、裁判長が弁護士に転身し被告を支援した事件

財田川事件は、1950年(昭和25年)2月28日に起きた強盗殺人(刺殺)事件とそれに伴った冤罪事件であり、4例ある死刑冤罪事件の一つ(免田事件、財田川事件、松山事件、島田事件)。日本弁護士連合会が支援していた。

なお、地名の「財田」ではなく川の「財田川」と呼称する由来は、1972年に再審請求を棄却した裁判所の文言で越智伝判事が「財田川よ、心あらば真実を教えて欲しい」と表現したことによる。

犯行の経緯や動機

1950年2月28日、香川県三豊郡財田村(現三豊市)で、闇米ブローカーの男性(当時63歳)が全身30箇所を刃物でめった刺しにされて殺害され、現金1万3000円を奪われた。

同年4月1日、隣町の三豊郡神田村(こうだむら)で2人組による強盗事件が発生した。その事件の被疑者として谷口繁義(たにぐち しげよし、当時19歳少年)ともう1人が逮捕された。

この2人は『財田の鬼』と近隣で嫌がられていた不良組だった。警察はこの2人を殺人の容疑で取り調べた。

もう1人はアリバイが証明され釈放となったが、谷口はアリバイ成立に疑惑が残ったため、約2ヶ月に渡って厳しい拷問による取調べの結果、自白の強要により、8月23日、起訴された。

判決とその後

1950年11月6日に高松地方裁判所丸亀支部で第一回の公判が行われた。

裁判で谷口はアリバイ成立と自白が拷問によることを強く主張し、冤罪であると訴えた。これに対し検察側は、取調べ中にまったく出ていなかった、谷口が犯行時に着用したとする国防色ズボンに微量ではあるが被害者と同じO型の血痕が付着しているという物的証拠があり有罪であると主張した。

この血痕鑑定は、当時日本の法医学の権威であると賞賛されていた古畑種基東京大学教授による鑑定であったが、後に実際の検査は古畑教授の門下生の大学院生が行っていたことが判明した。

後にこの物的証拠は弁護側から谷口の衣類押収の際に捏造されたものと指摘されたが、後述のように多くの証拠品が破棄されているため、真実は不明である。

この物的証拠と捜査段階での自白が信用できるとして、1952年(昭和27年)2月20日、高松地方裁判所丸亀支部は死刑判決を下した。

谷口は控訴したが1956年(昭和31年)6月8日、高松高等裁判所で控訴を棄却され、1957年(昭和32年)1月22日、最高裁判所も上告を棄却し、谷口の死刑判決が確定した。

違法かつ杜撰な捜査

後に問題とされたのは、素行不良との風評から地元において犯人との噂話があったことを根拠に、農協強盗事件で起訴された谷口を起訴後に勾留したうえ、さらに別件逮捕するなど長期勾留を継続したことと、そして代用監獄による警察施設での食事を含む24時間の過酷な管理下におき、精神的肉体的限界のもとで自白を迫ったことなど捜査機関の行き過ぎた取調べである。

また検察側もこのような不適切な違法捜査を是認したばかりか、上塗りすら行ったという。

また裁判所も当時の法医学の権威であった古畑教授の鑑定を安易に信用した過失があった。

なお古畑教授の鑑定で有罪となり後に真犯人が判明し冤罪が確定した弘前大学教授夫人殺人事件も再審で『シャツの血痕は警察が事件後に人為的に付けた捏造である』と判断されたことから、現在の血痕鑑定では血痕そのものだけでなく、どのようにして血痕が付着したかについても鑑定が行われるようになっている。

死刑が確定した後、谷口は大阪拘置所に移送された。これは四国の行刑施設に死刑設備(絞首台)がなかったための措置である。

1969年、GHQ占領下で起訴された死刑確定事件6件7名に対して恩赦検討開始。大阪拘置所では、谷口のほかに放火殺人で死刑確定となったYHの合計2人が検討されたが、結局、恩赦を受けたのはYHのみだった。

その後法務省刑事局は、谷口の死刑執行に向けて法務大臣に提出する死刑執行起案書を作成するために必要となる、裁判に提出しなかった記録を送付するように高松地方検察庁丸亀支部に依頼したが、高松地検は記録を紛失していた。

このため死刑執行の起案書が書けず死刑執行手続きができなくなった。そのため、谷口の処刑は無期限延期の状態となった。

逆転無罪

一方、谷口は1964年(昭和39年)に「3年前の新聞記事によれば古い血液で男女を識別する技術が開発されたとあるが、自分は無実であるからズボンに付着した血液の再鑑定をおこなってほしい」と記した手紙を高松地裁に差し出した。

その手紙は最高裁判決から12年後の1969年(昭和44年)、高松地裁丸亀支部長であった矢野伊吉裁判長によって5年ぶりに発見された。

矢野は疑わしく思える部分から再審の手続きを済ませ、再審に乗り出したが、開始直前に反対運動が起こり、「手紙ごときで再審はおかしい、引っ込め」などの暴言をうけた。

矢野は裁判長を辞め、弁護士として再出発し、谷口の弁護人となって新たに再審請求をおこなった。

矢野の尽力によって、当時の違法かつ杜撰な捜査の実態が明らかになり、1984年(昭和59年)3月12日、谷口の再審無罪が確定した。

厳しい現実

「すべてが輝いて見えます」と喜びを表し、社会復帰を果たした谷口であったが、しかし、谷口を待っていたのは厳しい現実だった。

谷口は約7500万円の刑事補償金を受け取ったものの、その多くは弁護費用や謝礼金に消え、仕事もなく、年金給付も受けられなかった谷口の生活は困窮していた。

晩年、香川県琴平町の町営住宅に暮らし、2005年(平成17年)、病院で静かに息を引き取った。(享年74歳)