栃木リンチ殺人事件

借金を負わせるまで恐喝、発覚をおそれ絞殺し、追悼花火大会を行う。警察の杜撰な対応に非難の声。

栃木リンチ殺人事件とは、1999年12月2日に栃木県で起こった4人の少年らによって起こされた拉致・監禁・暴行・恐喝・殺人・死体遺棄事件である。

被害者の両親は、何度も警察に相談に行っていたのにもかかわらず対応してもらえず、結局、犯人からの電話に警察が「警察だ」と名乗ったことをきっかけに、犯人らは被害者の殺害に至った。

また、殺害・死体遺棄後に「追悼花火大会」と称した花火あそびをしていた点など、非常に残虐極まりない事件である。

犯行の経緯や動機

犯人A(事件当時19歳)は栃木県警察警部補を父にもっていたためか、幼いころから粗暴な行為が目立った。通信制高等学校を退学した後は暴走族に入り、たびたび恐喝や傷害などの事件を起こしていた。

Aは日頃から、会社員のB(当時19歳)と無職のC(当時19歳)から金銭を巻き上げていた。そのうちBは会社の同期社員で性格がおとなしいSを身代わりとしてたてることを思いついた。

1999年9月29日、BはSを電話で呼び出し、AらはSを拉致した上に、Sにサラ金から次々と借金をさせて、その金を自分たちの遊興費に使用した。

次第にSはサラ金への返済が滞るようになり、しまいにはサラ金からの借金を拒絶されるようになった。すると、今度はSにSの知人や友人から借金させ、およそ2ヶ月にわたってSを連れまわした上にいたぶった。

その間行われた行為は、「熱湯コマーシャル」(ホテルなどに監禁し、最高温度のシャワーをいきおいよくぶっかける)、「火炎放射器」(ライターの火をつけて、その火に殺虫スプレーを噴射し、浴びせかける)などとても悲惨なリンチ行為であった。

それによりSの肌は焼けただれ、顔ははれあがってしまった。のちに死体を検死した段階ではSの皮膚の8割が火傷を負っていた。このように「たとえ絞殺されなくともいずれ死亡したと思われる」ほどに酷い外傷であったにも関わらず、病院には一度だけ連れて行ったきりであった(しかもAらが病院の診察室にまでついて入り、Sに心理的圧迫を加えた上に腕の火傷しか診断させなかった)。

この後も何の治療も施さず、前述の熱湯コマーシャルが日常化しており、火傷した皮膚に90℃以上のポットの熱湯をかけ、抵抗した場合は殴り続けるなどのリンチを加え続けていた。

Sの両親はSの失踪に不審を抱いており、栃木県警石橋警察署(現・下野警察署)に捜査を依頼した。

しかし、応対した担当官は

「お宅の息子さんが悪いんじゃないの」
「仲間に金を分け与えて、面白おかしく遊んでいるんだろう」
「麻薬でもやっているんじゃないの」
「警察は事件にならないと動かないんだよ」

などとSの両親を突き放すだけで、まったく取り合おうとはしなかった。

Sの両親は石橋警察署だけではらちが明かないと考え、加害者の逮捕までに宇都宮東警察署、宇都宮中央警察署、黒羽警察署(2006年、大田原警察署へ統合)栃木県警本部にも捜査を懇願し続けた。しかし、その一切が拒否されてしまった。

そのため、Sの両親は独力で捜査し、Sが監禁・暴行されている事実をつかみ、犯人グループにBとCがいるということを突き止めた。

しかし、残念ながらそれでも石橋警察署は全く動こうとはしなかった。Sの勤務先である日産自動車もBの証言を鵜呑みにして、「Sが嘘を言っていると思われる」との見解を示した。

Bは社内の評判も良好な人物であり、欠勤すらない"真面目な社員"であったという。

やがて、SからSの両親のもとに、たびたび金を無心する電話がかかるようになってきた。そこで、両親はSの身の安全を確保すべく金を振り込み続けた。

防犯ビデオは、その金を銀行に下ろしに来たSの姿を映していた。そのビデオに映っていたSの容姿は、髪を丸坊主にされた上に眉をそり落とされ、更に火傷や殴られた跡があり失踪前とかなり違っており、全く別人のようであったという。

銀行関係者の話によると、「Sの後ろに複数の男たちがついており、いつでもビデオを証拠として警察に提出する用意があるので警察に相談してください」とSの両親には強く勧めていた。

Sの両親は再び石橋警察署を訪れ、銀行から防犯カメラのビデオテープを証拠品として取り寄せるよう依頼した。

しかし、石橋警察署の署員は「裁判所の許可もないのにそんなことできない」と再び突き放した。その際、SからSの両親の携帯電話に電話がかかってきた。

Sの父親は事態が逼迫していることを警察官に理解してもらうために「お父さんの友人がいるから」と友人に見立て、警察官に携帯電話を渡した。しかし、ずさんなことにその警察官が「石橋署の警察官だ」と名乗ってしまい、電話は切られてしまった。

警察官は「あ、切れちゃった」と言って、携帯電話を父親に返したという。Aらはこの電話によって警察の捜査が自分たちにひしひしと迫っていると考えたようだ。

そして、AらはSの殺害を決意したのではないかという見方がなされ、のちに行われた裁判では、この警察官の不用意な発言がSの殺害計画のきっかけとなったことが認定されている。

Sの殺害の理由としては他に、これまでSに対してあまりにも壮絶なリンチを加え続けたがゆえに、Sの身体には既に不可逆的な傷が残されており、このままSを生かしていたら事件発覚はもはや免れないと判断したからだという。

1999年12月2日、Sは紐で首を絞め殺害され、市貝町の山林において死体を埋め、穴にコンクリートを流し込んだ。これらの材料や機材はSの最後の給料を使って調達された。

さらに、Aたちは「Sさんの追悼花火大会」と称して、花火をして遊んだという。

死体を隠した後、Aらは「十五年逃げ切ればいい(当時の殺人罪の公訴時効が15年であるため)」と考えていた。

しかし、良心の呵責に耐えられなかった一人が12月4日、警視庁三田警察署に自首し、殺人事件が発覚した。警視庁は早速、三田警察署内に捜査本部を設置した上、Dの証言にもとづいてSの遺体を捜査し発見した。

そして翌日警視庁は犯人の3人(全員19歳の未成年)の少年を逮捕した。

判決とその後

AとBに無期懲役、Cに懲役5~10年の不定期判決が下された。

また事件後、両親からの捜査依頼を放置した栃木県警の対応が厳しく非難された。

Aの父親は息子の判決が確定した後、賠償金の減額を要求すべくSの自宅を何度も訪問している。このとき、Sの両親に「賠償の減額を認めてもらうまで何度でも来る」という主張を繰り返すばかりで、謝罪は一切しなかったという。