京都精華大学生通り魔殺人事件

大学生を刃物で10ヶ所以上刺した通り魔、犯人は未だ発見されず

2007年1月15日午後7時45分、京都市左京区岩倉幡枝町の路上で、京都精華大学マンガ学部マンガ学科1年の千葉大作さん(20歳)が男に刃物で全身を十数箇所刺され、搬送先の病院で死亡した。男は現場から自転車で逃げたが、行方がわかっていない。

犯行当日

2007年1月15日(月)午後7時50分、京都市左京区岩倉幡枝町の路上で、男性が胸などを刺されて倒れているのを通行人が発見、119番通報した。

刺された男性は京都精華大学マンガ学部マンガ学科1年の千葉大作さん(20歳)で、市内の病院に搬送されたが約1時間20分後に死亡した。死因は失血死。千葉さんは胸、腹、背中、太腿の裏側などを十数箇所を刺されていた。

現場は国際会館の北、叡山鉄道鞍馬線木野駅南約100mの閑静な住宅街。

事件の直前には現場で千葉さんらしい男性と男の2人が言い争うのを目撃していた人がいた。

千葉さんは第一発見者の通行人に「知らない人に刺された。通報してくれ」と頼んでいる。この通行人は歩道に隣接した畑で倒れていた千葉さんと近くにしゃがみこむ男を目撃していたが、不審に思って約30秒後に引き返したところ、男の姿は消えていた。

この男は灰色のスウェット(後に黒っぽい上着ということになっている)、黒いズボンを着ていたという。最初の目撃では、男の隣に自転車(黒っぽいママチャリ)があったが、自転車は男の姿とともに消えていた。

現場には千葉さんの白い自転車、携帯電話、リュックサックなどが残されていたが、リュックの中には現金入りの財布がそのまま残されていた。

千葉さんは仙台の高校入学時から京都精華大に入りたいと考えており、高校卒業後、京都で浪人生活を送っていた。前年4月に念願の京都精華大学マンガ学部に合格し、漫画家になるという夢を持っていた。

事件後、同大学の講師や学生らが京都府警と協力して、事件の情報を求める漫画冊子を発表しているが、この作品からは千葉さんのさわやかで温和な優しい人柄が伝わってくる。

当日の千葉さんは雑誌編集などの講義を終えて教室を出ると、大学構内の駐輪場で友人2人と別れた。これが午後7時40分頃のこと。千葉さんは自転車に乗って自宅アパートではなく友人宅に向かっている。そして自転車に乗ってからわずか5~10分ほどで難に遭っている。

また自転車のサドル部の変形具合から、自転車にまたがったまま約1.5m下の畑に転落したものと見られた。凶器は見つかっていないが、千葉さんの体に残された刺傷は1~2cmほどと、小型の携帯ナイフのもので襲われたと見られ、特に抵抗らしい抵抗もできないまま、メッタ刺しにされていた。

男は転落した千葉さんを追いかけるように畑に降り、メッタ刺しにした。犯人と見られる男は、畑に転落した千葉さんに背を向け、顔を隠すようにしゃがみこんだ。

男が自転車に乗って現場を立ち去ると、千葉さんは歩道に這い上がり、自分の携帯電話で通報しようとしたが、ここで力尽きた。千葉さんは亡くなる前、「(男は)自分より少し年齢が上に見えた」と警官に伝えている。

犯人の目撃情報

事件現場で千葉さんと一緒にいる犯人らしい男の姿は、複数の人が目撃していた。しかし目立つ自転車に乗る千葉さんを覚えていても、男の方の顔についてははっきりしない情報が多かった。

男はおかっぱ風の髪型、ボサボサの髪を真ん中で左右に分けていた。

現場に残された足跡から靴のサイズは28cm以上と、かなりの大柄であるらしいことがわかる。靴はトレッキングシューズのようなアウトドア用のもので、外国製であるという。

たまたま事件現場を通行した車の助手席から目撃した人の話によると、男は自転車にまたがる千葉さんの前に立ち、一方的に言いがかりをつけるかのように何かを言っていた。年齢は30歳ぐらいに見えたという。

現場を自転車で通りかかった人の目撃証言では、男は目鼻立ちが整ったタイプだったという。男は歩道で手を広げて首や上半身を左右に振るという動作で、下の畑に倒れる千葉さんに「あほ!」「ぼけ!」などと怒鳴っていた。(この時の男の特徴的な動きは下の画像を参照)

事件から1ヶ月後の2月15日、捜査本部(下鴨署)は男の似顔絵を公開。身長175cmの中肉、年齢は20代半ばと見ている。目の焦点が合っていないという特徴もあった。

男は自転車で千葉さんと対向し、なんらかの通行トラブルがあったとみられる。当初は西の方向へ逃げたという見方があったが、北方向に逃げた可能性もあるという。

この男の行方は現在もわかっていない。