白鳥事件

1952年1月21日夜、札幌市内の路上で、市警警備課長・白鳥一雄さん(36歳)が射殺された。

捜査本部は、当時不穏な動きのあった日本共産党による犯行と見て、次々と党員を逮捕した。

射殺事件の「首謀者」と見られる党札幌委員会委員長・村上国治は最高裁で懲役20年が確定したが、彼は無罪を訴え続けた。

事件の経緯と詳細

1952年1月21日午後7時40分頃、札幌市南六条西16丁目の路上で、自転車で帰宅中の市警警備課長・白鳥一雄さん(36歳)が背後から自転車に乗った男から追い抜きざまに銃弾を2発受け、そのうち1発は心臓を貫通し死亡した。撃った男はそのまま自転車で逃走した。

遺体は北海道大学法医学教室で解剖され、脊髄骨を貫かれ出血多量により死亡したことがわかった。体内からは拳銃の弾1個が摘出され、この弾と傍に落ちていた薬きょうだけが唯一の証拠品となった。弾丸はブローニング32口径から発射されたものと断定された。

捜査当局は、当時軍事路線をとっていた日本共産党の犯行とにらみ、23日の新聞では札幌市警・小松本部長の「一応日共関係とみている」という談話が掲載された。当の日共札幌委員会は同日、次のような声明を出した。

 声 明
 日本共産党は政治団体であってテロ団体ではない。それどころから個人的テロを厳に排撃するのはわが党の綱領によってあきらかである。しかるに、白鳥札幌市警警備課長射殺事件がおこるや、何ら具体的な根拠もなく、民青事務署その他を捜査し、あたかも党関係者が加害者であるかのような宣伝や報道をおこない、また党関係者に対する尾行や張りこみは、きわめて不当である。わが党は絶対に事件とは関係ないのであり、われわれはこのことを職場をつうじ、またひろく市民にこのことを強くうったえるものである。
 1952年1月23日 
 日本共産党札幌委員会

2月7日、まず札幌自労の党員・尾谷豊が逮捕され、また4月にかけて10数人の党員らが検挙された。尾谷は白鳥警部射殺が疑われたが、事件当夜のアリバイが明らかになった。逮捕された党員たちはハンストで抵抗し、3ヶ月後には全員が釈放された。

事件から7ヶ月後の8月28日、日本共産党札幌委員会副委員長・佐藤直道(当時32歳)が逮捕された。さらに10月1日、同委員長・村上国治(当時29歳)を札幌市内の路上で別件逮捕

11月17日、佐藤直道は獄中脱党、党委員会の情報を捜査本部に提供した。佐藤によると、党委員会委員長が軍事委員長を務め、殺害は軍事委員会直属の中核自衛隊である北海道大学生7人が殺害に関与、撃ったのはヒロ(同胞のポンプ職人・佐藤博)で、村上委員長がそれを指示したという。犯行に関しては「自分は無関係」と言い張った。

1953年4月8日、爆発物関係など多くの罪名で起訴された村上の札幌地裁での公判が始まる。

4月9日、都内で常任委員・追平雍嘉を逮捕。

6月9日、名寄の農家にいた隊員の北大生・高安知彦が逮捕された。高安はしばらく黙秘を続けていたが、1ヶ月後に脱党届を書き、「実行犯は白鳥を射殺する目的で射撃訓練をした」と供述した。

特捜本部はこの供述から札幌市郊外の幌見峠を捜索し、8月19日に白鳥警部を射殺した弾丸と同じ物1個を発見、さらに捜索が再開された54年4月30日には約4mほど離れたところでもう1個の弾丸を発見した。この弾丸を証拠に、55年8月16日に高安と村手を殺人幇助罪で起訴した。

検察側による起訴事実は、「村上は日共札幌委員会軍事委員会委員・宍戸均、北大生・鶴田倫也、党員・佐藤博と白鳥警部殺害を謀議。鶴田、佐藤博、大林昇、門脇成、村手、高安の6人が警部の動静を調べ、佐藤博が殺害した」というものである。

8月20日、佐藤博ら6人を殺人容疑で全国に指名手配し、9月に心因性反応のため長野の自宅で静養中だった隊員の北大生・村手宏光を逮捕した。村手は病状が悪化し、56年3月に保釈され、その後札幌医科大学附属病院精神科に入院した。

重要人物とされる佐藤博、宍戸均は行方をくらませていた。

1954年10月18日、佐藤直道、不起訴となり釈放される。

55年4月、指名手配されていた北大生・植野光彦が逮捕された。彼は黙秘を続けていたが、北大出身である毎日新聞記者が、植野と見られる男が別人であることに気づいた。検察側も慌てだして、旭川から両親を呼んだり、北大の教授に確認してもらったところ、やはり別人であることがわかった。

不穏

事件の起こった1952年は日本共産党の動きが注目、警戒された年だった。

長引く朝鮮戦争に対し、反対の抗議活動が続き、「血のメーデー事件」、「破壊活動防止法法案」公布施行もこの年の出来事。日共に関する事件としては「菅生事件」、「山村工作隊検挙事件」、「辰野事件」、「青梅事件」も起こっている。そして前年暮れには警視庁練馬署旭町駐在所の印藤巡査が殺害されるという「練馬事件」もあった。こうしたことがあって、10月の総選挙では全議席を失っている。

そもそも1951年10月、日共は「5全協」(第5回全国協議会)で、中国共産党の路線を下敷きにした新綱領を採った。それに基づいて、「山村工作隊」を組織、また武装部隊として「中核自衛隊」を創設。目指す武装闘争は、火炎瓶による交番襲撃だった。

北海道では、51年に炭坑から掘り出された石炭を輸送する列車を赤信号で停め、石炭を市民に奪わせる計画が暴露された(「赤ランプ事件」 3度とも失敗に終わる)。これに関わったとされるのが、白鳥警部射殺事件後に逮捕された面々だった。

被害者である白鳥警部は1937年に北海道で巡査となり、終戦まで主として外事係をつとめていた。終戦後、警備係に任命され、左翼運動を取り締まるかたわら飲食・遊興関係の営業許可も受け持っていた。

1950年8月、日通労働会館でひらかれた「札幌平和擁護大会準備会」を解散させ、前年10月、「石炭よこせ」闘争のビラをまいた共産党員を公安警備責任者であった白鳥警部の指揮により逮捕。事件の前年12月27日には、札幌自由労働組合員が札幌市長に対して「モチ代」を要求し、集団交渉のため市役所前に座りこむという出来事があり、建造物侵入で20数人を検挙した。日共からすれば、白鳥警部は「敵」以外の何者でもなかった。

年が明けて、白鳥宅に赤インキで書かれたハガキが届けられた。

昨年はきさまのおかげでおれたちの仲間が監獄につながれた。
この恨はきっとはらす。―――おれたちは極めて組織的にきさまをバラしてやる。

白鳥警部が撃たれた日は、日共捜査の打ち合せの日の帰りだった。午後に警察署を出た白鳥警部は南四条西4丁目のバー「シロー」に顔を出し、2軒の売春宿をまわった。

さらに事件から2日後、北大構内などで白鳥事件に関する「天誅ビラ」がばら撒かれた。

見よ 天誅遂に降る!
 自由の凶敵!
  白鳥市警備長の醜い末路こそ
   全ファシスト官憲共の落ゆく運命である
 ——————————————
 ——————————————
 ——————————————
 ——————————————
 ——————————————
一九五二年一月二十二日     
   日本共産党札幌委員会

事件から5ヶ月が経った6月ごろ、元札幌信金従業員で、元日共党員の男が、「犯人は札幌信用金庫理事長である」という怪情報を流した。それによると、ヒロポン中毒であった理事長は不正貸出しや横領を白鳥警部に察知された(思いこんだ?)ため、殺人の前科のある殺し屋・Hを雇い、白鳥警部と反目し合っていた警部補からブローニング銃を借り受け殺害させた。しかも、共産党員の夫妻がそれを目撃していたというのである。

事件当日午後4時から8時頃の間、Hは白鳥警部と会っていた。Hは佐藤とともに逮捕されたが、なぜか釈放された。理事長は疑惑のなかで12月23日に自殺している。

弾丸をめぐって

村上らが犯行に関わったというのは、追分、高安らの供述と、弾丸という物証だけだった。

公判で弁護側は「高安らの供述はウソ」、唯一の物証については「2個の銃弾が幌見山から発見されたのはデッチあげだ」と反論。その根拠として、幌見山の弾丸は長期間土中に埋没していたにも関わらず、腐蝕割れがなく、3個の弾丸はすべて線条痕が異なること、1つ目の弾丸発見の後10日間捜索は続けられたが見つからなかったのに、翌年4月に再開された捜索でたった4mしか離れていない所で2つ目の弾丸が発見されたことへの不信感などが挙げられた。他にも、高安は「色は真鍮色で(白鳥警部の傍で発見されたものと)同じでした」と言っていたのに、いざ見つかるとニッケルメッキの弾丸であったことだった。その時、高安は「うん、こんなやつだった」と前言をひるがえす証言をしている。

1957年5月7日、札幌地裁・佐藤竹三郎裁判長は村上に無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。また村手には懲役3年執行猶予5年が言い渡されている。2人は即日控訴した。

その翌日には分離公判の高安には懲役3年執行猶予3年が言い渡された。

1960年5月31日、札幌高裁・豊川博雅裁判長は、一審を破棄して懲役20年を言い渡し、村手の控訴は棄却した。

1963年10月17日、最高裁・入江俊郎裁判長は上告を棄却し、刑が確定した。同じ日、日比谷野外音楽堂で不正判決抗議集会が行なわれ、1万人が参加した。

判決とその後

村上は網走刑務所に収容されていた 再審請求申立書を札幌高裁に提出したが、1969年6月13日に却下。
 
1969年11月14日、村上は仮釈放された。まだ刑期を残しており、しかも再審申し立て中のこの仮釈放は異例だった。村上は「請求棄却決定」に対して異議申立てをしたが、札幌高裁は1971年7月に棄却。

村上は最高裁に特別抗告を申し立てたが、最高裁で75年5月20日に棄却された。

村上の訴えは通らなかったが、最高裁は「刑事訴訟法435条6号」を確定判決の事実認定で合理的な開始があれば開始してもいいというレベルに判例が緩和するという判断を下した。「開かずの門」とされてきた再審を見直す「最高裁白鳥決定」である。これは以後に弘前大教授夫人殺し、免田事件、財田川事件、松山事件などの再審への道を切り開くものとなった。

1978年6月3日、指名手配されていた容疑者の1人が中国民航機で帰国、道警に逮捕された。

1994年11月3日、村上は埼玉県大宮市内の自宅で、火災のため死亡している。71歳だった。失火原因はわかっていない。

1997年6月、指名手配されていた元北大生・鶴田倫也(当時65歳)が北京市内で生活していることが確認された。彼の他にも中国に渡った人間はいたが、実行犯と見られる佐藤博ら2人は客死している。鶴田は新聞記者のインタビューに対し、「今は話す時期ではない」と答えている。

「脱党した佐藤直道と高安の証言」「村上の無実の訴え」「札幌信金理事長の自殺と殺し屋Hの存在」「警察側の証拠捏造の有無」「中国に渡った元北大生」など、白鳥事件は様々な要素が複雑に絡んだ事件だった。