水産高校実習船インド洋殺人事件

実習中の船内で生徒が行方不明、突き落とした同級生ら逮捕

1985年8月29日、秋田県男鹿市の県立船川水産高校の3年生28人が洋上実習で実習船の船川丸に乗り航海中、同年9月21日、インド洋の沖で実習生の安田邦夫さん(17歳)が行方不明となった。

同級生のBがAと共謀し安田さんを殺害したことを教官へ自白し、船川丸は予定を切り上げ帰港。

同年10月14日午後、AとBが秋田海保により緊急逮捕された。

犯行の経緯や動機

安田さんは成績がよく、学級委員長やテニス部の主将を務める優等生であった。Aは成績が下位で粗暴なところがあり、Bは気が弱くAに従っていた。また、Aは安田さんに対して劣等感を抱いており、日ごろからちょっかいを掛けては安田さんが睨みつけることがあった。

1985年8月29日、秋田県男鹿市の県立船川水産高校3年生28人は船の操縦や漁の基礎を学ぶ洋上訓練のため、実習船の船川丸で航海に出た。海上実習は約3ヶ月間の予定であった。

航海に出てから約1ヶ月後の9月21日午前3時前後、インド洋の沖で揚げ縄作業中にAは安田さんに声をかけたが無視をされ犯行を決意。生徒数人に対し、安田の殺害を持ちかけた。

AはBに対し、安田を呼ばなければBを海に落とすと脅して安田さんを後部甲板に誘い出した。午前5時50分、2人がかりで安田さんを海に突き落とした。

安田さんが行方不明になったことで、付近にいた漁船も手伝い、8日間に渡る捜索を行ったが、行方は分からず死亡と断定した。

捜索中、実習生の間では殺人事件という噂が広まっており、AとBは友人や教官らから疑いを持たれていた。教官らは実習生が動揺しないよう、また2人が自殺しないよう深く追及せず密かに見張っていた。

秋田への帰港直前、Bは教官へ、安田さんをAと共に海へ突き落としたことを告白。

10月14日午後、船川丸は予定を切り上げて帰港。秋田海保によってAとBは緊急逮捕された。

判決とその後

Aは動機として、航海が長くガールフレンドにも会えずイライラしていて、何か事故を起こせば早く帰れると思ったと供述した。これにより世論では今の高校生は短絡的だと話題になった。

11月5日、AとBは秋田地検で刑事処分相当と意見書が付けられ、秋田家裁に身柄が送致された。その後、求刑懲役5~10年に対し、AとBは懲役4年以上7年以下の不定期刑の実刑判決を言い渡された。当時の少年事件としては異例の厳罰であった。