シュタイナー教育小4自殺

「シュタイナー教育」を受けていた男児、不可解な死を遂げるも自殺か

2015年10月26日の夜、東京都日野市三沢にある通称「高幡山」と呼ばれる小山の斜面で小学4年生の男児(10才)が全裸で両手足が縛られた首を吊った状態の遺体で発見された。

経緯や動機

男児は両親と妹の4人家族で、昨年1月に同所に引っ越してきた。近所付き合いは希薄であった。

男児は地元の公立学校に籍を置きながら、都内にあるNPO法人が運営するフリースクールに通っていた。

同校はシュタイナー教育を実践しており、生徒の自主性を尊重し、最終的に宇宙と繋がることを目的とした教育法を取り入れていた。

同校ホームページより、同校の出席が在籍校の出席として認められる場合もあるが、たいてい長期欠席や不登校の扱いになるという。

また義務教育期間は、すべての子どもに在籍校から卒業証書が発行されていると書かれている。

両親も男児とともに同校に通い、25日は学校祭に参加。

26日午前11時頃、母親に「遊びに行って来る」と告げたきり、夕方になっても戻らないことを心配した母親が警察に通報。

捜索した結果、同日の夜、通称「高幡山」と呼ばれる小山の斜面で男児の遺体を発見。

死亡時刻は同日正午と判断された。

遺体は全裸で、両手足はビニールひもで縛られ、首を吊った状態であった。

しかし死因は窒息であり、首吊り自殺を図ったものとみられる。当日は気温が低い状態であった。

両手足を縛ったひもは緩く、自由に動ける状態であった。現場は約30度の斜面になっていた。

衣服は近くに畳んで置かれていたものの、遺書などは現時点で発見されていない。

遺体に争ったり服を脱がされたりした形跡はなく、第三者の介在が確認できないため、警察は早々に「自殺の可能性が濃厚」と判断した。

小4の男児にこのようなことが可能か疑問が広がり、怪死騒動となった。

記者からの取材に対し男児の母親は、特に変わった様子はなかったと話している。

一方同校近くの住民によると、親同士の仲は良好だが、生徒同士が笑顔で話しているところはあまり見ないという。

同校ではケータイは禁止、テレビやインターネットも推奨していない。生徒の中には自らそうした環境を望み、自らの意志で同校を選ぶ者もいれば、親が入学を決める場合もある。

その後

男児は自殺と判定された。

この件を機に、「シュタイナー教育」への賛否が論じられた。