横山ゆかりちゃん行方不明事件

「北関東連続幼女誘拐事件」との関連が疑われる、唯一の"行方不明"未解決事件

1996年7月7日午前10時半頃、群馬県太田市のパチンコ店から、横山ゆかりちゃん(当時4歳)が姿を消した。

両親がパチンコに熱中し、目を離したすきの出来事だった。

なお、本件以外に類似の誘拐殺人事件が4件発生しており、これを同一犯の犯行ではないかとして「北関東連続幼女誘拐事件」とする見方もある。

北関東連続幼女誘拐事件の中では唯一、遺体が発見されていない事件であり、仮に殺人事件であった場合、事訴訟法の改正で時効が成立していない事件でもある。

事件の経緯と詳細

1996年7月7日午前10時半頃、横山保雄さん・光子さん夫妻は、長女ゆかりちゃん(当時4歳)と次女(当時7ヶ月)を連れて太田市の国道354線沿いにあるパチンコ店「パチトピア」(現・パーラーフレンド)に「七夕感謝デー」なる葉書を見て、来店した。

店内の景品コーナーの前を通りかかった時、保雄さんはゆかりちゃんの好きな花火を見つけて、「とってやる」と話しており、ゆかりちゃんも喜んで楽しみにしていたという。

そして次女を背負った光子さんと保雄さんはそれぞれ一列ちがいのパチンコ台についた。その間、ゆかりちゃんは暇つぶしに店内をうろうろ散策して遊んでいた。両親のいるパチンコ台の方に来たり、景品コーナーで品物を眺めていたりしていたという。

正午ごろになって、光子さんは店内で弁当を買い、ゆかりちゃんと次女を連れて駐車場の車内で昼食をとった。

しかし、この時、ゆかりちゃんはあまりお腹がすいてなかったのか、少し食べただけで「いらない」と言った。

光子さんは午後からも同じようにパチンコを始めたが、しばらくしてゆかりちゃんが「もう一度食べたい」とパチンコ台の方にやってきた。そこで光子さんはゆかりちゃんを出入り口付近にある長椅子に座らせ、そこで弁当を持たせた。午後1時40分頃、保雄さんは長椅子に座っているゆかりちゃんを見ている。

しばらくすると、ゆかりちゃんは光子さんのところにやってきて、「…のおじちゃんがいるよ」と言った。この時の声は店内に鳴り響く電子音にかき消されよく聞き取れなかったという。

「おじちゃん」という言葉だけ理解できた光子さんはゆかりちゃんに「ちゃんと座っててね。」、「ついてっちゃだめよ」と言った。

午後1時50分頃、光子さんがゆかりちゃんの姿が見えないのに気づく。ゆかりちゃんが座っていたはずの長椅子にはジュースと食べかけのおにぎりが残されていた。

「ゆかりがいない」

光子さんの言葉に保雄さんは表へ飛び出した。駐車場、国道などを捜したがゆかりちゃんの姿は見えず、近くの交番に駆け込んだが、交番のなかに誰もいなかったため、太田署に「子供がさらわれた」と通報した。

午後2時10分のことであった。

カメラに映った男

事件から2日後の9日午前8時、機動隊員70名を動員して広範囲を捜索したが見つからなかった。

また、パチンコ店の客や周辺などに聞きこみ捜査では、ゆかりちゃんが失踪したのと同じ位の時刻に「白い乗用者に4歳くらいの女の子が乗りこんだ」という目撃証言もあった。しかし、手がかりはそこで途切れてしまった。

パチンコ店には大勢の人々がパチンコを楽しんでいたが、熱中するあまり、店内に一人でいる女の子の様子に注目していた人がいなかった。

やがて捜査を続けるなかで、目撃証言よりも重要な手がかりになりそうなものが店内の防犯カメラに映っていた。メディアでもたびたび公開されている「サングラスの男」である。

男は事件当日の午後1時27分ごろ店に入ってきた。身長は158cm前後、白っぽいシャツ、(夏だというのに)肩の部分にラインが入っ黒いたジャンパー、裾をしぼったニッカーポッカ風のズボンをはいており、サンダルと帽子とサングラスを身に着けていた。歩き方が特徴的で、がに股で、左の脇を絞めるような姿勢をとっていた。

男はまず、店の奥の目立たない場所にあるトイレに寄ったと思われる。約3分後、トイレから出てきた男は、店内を徘徊し始めた。台の前で止まる訳でも、両替したり、カードを購入するわけでもなかった。ちょうどこの時、景品コーナーの前でゆかりちゃんとすれ違っている。

1時33分、ゆかりちゃんの座っていた出入り口付近の長椅子に座った。ゆかりちゃんの右隣の男はしばらくタバコを吸い、ゆかりちゃんの真ん前にある灰皿を手を伸ばして使っている。

やがて、男はゆかりちゃんに話しかけるようなそぶりを見せ、右手で3回店内の外を指差した。話しかけられたゆかりちゃんはワンピースの裾を手で持ってひらひらさせている。これは何か困ったような、迷ったような時に子供がする仕草だという。

1時42分、男はゆかりちゃんを残して席を立った。結局、男はパチンコ店に入った15分ほどのあいだ、トイレを使用したり、タバコを吸っただけで、店をあとにしている。

ゆかりちゃんはその後、両親の元に行き、前述した通り「…のおじちゃんがいるよ」と話している。

そして1時45分頃、ゆかりちゃんは出口方面に向かった。しかし、出入り口付近はカメラの死角となっていたため、店を出る2人の姿は映っていなかった。

同年12月6日、警視庁の化学警察研究所やビデオ専門業者に依頼した解析結果をもとに「サングラスの男」のイラストを描いたポスターを作成して公開した。それによると男の特徴として次のようなことが挙げられている。

・鼻がかなり高い
・頬骨が張って、顎がやや突き出ている
・頬がこけている

男は一見、職人風でサラリーマンには見えないのだが、「変装」だという見方もある。男についてはパチンコ店の店員によると、「一見の客」と証言したが、慣れた様子で店内を徘徊しているなど、これも定かではない。

誹謗中傷

この行方不明事件は両親がパチンコしている間に起こったために、「無責任」「親失格」など両親に対して批判的な意見が多かった。

保雄さん・光子さんは事件以来、1度たりともパチンコ屋に行っていないという。確かに親としての非は多少ならずともあったかもしれないが、子の帰りを願う悲しい思いは他の児童失踪の家族と同じである。

2つの女児誘拐殺人事件の陰

横山ゆかりちゃん連れ去り事件には、隣接する栃木県足利市で起きた2つの事件の手口が見え隠れする。

1984年11月17日に起きた「有美ちゃん誘拐殺人事件」と、1990年5月12日に起きた「真実ちゃん誘拐殺人事件(足利事件)」である。

ともにパチンコ店から何者かに連れ去られており、狙われた女児の年齢もほぼ同じである。

この事件で、足利市内の幼稚園バス運転手が逮捕されて、無期懲役の刑が確定していたが、冤罪が叫ばれた事件であった。(足利事件は2010年3月26日に無罪判決が下りており、未解決事件のまま時効成立)

足利事件の犯人が捕まってから起こったこの横山ゆかりちゃんの事件は冤罪疑惑をさらに強めるものとなった。

なお、当事件には被害者の発見または被疑者の検挙につながる情報に600万円の懸賞金(捜査特別報奨金300万円、地元の遊戯団体による謝礼金300万円)が用意されており、この事件は殺人事件だとすれば刑事訴訟法の改正で時効が成立していない事件でもある。

また、1979年(昭和54年)以降、前述の2件と本件を含め、5件の女児殺害・行方不明事件が栃木県と群馬県の県境半径20km以内で発生しており、これら5つの事件をまとめて「北関東連続幼女誘拐殺人事件」と呼称されている。

北関東連続幼女誘拐事件において本件以外の4件は既に時効成立を迎えているため、本事件が唯一の時効未成立の事件となっている。