山本美保さん失踪事件

「美保はまだ生きている」警察による捏造疑惑と隠蔽の先にある政府の闇

1984年6月、山梨県甲府市に住む山本美保さん(当時20歳)が「図書館に行く」と言い残して行方不明になった。

本件では、彼女の行動についてわかっているのがこれだけで、それ以降は何もわからないまま、20年後の2004年3月、突然、警察から山形県の海岸で発見された身元不明の遺体が、DNA鑑定の結果、美保さんであると判明したという電話が家族のもとに。

家族は、自殺なのか他殺なのか、何が原因なのか、家族には思い当たる節が全くなかった。

後日、美保さんのきていた服やアクセサリーを写真で見た母親が一言、「美保じゃない」と断言した奇妙な失踪事件である。

事件の経緯と詳細

1984年6月4日午前10時頃、美保さんは「図書館に行く」と言い残し、バイクで出掛けたまま行方がわからなくなった。

6月6日、美保さんのバイクが甲府駅前で発見されたが、美保さんの足取りは掴めず。

6月8日、新潟県の海岸で美保さんの『セカンドバッグ』が発見される。この時から、家族には不審な無言電話が度々かかってくるようになる。

6月21日、山形県の海岸で身元不明の遺体が発見されるが、この時はまだ美保さんとの関連性について、警察から語られることはなく、警察の懸命な捜査も虚しく、時間だけが過ぎていった。

そんな中、美保さんが失踪してから約18年後の2002年、当時、北朝鮮が日本人の拉致を認め5人が帰国。その中には政府が認めていない拉致被害者がいた事から、家族は美保さんが北朝鮮に拉致されたのではないかと考え始める。

2003年3月、韓国に亡命した、元工作員で北朝鮮出身のクォン・ヒョクさんから、1994年頃に祖国で美保さんを見たという目撃証言が得られる。「双子の妹である『美砂さん』にそっくりだ」と続け、その美砂さんに対し「あなたの方が華奢だ」と語った。これらの証言については、母親のコメントから事実だと判明している。

クォン・ヒョクさんは他にも、美保さんが北朝鮮にいたことの裏付けを交え語っている。

2003年5月、突然、美砂さんの元に県警の人間が現れ、今後の捜査のためという理由でDNA鑑定の美砂さんの血液を採取しに来た。

2004年3月4日、警察から20年前に山形の海岸で発見された身元不明の遺体と美砂さんのDNAが一致したという連絡が入る。しかし、発見された遺体と美保さんとでは、あらゆる特徴が違っていたため、家族はどう考えても発見された遺体が彼女であるとは思えなかった。

DNA以外の身体的特徴、全く一致せず

山本美保さん発見された遺体
身長159.5cm160cm〜170cm
治療ほぼなし
前歯治療なし
治療痕多数
前歯に特徴的な治療
ブラジャーB70〜B80A70
座高87.4cm95.0cm
ジーパン29〜30インチ28インチ
美保さんと発見された遺体の相違点

また、母親は身体的な特徴だけでなく、身に付けていた下着などの衣服も美保さんの物と違うと証言した。

しかも、遺体が美保さんであると説明した警察の言葉は「あの、私も、その、専門家では無いのでよくわかりませんが、DNA鑑定の結果から、あなたの娘さんー、だと思います…」という様で、あまりにも頼りないものだった。

その翌日、警察はご家族の理解を得ないまま突然、会見を開き、山形の海岸で見つかった遺体が山本美保さであるとマスコミに向けて発表した。その発表で、美保さんは自殺の可能性があるという内容が含まれていた。家族は、警察は結果を急ぐような、美保さんでなければならないような、事件性にはしたくないような風に感じたそうだ。

4月7日、残された着衣を家族が直接閲覧。母親は、どう考えても特徴が合わない事から「やはり美保ではない」と確信し、突然のDNA鑑定の一致の連絡もタイミングがおかしいと感じ、「これには裏がある」という考えに至ったそうだ。

美保さんが生きていることを裏付けるのは、クォン・ヒョク氏の証言以外にもあった。

美保さんの行方が分からなくなって以降、家族には無言電話がかかってきており、3年後の1987年10月18日にかかってきた電話に対して、美砂さんが「美保でしょ?元気?」と問いかけると「元気…」との返答があった。母親からも必死に声をかけたが、それ以降反応はなかった。

北朝鮮との繋がり

当時、千葉県で生産された砂鉄や水飴などを北朝鮮に輸出するための国内ルートとして『大町ルート』と呼ばれる物流ルートがあり、新潟と富山を経由するルートだった。

この産業には、在日北朝鮮人が多く従事しており、美保さんのセカンドバッグが見つかったのは、新潟を通るルートであった事が判明している。

この事から、美保さんは何者かに連れ去られたが、大事にはしたくない警察や政府が隠蔽を測ったのではないかと推測された。

身元不明の遺体が見つかった山形の海岸は、北朝鮮からの工作員が上陸する場所であることから、美保さんであろうとなかろうと、美保さんが北朝鮮にという話は極めて合理的である。

身元不明の遺体が美保さんであると発表があったのは、ちょうど国には8人の日本人がいることが公に判明した時期だった。北朝鮮に返還を要請し、日韓国交正常化を進めていくという流れの中にあった。

そんな時に新たに公表するのは避けたいという『裏の事情』が垣間見え、本件では、DNAデータに捏造があったのでは無いかという話もある。

その後

家族は美保さんの『人権救済申し立て』を起こし、山本美保さんの家族を支援する会が立ち上げられた。現在も美保さんの帰りを待ち、懸命に捜索活動を行っている。