今更聞けない?ATとARTの違いを解説!

2020年07月

【AT機とART機】

スロットにはAT機ART機とよばれるタイプがあります。

けどこの2つは同じようで内部では全く別物なので、ユーザーから見てみたら何のことかイマイチわかりづらいですよね。

今回はその2つの違いを解説していこうと思います。

【リプレイの扱いが全く違う】

まずART機とは「アシストリプレイタイム」の略です。

そしてRTとは「リプレイタイム」の略で、リプレイの確率を各RTごとにあらかじめ設定された値でもっています。

なのでRT1RT2RT3というふうにRTを変動させることでリプレイの確率を変えることができます。

ARTに入った時などにリプレイ確率を大幅アップ、押し順ナビを教えることでメダルが増える区間を作ることができます。

これがART機の仕組みになります。

しかしAT機にRTの変動はありません

AT機はARTと違いゼロボーナスを積んでいてシミュレーション試験対策はばっちりなので通常時から常に押し順ベルやリプレイなど、なにかしら成立しています。(ゼロボーナスの解説は別記事で紹介していますので是非そちらもご覧になってください)

あとはそのままナビを出すか出さないかだけの違いだけなので表面的にはユーザーが違いを感じることは少ないと思います。

一般的に見分ける方法としてはARTに突入する際に準備中画面が出れば大抵の機種はART機になります。

これはRT変動の契機として特定の図柄がそろったときにARTを開始するようにしているからです。

(ハーデスなどのジャッジメント準備中はリールアクションの準備なのでRTは変わっていません)

【 ARTの進化系がAT】

ARTから発展した形がATとなります。

メーカーは常に今より射幸性の高いスロットマシンを作って大もうけをしたい。

ホールとしても一撃性のあるスロットマシンの方がお客さんが打ってくれる。

ユーザーとしても設定1でもGODを引きさえすればどうにでもなる。

という業界全体が射幸性を求めるがゆえに生まれた進化です。

ゆえにスロットマシンとしてはリプレイを極限にまで殺し、ベースも最大に低い機種を目指し続けます。

ARTはリプレイが多すぎるため射幸性はある程度でストップしてしまう。その打開策としてゼロボーナスを搭載し、リプレイとベースを殺すAT機が生まれる流れとなりました。

今後も6号機はAT機が引き続き主流となります。

ART機を今の状況で出してもスペックが低すぎるためです。

しかし1月にオーイズミから登場した「S1000ちゃん」はA+ATといっていますが以上の説明から踏まえてA+ART+ATのような一風変わったスペックなんですよね(笑)

今後6号機は1000ちゃんのように出玉性能を上げるために変な機種がいっぱい出てくると思います。

しかしそれらはすべてより良いスペックを目指す開発者たちの努力の結晶なので今後も温かい目で見てあげましょう。

それでは今回はこの辺で!