元厚生事務次官宅連続襲撃事件

愛犬を殺処分された恨み、元事務次官殺害で厚労省に戦慄

2008年11月17日と11月18日に元厚生省事務次官の自宅が襲撃された。死者2人、重傷者1人となった。

11月22日午後9時、犯人の小泉毅(46歳)はレンタカーで警視庁に出頭。犯行に使用したと思われる血のついた2本の刃物を所持していたため銃刀法違反で逮捕された。

犯行の経緯や動機

犯人の小泉は元事務次官らの住所を国会図書館等の図書館で名簿を閲覧して入手した。

2008年11月17日、小泉は埼玉県さいたま市南区別所の山口剛彦さん宅で宅配業者を装い、玄関先で応じた山口さんと妻の美知子さんを刺殺する。

翌月18日午前10時頃、自宅玄関で山口夫妻の遺体と、山口さん宅前の路上に約50mに渡る血痕の付いた足跡が発見された。

山口夫妻殺害から翌11月18日の夕方、小泉は東京都中野区上鷺宮にある吉原健二さん宅を訪問。吉原さんの妻靖子さんを刺して重傷を負わせた。吉原さんの妻は玄関の外で倒れていたところを通行人に発見されて保護された。

吉原さん本人は外出中だったため襲撃を受けなかった。血痕の付いた足跡が吉原宅前の路上ではなく、家の中にも存在していた。

小泉は元厚生事務次官を4人、元社会保険庁長官を1人の計5人の自宅を襲撃する予定であったが、吉原さん宅襲撃事件以降は警備が厳しくなったため断念。

小泉は出頭直前に新聞社やテレビ局などのマスコミへ「元厚生次官宅襲撃事件について。今回の決起は年金テロではなく、34年前に保健所に飼い犬を殺された仇討ちである。最初から逃げる気は無いので今から自首する」旨のEメールを送っていた。

最初の事件から5日後の11月22日、小泉はレンタカーで警視庁に出頭し、犯行を自供した。

翌日午前2時、警察は小泉のレンタカーに血のついた2本を含めた刃物や犯行時に使ったとされる物証を所持していたため銃刀法違反で男を逮捕した。

当時年金が社会問題となっていたため警察は年金テロの複数犯を疑い背後関係を洗ったが単独犯と推定。

12月4日、小泉が警察に凶器として提出した刃物に付着していた血痕が被害者のDNAと一致したことから、小泉は殺人と殺人未遂で再逮捕された。

2009年3月26日、小泉は殺人罪と殺人未遂罪と銃刀法違反罪で起訴された。さらに元社会保険庁長官で元最高裁判所判事の横尾和子さんとその家族の殺害を計画したとして、男を殺人予備罪で追起訴した。

判決とその後

2009年11月26日、初公判が開かれ検察は被告人のパソコンの履歴を犯行準備の証拠として提示。

小泉は犯行について愛犬の殺処分をした厚生省幹部への私怨であり、殺害は正当であると無罪を主張した。

2010年3月30日、さいたま地裁は小泉に更生は期待できないとして死刑を言い渡した。小泉は即日控訴するが棄却され、上告するが棄却。

死刑判決が確定した。