庄山仁くん失踪事件

息子からの不可解な手紙。

1969年2月、長崎県佐世保市に住む庄山仁さん(当時14歳)が自宅から出掛けてから、数時間後に「息子さんに現金を奪われた」と話す見知らぬ男性が庄山さん宅に訪ねてきた。

翌日、差出人が仁さんの名前の手紙が家に届き、その内容は「現金を人から奪った」「すぐに帰るから探さないでください」だった。しかし、その後仁さんは行方不明となってしまう。

警察が捜査を進めると、その手紙には仁さんが無理やり書かされた形跡があり、本当に仁さんは現金を奪ったのか、など不可解な点が多く、中学生によるただの強盗事件では片付けられない、未解決事件となった。

事件の経緯と詳細

1969年2月23日午後2時過ぎ、庄山仁さんは作業中の工作道具を出しっぱなしのまま、「ちょっと町へ行く」と言って制服と制帽姿で自宅を出掛けた。

同日の午後6時半頃、仁さんの制帽を手にした見知らぬ男性A(当時24歳)が庄山さん宅を訪れ、母親に「制帽の持ち主に現金を奪われた」と話した。

男性Aいわく、午後3時頃、仁さんを含む2人の中学生が側溝に落ちたバイクを引き上げようとしているところを見かけ、彼らを手伝おうと男性Aは着ていたジャンパーを脱ぎ、道端に置いて手を貸したという。すると、1人の中学生はそのジャンパーを奪って逃げ出し、仁さんも続けて走り出したと言う。

ジャンパーのポケットのなかには現金46万円が入っており、男性Aは急いで彼らのあとを追いかけたが捕まえることができず、やっとのことでつかみ取ることができたのが仁さんの制帽だった。それには仁さんの名前が書いてあり、それを頼りに庄山さん宅にたどりついたそうだ。

その翌日の昼頃、仁さんの名前が書かれた直筆の手紙が父親宛に届いた。その手紙の内容は、仁さんが強盗事件を起こしてしまったことへの謝罪と「すぐに帰るから探さないでほしい」というものだった。

手紙の内容

前略
心配かけてすみません。
悪い友達に誘われて、人のお金をとりました。
中には四十万以上も入っていましたが、僕はすこししかもらっていません。
学校の方は、僕の気持ちがおさまるまで、病欠にしていてください。
すぐに帰っておわびいたします。
どうか探さないでください。

家族は警察に事件だと通報し、警察は事件の翌日から大規模な山狩りをはじめた。その次の日からは仁さんの公開捜査へ踏み切ったが、行方不明のままとなってしまった。

一方で警察は手紙の筆跡鑑定を行ったところ、仁さんが無理やり書かされた形跡があることが分かった。そこで警察は仁さんによる強盗事件だけではなく、男性Aによる誘拐・殺人も視野に入れ、うそ発見器を使って男性Aの取り調べを行った。しかし、彼がクロだという決め手が見つからず、警察から解放された。

捜査で浮かび上がる不可解な点

この事件には不可解な点が多数存在する。

まず、「手紙は仁さんの意志で書かれたものなのか」について。

当時の捜査で筆跡鑑定を行った結果、仁さんが書いたものだと断定されたが、本当に彼の意志で書かれたものだったのだろうか。中学生が「前略」からはじまる手紙を書くことは不自然であり、最後の「仁」という文字が書き間違えられていた形跡があったという情報も残っている。

本人が自分の名前を書き間違えることなどあるのだろうか。仁さんは誰かに脅され、怯えながら手紙を書かされたのではないかと考える方が自然である。

次に、「仁さんは本当に強盗事件を起こしたのか」について。

当時の仁さんは中学2年生。学校の成績は普通で、真面目でおとなしい性格であった。しかし、同級生からの信頼は厚く、学生の節度や慎みのある行動をとるように呼びかける役割をもつ風紀委員を務めるほど正義感のある少年だったと思われる。

そんな正義感をもった仁くんが、人の好意を踏みにじりながら強盗事件など起こすだろうか。また、どうやって男性Aのジャンパーに46万円もの現金が入っていたことを知ることができたのだろうか。

強盗事件が起きたのは町なかの昼間だったのにも関わらず、目撃情報は全くなかったそうだ。さらに驚くことに、現場検証で男性Aが話していた「バイクが側溝に落ちていた」という形跡は見つからなかったのである。
これらのことから、「強盗事件は起きていないのでは」と疑う捜査員が多くいた。

続いて、「男性Aの現金46万円はどこからきて、どうして持ち歩いていたのか」について。

当時の46万円とは現在の価値にして100万円前後になるが、男性Aは少年刑務所に2年間服役し、仮出所してわずか4ヶ月の頃だった。彼はクリーニング店で働いており、どうやってその46万円を手に入れたのか警察が取り調べたところ、男性Aは「自宅の床下に埋めていた」と証言した。しかし、彼の家族には全く覚えがない現金だったという。

また、事件当日46万円もの現金を持ち歩いていた理由について尋ねると、男性Aは「銀行に行く予定だった」と証言しているが、当日は銀行が営業していない日曜日だった。

男性Aの当時の状況を踏まえると、この46万円の現金はやましいものだったのではないだろうか。
最後に、「仁さんはなぜ消えてしまったのか」について。

ここまでの不可解な点を踏まえると、仁さんが行方不明になる理由が見つからない。しかし、ここで視点を変えてみると、これは男性Aによる誘拐事件ではないのか、という可能性が出てくる。

実態として、こうだったのではないだろうか。

実は、男性Aが庄山さん宅に訪問する前に、彼は近くの商店で庄山さん宅の場所を尋ねていたが、その30分前に、男性Aを含まない別の男性3人組も庄山さん宅の場所を訪ねていたという証言がある。

男性Aとこの3人組の関係は不明だが、実は少年刑務所で知り合った仲間であり、大金を得るためにある詐欺計画を企てていたのではないかと推測ができる。

まず、仁さんを誘拐。彼が強盗事件を起こしたという内容の手紙を書かせ、自分たちはその被害者として見せかける。そして、庄山さん宅に訪問し、家族から存在しない46万円をだまし取る計画で、息子がそんな大金を盗んだとすれば、家族が警察に通報することはないと考えていたのではないだろうか。

しかし、想定に反して、庄山さん家族はお金を払うことなく、警察に通報したのだ。ここで詐欺事件は失敗に終わり、用済みとなってしまった仁さんは殺害されてしまったのかもしれない。

その後

事件があった1年後、まだ仁さんは行方不明であったのにもかかわらず、庄山さん一家は当時の長崎県佐世保市の住まいから佐賀県に引っ越している。原因として、男性Aが事件後も庄山さん一家に接触を図り、お金をゆすってくるため、それから逃げるためだそうだ。すでに家族は、仁さんがこの世からいなくなってしまったと悟っていたのかもしれない。

一方で、男性Aはその後奈良県で2児の子をもつ父親になり、ダンプカーの運転手になっていたという。
実は事件のあと、ある記者が男性Aと接触し、次のように話を聞いている。

まず、お金の出所について。「金の出所か。特に言えん金というわけじゃない。言うと不利になるということはちょっとあるがな、いつかは言わんならん思うけどな。わしは情にもろいからな。そういわれると言いたくなるんや。けど、警察のメンツが立たんものな。」と答えたそうだ。

次に男性Aが現金を持っていることをどうやって仁さん達は気づいたのかについては、「そやな、外から見えんしな。そう言われれば不思議やな。」と話したそうだ。ここで、記者が仁さんの身長について男性Aに聞くと、男性は少し詰まって「わしと同じか、ちょっと大きいくらい」と答えたそうだ。

中学2年生で14歳の仁さんと、24歳の男性A。果たして本当に同じくらいの身長なのだろうか。
もし警察が男性Aの取り調べをさらに厳重に行っていれば、家族はまた仁くんに会うことができたのかもしれない。