静岡・LINEブロック女子大生殺害事件

「LINEをブロックされたから殺した」20歳の男が同じ大学に通う女子大生を殺害

2020年6月27日、静岡県沼津市の路上で女子大学生が刃物で刺され殺害された事件で、逮捕された同じ大学の20歳の男が、「LINEをブロックされたから殺した」などと供述した。

検察は刑事責任能力を調べるため「鑑定留置」を請求し、精神鑑定が行われることとなった。

事件の経緯と動機

2020年6月27日午後1時20分ごろ、土曜の白昼、海岸とミカン畑が広がる静かな集落で突然、「助けてください、助けてください」という女性の叫び声が何度も響き渡った。

沼津市西浦久連の路上で「男が女性を刺したようだ」と近隣住民から110番があった。現場はJR沼津駅から南に約10kmの住宅地。

近所に住む70代男性によると「『助けてください』と大きな声が聞こえたので家の中から外を見たら、路上で女性が倒れていた。その横には若い男がしゃがみ込んでいた」とのこと。

沼津署員が駆け付けたところ、近くに住む大学生の山田未来さん(19)が倒れているのを発見。病院に救急搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。駿東伊豆消防本部によると、救急隊の到着時はすでに女性の意識はなかったという。同署は殺人未遂の疑いで現場にいた男・堀藍容疑者(20)を現行犯逮捕した。

2人は三島市の日本大学国際関係学部の同じ学年で、知り合いだった。現場近くに住む70代の男性によりますと、事件が起きる15分ほど前、紺色のような服を着た男が、山田さんの家の近くの塀に寄りかかり、スマートフォンの画面を見ながらうつむいて立っていたということで、堀容疑者は、山田さんが帰宅する前から付近で待ち伏せをしていたとみられる。

男性は「まるで、こちらに気付かれたくないかのように、ごまかすようなしぐさだった。その後、山田さんの家とは反対の海のほうへ歩いて行く姿も見た。思い返すと、不審な動きをしていたと思う」と話した。

女性はコンビニ店でアルバイトをしており、この日も事件に巻き込まれるわずか20分ほど前の午後1時ごろまで働いていた。店のオーナーは「明るくて一生懸命働いてくれていた。最近は車の免許を取るために頑張っていたのに」と言葉を詰まらせた。近所の主婦(55)も「こんな平和な場所で事件が起きるなんて。一家はみんないい人。恨まれるようなことは何一つない」と肩を震わせた。

2020年6月27日、沼津市の路上で近くに住む山田未来さん(19)が刃物で刺されて死亡した事件で、同じ大学に通う三島市の大学生、堀藍容疑者(20)が、殺人未遂の疑いで逮捕され、殺人の容疑に切り替えられて送検された。

警察の調べに対し、「山田さんにLINEをブロックされたから殺した。刃物を購入して山田さんの車や自宅を特定して待ち伏せした」などと供述。

堀容疑者は、1年ほど前からLINEで山田さんを何度も食事に誘っていたが、断られていた。

女性の父は同日、静岡県警を通じて「いまだ心の整理がつかない状態であり、非常に戸惑い混乱しているところです」とのコメントを発表した。

その後

静岡地方検察庁沼津支部は、動機が極端で一方的に執着する様子がうかがえることなどから、専門家による精神鑑定を行って刑事責任能力を調べるため、裁判所に「鑑定留置」を請求した。

期間は、7月9日からおよそ3か月間の見通しで、検察は、精神鑑定の結果などを踏まえて起訴するかどうか、判断するものとみられる。