ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件

スポーツクラブで銃を乱射し、インストラクター女性ら6人を殺傷

ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件は、2007年12月14日に長崎県佐世保市名切町のスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」で発生した銃乱射事件である。

スポーツクラブ会員の男・馬込政義(以下X、37歳)がクラブの施設内で散弾銃を11発発砲し、男女計2人を殺害、6人に重軽傷を負わせた。

この事件の後、犯人は自殺。この事件では銃規制の不備が指摘され、翌年、銃刀法が改正された。

犯行の経緯や動機

2007年12月14日午後7時10分頃、スポーツクラブ「ルネサンス佐世保」に散弾銃を持った男Xが入店した。

Xはプールに直行すると、無言で散弾銃を発砲し始めた。

プールで小中学生を指導中だった女性インストラクターA(当時26歳)は、生徒を誘導して事務室に逃げ込もうとしたが、先回りしたXは水着姿のAに向けて至近距離から発砲し、左脇腹に致命傷を負わせた。

さらに、ロビー近くで犯行を制止しようとした男性B(当時36歳)にも数発発砲した。AとBは、運ばれた病院で死亡が確認された。また、大人4人と女子小学生2人が被弾し、重軽傷を負った。

Xは発砲後、裏口から逃走した。迷彩服姿、身長180cm超という目撃証言から、犯人はアメリカ兵ではないかという憶測もあったが、警察が目撃者や関係者から情報を収集した結果、佐世保市内に住む当時37歳の無職の男が被疑者として浮上してきた。

連続発砲事件であったことから、長崎県警察銃器対策部隊と福岡県警察SATが出動。警察がXの行方を追っていたところ、15日午前1時頃、Xが所有する乗用車(三菱自動車・デリカD:5)が発砲現場から約4km離れたカトリック船越教会の前の道路上に停まっているのを発見した。

車内には誰もいなかったが、散弾銃2丁と空気銃1丁と迷彩服が見つかった。警察の記録によるとXは散弾銃を3丁所持していることから、警察はXがもう1丁の散弾銃を携え付近に潜んでいるものと見て、周辺の警戒と捜索に当たっていた。

15日午前5時44分、教会から発砲音が聞こえたことから、警察が教会の敷地内を捜索したところ、午前7時35分頃、行方を追っていたXが散弾銃を持ったまま首から血を流して倒れているのが発見された。

Xは既に死亡しており、警察は自殺と判断した。

周辺住民の証言から、Xの車は発砲事件発生から50分後の14日午後8時には同じ場所に停まっていたことが明らかとなった。

Xはスポーツクラブで乱射した後、寄り道することなく教会に来たものと見られている。Xはこの教会の信徒であった。

Xが犯行と自殺に使用した銃は、3連射可能な単身自動式の散弾銃ベレッタAL391であった。Xの車内には、事件で使用されなかった銃3丁の他、サバイバルナイフとガスマスクと実包約2500発が残されていた。

見つかった実包のうち100発は、通常の散弾より殺傷能力が高いスラッグ弾であった。実包はこの他にも、Xの服のポケットから180発、自宅から22発見つかっている。

火薬類取締法が自宅保管を認める実包の最大数は800発であるが、Xはこれを大きく上回る約2700発の実包を違法に所持していたことになる。

判決とその後

2008年2月2日、Xは殺人等の容疑で書類送検されたが、3月5日、長崎地方検察庁佐世保支部は被疑者死亡を理由にXを不起訴とした。

事件後、銃規制の不備が指摘され、警察庁はすべての銃保持者に銃を委託保管するよう呼びかけた。

翌年に起こった「秋葉原通り魔事件」の影響もあり、2009年1月5日から改正銃刀法が施行された。

これにより、28年ぶりに銃所持資格が見直されたことになる。